back index
 
少数民族シリーズ
エンリコ・カルーソ
リミテッドエディション
青の洞窟限定モデル
ラス・メニーナス
WINDOWS
デモンストレーター
アメリゴ・ヴェスプッチ
 
イスラエル60
ジュゼッペ・ガリバルディ
リミテッドエディション
ビンテージ・コレクション
ドルチェビータ・ウエィ
ヴィア ベネット
カプリ・コレクション
エボリューション
ストーン・コレクション
Home >> Hobby dell'uomo >> DELTA
BULE GROTTO LIMITE EDITOIN(青の洞窟限定モデル)

BULE GROTTO LIMITE EDITOIN(青の洞窟限定モデル)

BULE GROTTO LIMITE EDITOIN(青の洞窟限定モデル)と名付けられたこの作品は、カプリ市とデルタのコラボレーションによって実現した。

カプリというのは、「デルタ」発祥の地であるナポリから南へ30キロほどのところにある島のことで、レモンが特産であることからレモン島とも呼ばれている。風光明媚な観光地として知られているが、周囲は断崖絶壁で囲まれているところが多く、波の侵食によってできた「青の洞窟」は人気が高い観光の名所の1つになっている。

低くて狭い入り口から小船に乗って青の洞窟に入ると、なかは予想外の広大な空間が広がっている。そして、洞窟の入り口から射し込む光が水面で反射され、洞窟全体が深い青に包まれて神秘的な空間が広がっている。

「デルタ」の「青の洞窟」は、カプリ島の象徴である深みのある青を忠実に再現した特注レジン(樹脂)を、熟練の職人が手作りで削り出している。しかも、キャップの先端には、洞窟の内部から見える海の青さを表現する加工が施されている。また、ボディを飾るシルバーのリングはイタリア伝統工芸の手作りによる銀細工で、同じく手作りの銀細工によるクリップとともに、カプリ島に打ち寄せる波を表現している。

「青の洞窟」は「デルタ」ならではの書き味はもとより、サイドレバーによるピストン式のインク注入方式など技術ももちろん活かされている。製造本数は世界限定2500本。

万年筆 21万円
ボールペン 8万9250円
 
 
toppage
ホーム