back index
 
OMEGA
ブルガリ
hD3 NEXTGEN
クリストフ・クラーレ
ゼニス
セイコー クレドール
リシャール・ミル
ルイ・ヴィトン
カルティエ (Cartier)
ハリー・ウィンストン
ブレゲ (Breguet)
アブラアン-ルイ・ブレゲ
 
 
 
Home >> Backstage index >> Hobby dell'uomo
リシャール・ミル (Richard Mille

「リシャール・ミル」は、スイス時計世界においても時計作りには独特のアプローチをもっている。多くの社員を雇用し、一貫して製造を行うマニュファクチュールよりも、特殊なパーツの詳細なデータを指定し、外部メーカーにパーツを発注するという独自の製造方法をとっている。このような時計の生産方法は、マニュファクチュール・デジネーと呼ばれている。

「リシャール・ミル」の時計作りの哲学とは、それぞれの時計作りで優れた時計専門家の力を借り、最高質のパーツを集めた高度な技術を駆使した、いわば「F1」に匹敵する一番良い腕時計を製造するということである。

リシャール・ミル

リシャール・ミルは、1951年フランス生まれ。大学を卒業後、数社のマネジメントに携わった後、1993年から、モーブッサンウォッチグループとジュエリーグループのCEOを務めた。その後、彼はモーブッサンを辞して、自身の名を冠したブランド「リシャール・ミル」を2001年に創業した。

リシャール・ミルはフランク・ミュラーのような時計師でも、ジェラルド・ジェンタのようなデザイナーでもない。自身が言うように、あくまで「コンセプター」なのだ。つまり、時計のコンセプトを練り、素材を検討し、サプライヤーに依頼するプロダクト・マネージャーのような存在である。しかし、時計づくりへの強い情熱と、非凡な造詣の「コンセプター」は、時計師やデザイナーのような専門職人には見えないものが映っていた。

リシャール・ミルは、「時計界のF1」をコンセプトに、「現時点で求めうる限りの最高機能と成功品質のみを採用する」ことを追求し続ける超個性派ブランドとして躍進を続けている。

2001年に「RM001」で時計界に衝撃的なデビューを果たすと、その後もV字型のトゥールビヨン・ブリッジや、腕の動きに合わせて巻き上げ効率を調整する「可変慣性モーメント・ローター」などの独自機構を次々と考案する。すべてのモデルはムーブメントを最小限まで肉抜きし、チタンやカーボンなどの特殊素材を採用することで、とことん軽量化を追求している。

RM001

人工衛星にも使用される新素材「アルシック」を採用したモデルに至っては、メタル素材でありながら、全体重量わずか30g以下という信じられない数値を叩き出している。そして、ハードユースを想定した耐久性の高さも特徴であり、これまでとはまったく別次元の高級ウオッチを手掛けているが、実用的な着用を前提としている。個性的なアイディアや精緻な技巧を追求してきたリシャール・ミルの腕時計は、まるで芸術作品にも等しい超マニアックな逸品であることは間違いない。

しかし、リシャール・ミルは決してエキセントリックな時計ではない。「腕時計のF1」というコンセプトと個性的な意匠を支えるのは、驚くほど生真面目な時計制作にある。エッジの立ったケースは、よく見ると角が丁寧に落とされ、シャツの袖を傷めないようになっている。また、ムーブメントも、より立体的に見せるため数種類の仕上げが使いわけられている。リシャール・ミルが強調するように、その時計づくりは極めて真っ当であり、正統派の高級時計そのものなのである。

腕時計のF1

一流デザイナーのフィリップ・スタルクとのコラボモデルをチャリティオークションで発表するなど、異業種との交流も盛んである。リシャール・ミルは、18世紀フランスの古城に住み、一族でオリーブを育てオイル精製まで行なうという豊かなライフスタイルを送っている。また、モータースポーツにも造詣が深く、フェラーリのF1ドライバーであるフェリペ・マッサのスポンサードや「ル・マンクラッシック」のメインスポンサーを務めている。また、現在最強のプロテニスプレーヤーの1人ラファエル・ナダルなど、トップアスリートをアンバサダーに起用し、過酷な競技の現場で実際に製品の着用テストを行うなど、常識破りの方法で製品の性能や耐久性を証明、アピールしている。

ブランド創立からちょうど10周年を迎え、6種類の新作が発表されたが、注目すべき新作として、新たにアンバサダーとなったプロゴルフのトッププレーヤー、バッバ・ワトソンがゴルフツアーで装着してプレーすることになっている「RM038 トゥールビヨン バッバ・ワトソン」である。身長191cm、体重82kgという恵まれた身体を持つ彼は、世界のトッププロのなかでも並外れたパワーが特徴。アメリカPGAツアーに参加するナンバーワンのロングヒッター選手として、今やタイガー・ウッズと並び称せられる存在だ。モータースポーツやテニスに加え、ゴルフの頂点にも「リシャール・ミル」が活躍する舞台となり、知名度はさらにアップすることだろう。

RM038 トゥールビヨン バッバ・ワトソン
白く超軽量のケースに革新のトゥールビヨン・ムーブメントを搭載!
RM038 トゥールビヨン バッバ・ワトソン

世界1と賞賛される強烈なバッバ・ワトソンの強烈なスイング時の加速度にも耐えられるように設計された、限定製作の新型モデル。新設計のスケルトンタイプ・チタン製地板採用のトゥールビヨン・ムーブメント。エレクトロ・プラズマ酸化処理をほどこして表面に結晶性酸化セラミック被膜を形成することで超軽量と強靱な耐久性を両立させたマグネシウム・アルミニウム合金AZ91製ケース。

つねに正確な等時性を確保し、高い計時精度を保証する可変慣性フリースプラグテンプ。ゼンマイエネルギーの安定&効率的な使用を実現した高速回転バレルなど、すべてが新しい。「リシャール・ミル」のコレクションとしては初のホワイトケース・モデルでもある。

spec
手巻き、縦48×横39.7×幅12.8mmのマグネシウム・アルミニウム合金AZ91製ケース
38個の限定生産 4725万円。※入荷時期未定。

興味ある時計だが、めちゃ高価である…

 
 
toppage
ホーム