back index
 
OMEGA
ブルガリ
hD3 NEXTGEN
クリストフ・クラーレ
ゼニス
セイコー クレドール
リシャール・ミル
ルイ・ヴィトン
カルティエ (Cartier)
ハリー・ウィンストン
ブレゲ (Breguet)
アブラアン-ルイ・ブレゲ
 
 
 
Home >> Hobby dell'uomo >> Breguet
天才時計師 アブラアン-ルイ・ブレゲ

機械式時計に数々の革新をもたらし、「時計界のレオナルド・ダ・ヴィンチ」と称賛され、また、「時計の歴史を200年早めた」と称えられる希代の天才時計師アブラアン-ルイ・ブレゲを知るには、18世紀にまで遡らなくてはならない。

現在、我々が使用している腕時計は、20世紀に入ってから発達したものだが、それ以前はポケットウォッチ(懐中時計)の時代が長く続いていた。このポケットウォッチが大きな進歩を遂げたのが18世紀である。機械式時計のムーブメントが小型で薄いものに改良されたり、高い精度を実現するために工夫が凝らされたり、時刻表示以外にさまざまな機能が加わるなど、特に18世紀後半から19世紀初頭にかけての半世紀は、まさに革新の連続だったのだ。この時代にもっとも重要な業績を残したのが、アブラアン-ルイ・ブレゲだ。

高度な時計技術

アブラアン-ルイ・ブレゲは、1747年にスイスに生まれ、15歳のときにフランスに渡って時計職人として修業を積んだ。1775年にパリのセーヌ河畔にある、ケ・ド・ロルロージュ(時計河岸)と呼ばれる一角に初めて工房を構えた。これが時計ブランド「ブレゲ」の始まりである。

高度な時計技術と、当時の最新の科学に精通していたアブラアン-ルイ・ブレゲは、その豊かな才能を発揮して、革新的な時計を次々と開発した。現在の腕時計にも受け継がれている機構の4分の3は、ブレゲが発明または改良したものであるとさえ言われている。

自動巻き時計「ペルペチュエル」、修正を加えなくてもカレンダーが正しく表示される「パーペチュアルカレンダー」、時刻を音で告げる「ミニッツリピーター」、真太陽時と平均太陽時の差分「均時差」を表示する「イクエーション(均時差表示)」、手で触って時刻が分かる「モントレ・ア・タクト」、「二重秒針付きクロノメーター」(スプリットセコンド・クロノグラフの原型)、耐衝撃機構「パラシュート」、「ブレゲひげゼンマイ」などは、そうした業績の一部である。そのなかでも、「ブレゲ」の名声を語るもっとも有名な発明といえば、「トゥールビヨン」である。重力の影響によって生じる誤差を解消して、高い精度を実現するためのこの特殊なメカニズムは、最近のハイエンドの腕時計にも採用され人気が高い。

「ブレゲ」はまた、デザインにおいても斬新な意匠を考案した。ブレゲ針やブレゲ数字、金属に規則的なパターンを彫り込んだギョーシェ文字盤、いくつかの表示をアシメトリーに配置する「エキセントリック(オフセンター)・ダイヤル」などは、とりわけ有名である。

それまでのポケットウォッチといえば、貴族趣味に彩られた優雅な美術工芸品のような趣のものが主流だったのに対し、ブレゲは機能美を際立たせたシャープで近代的なデザインを創始したのである。

ブレゲの懐中時計

すでに述べた時計機構とならんで、こうしたブレゲ・スタイルのデザインも、現在に至るまでじつに多くの時計メーカーによって採用され、もはや古典にさえなっている。

高度な機構と先端のデザインをあわせもつブレゲの時計は、フランス国王ルイ16世や王妃マリー・アントワネットを筆頭とする宮廷人たちに絶賛されただけでなく、フランス革命後も、ナポレオン一族やヨーロッパの王侯貴族や政治家、外交官、科学者など幅広い人々に愛用され、さらにまた文学作品にも引用されるなど、ヨーロッパ文化に深く根を下ろすまでになった。新しい時代の扉を開いたアブラアン-ルイ・ブレゲほど、後世に決定的な影響を与えた人物はほかに見当たらない。

Back
 
 
toppage
ホーム