back index
 
スティピュラ
ティバルディ
マーレン
オマス
ビスコンティ
デルタ
モンテグラッパ
OMAS(オマス)
Home >> Hobby dell'uomo
OMAS(オマス)

「OMAS(Officina Meccanica Armando Simoni)」はアルマンド・シモーニによって、1925年にイタリアのボローニャで設立した筆記具メーカーである。

シモーニは子供の頃より機械の構造に興味を示すなど技術者としての才能に恵まれており、その一方でギリシャ文化の崇拝者であり、古典の研究に没頭するなど、芸術家的な側面も備えていた。

古代ギリシャ建築の円柱からヒントを得たといわれる「アルテイタリアーナ・コレクション」は、12面体を胴軸に採用した革新的なものだった。それまでは、6〜8面体が限界とされてきたが、1930年代に生まれたこの革新的デザインは、現在でもブランドを代表するコレクションである。

もう1つの戦前のヒット作である「ドクターズ・ペン」は、医療用体温計を内蔵した複合ペンで、1927年から1932年にかけて発売された。他にもペン先が2つあるものや、透明のインクホルダーをもつシリーズなど、常にシモーニは技術的難関に挑戦し続けてきた。過去から現在へ続く「OMAS」の輝かしい歴史は、「優れたデザイン」「職人による手作り」「貴重な素材」そして「革新性」によって支えられてきた。

「OMAS」のすべての製品は、熟練した技術をもつ職人による手作りである。軽量・耐久性・耐磨耗性に優れた未来の素材チタンを筆記具に使った「T2コレクション」など、素材への追求心も同社の魅力。やはりそれを支えているのも職人の技。加工の難しいチタンであっても、彼らの手作業によって12面体にしてしまうほど高い加工技術をもっているメーカーなのだ。

鮮やかな色彩と美しい模様を可能にしたセルロイド樹脂を使った筆記具も「OMAS」の定番製品。セルロイド樹脂を使った万年筆を作るのに100日という長い時間を費やしている。職人によって1本1本削り出され、さらにコルクを使って丁寧に磨き上げる。この手作業を経て、独特の艶と心地良いフィット感、軽さが実現できる。また、ユニークな形状のクリップなど、金属加工分野においても高い評価を得ており、いずれにしても創業者アルマンド・シモーニのクラフトマンシップが受け継がれているのだ。

EMOTICA Collection(エモティカコレクション)
チャールズ・ダーウィン生誕200年記念「I think」モデル
MASERATI(マセラティ)
ムーン1969
Arte Italiana(アルテイタリアーナ)
ソライア
ボローニャ・コレクション
 
 
 
 
toppage
ホーム