back index
 
Aston Martin Vanquish
ミニ インスパイアード
バイ グッドウッド
アバルト695トリブートフェラーリ
フェラーリ スーパーアメリカ45
フォード・マスタング Mach1
アウディ A8 6.0 クワトロ
メルセデス・ベンツ450SL
ザガート
スカイライン 2000GTX
ジャガーE-Type
ランチア テーマ8・32
 

写真はスカイライン GT−R

Home >> Hobby dell'uomo
スカイライン 2000GTX

まだ運転免許を持っていなかった頃、友人の車に乗せてもらいドライブをしていた。ちょうど海岸線を走っている時、海に張り出した駐車場にひっそりと佇んでいる、太陽の光にボディがキラキラ反射している1台のクルマに目が留まった。「何て美しいクルマだ…」と、その優美な造形に目を見張った。それが、スカイラインC10型。「愛のスカイライン」、俗っぽい呼称では「ハコスカ」または「スカG」のシルバーグレーのGTXハードトップであった。

「スカG」のシルバーグレーのGTXハードトップ

免許を取得したら絶対にこのクルマに乗ろう!と、若き日の私は心に誓ったものだ。その後、念願叶って、憧れの「スカG」が愛車となった。親のスネかじりの学生の身分で、ましてや運転初心者のクルマにしては随分贅沢なクルマだと心の片隅で多少は感じていたもので、せめて中古車にする分別のある良い子だったのだ。とはいえ、その頃にはスカイライン3代目の「ハコスカ」はモデルチェンジしており、すでに4代目「ケンとメリーのスカイライン」に変更になっていた頃なので、希望の「ハコスカ」は中古車しかなかったというのが本当のところである。

ただ、希望通りのクルマに乗りたくて、頑なまでに妥協をしなかったため、納車までにはけっこうの時間がかかったことを記憶している。当時、ノーマルの「2000GTX」のシルバーのハードトップ5速マニュアル仕様、それも程度の良い中古車は案外少なかったのだ。1度、オートマチック車なら…と勧められたが、いや、ミッション車でなければダメ…と、断ったことが、後々後悔するはめになったことはこの時点では知る由もなかった。

5速マニュアル仕様

若かりし頃の生意気盛りの若造にとって、オートマ車なんてジジイが乗るクルマやんってな感じだった。余談ながら、当時は2000GTシリーズのオートマの方が希少だったようだ。

ずっと憧れていたクルマは期待通りの素晴らしいクルマであった。そして、お気に入りのクルマでドライブに勤しむ能天気な日々が続いた。また、親に買ってもらったということもあり、開業医だった母の往診のときの運転手も嫌な顔をせず引き受け、世間的には良くできた息子さんでもあった。ま、本音はクルマに乗れればよかっただけの事なのだが…。

当時の「スカG」は、パワーステアリングでもなく、クラッチもやたらと重い、言わば小さい戦車?みたいなクルマだったのだ。その頃は東京で大学生活を満喫しており、長期休日の度にクルマで故郷の徳島まで往復していた…若かったあの頃…。高速道路や故郷の道路を突っ走るには何の文句もないクルマだったが、東京の渋滞ではホント難儀なクルマだった。

「スカG」に搭載された、「フェアレディZ」などにも採用されていたL20SUツインキャブレター仕様エンジンは、力強いが瞬発力には多少ドン臭いところがあり、渋滞時のストップ&ゴーには適さなかった。そして、クラッチが重い。で、ハンドルも重いときたもんだ…まぁ〜疲れるクルマだった。次のクルマは絶対オートマや…と、購入時に営業のオッチャンおススメのオートマ車を若気の至りで選ばなかった事が悔やまれたものだ。

斜めバックスタイル

その後、その愛車には非業の運命が待っていたのだが、それはまた別の機会でお届けするとして、結局、スカイラインは、真っ赤の「スカイライン・ジャパン」から初のDOHCエンジン搭載の「RS」へと3台乗り継ぐこととなった。スカイラインは、けっこう気に入ったクルマだったのだ。

そのスカイラインには、「ランチア・テーマ8・32」のように、羊の皮をかぶった狼(表現が古っ)的な「GT-R」という同じスカイラインでも別物のクルマが存在した。サーキットでの使用を目的にして開発された車両であり、日本を代表する名車の1つである。乗用車ベースでありながらレースに勝つため、レギュレーションの中で最大の性能を発揮する様にスカイラインの他のグレードとは違った装備やエンジンを搭載していた。スカイラインの特徴であった優雅なサーフラインを無視したオーバーフェンダーも厳つく、男心をくすぐるクルマであったことは間違いない。ただ、値段が高い。1度は乗ってみたいと思うクルマだったが、いまだにその夢は叶っていない。「GT-R」に関しては、またいつの日かお届けしたいと思っている。

GT-R

「スカG」は青春時代をともに過ごしたパートナーのような存在である。懐かしさと一緒に数多くの思い出が詰まった、私にとっては至極の1台と言えるクルマだ。

 
 
 
toppage
ホーム