back index
 
ラグタイム
ディヴィーナ
ヴァン・ゴッホ
リップル
ザ・ムンク
オペラマスター
テンプル騎士団
限定品
 
 
Home >> Hobby dell'uomo >> VISCONTI
オペラマスター リミテッド

オペラマスター リミテッド

スクエアとラウンドを絶妙に絡めた、スクエアリングサークルと称されるオリジナルボディフォルム。その樽のような形はバレルデザインとも呼ばれ、ビスコンティの高い技術によってもたらされたものといえる。オペラマスターシリーズはバレルデザインを、より豊かな迫力あるボリュームで表現しているシリーズ。

オペラマスターシリーズに、日本限定モデルが登場。基本的なデザインはオペラマスターシリーズとベースにして、ブルーのアクリロイドと採用した「ガラッスィア」と、グレーマーブルのアクリロイドを採用した「ピアネータ」の2つのカラーを用意されている。

ガラッスィアのブルーはギャラクシーを彷彿とさせる深みのあるブルーが特徴で、一方、ピアネータは静寂としたプラネットの大地を思わせるグレーマーブルが独特の味わいを醸し出している。

そしてガラッスィアもピアネータも、インクの吸入方式にはビスコンティがブランド創設から10年後の1998年に開発した「ダブル・タンク・パワーフィラー」を採用。一般の万年筆の数倍という大容量のインクをたちまちのうちに吸入することができる。

しかも、ビスコンティのオリジナルアイテムとして高い人気を誇っている「トラベルインクポッド」をどちらにもセット。出張や海外旅行などでも、インク切れの心配などせずに使えそうだ。

スクエアリングサークルがもたらすビスコンティならではのフィット感と、適度な滑らかさが心地よい18金ペン先の書き味も、持つ人の満足感をいっそう高めてくれることは間違いない。

ガラッスィアは120セット、ピアネータは40セットのみというレアセットなので、ビスコンティファンならずとも、持っていることを思わず自慢したくなるに違いない。

各セット価格:¥105,000
オペラ エレメンツ
オペラ エレメンツ

丸みを帯びた四角いボディで人気を博している「オペラ」シリーズに新しいコレクションが加わった。「オペラ エレメンツ」は書きやすい独特のスクエアフォルムをそのままに、自然界に存在する4つのエレメントである、「火、大気、地、水」を4色で表現。

2008年10月にバルセロナで開催された国際自然保護連合(IUCN)主催による世界自然保護会議で、オフィシャルライティングツールとして使用された。

グレー、ブルー、レッド、イエローのボディカラーが、自然界の力強さを感じさせます。万年筆の他にボールペンも展開してる。

オペラ エレメンツ
万年筆:\78,750
ボールペン:\47,250
オペラ ブルーベリー

セルロイドとアクリルが融合して生まれる、美しいマーブル模様をもつ「オペラ」シリーズ。

ホワイトベースにブルーベリー色を混ぜた、美味しそうなボディが魅力。意外とホワイト系の筆記具は少なく、あったとしてもレディスサイズだったりする。男性が手にしてぴったりのこのモデルは希少だ。

オペラ ブルーベリー
万年筆:\73,500
ボールペン:\36,750
 
 
toppage
ホーム