back index
 
OMEGA
ブルガリ
hD3 NEXTGEN
クリストフ・クラーレ
ゼニス
セイコー クレドール
リシャール・ミル
ルイ・ヴィトン
カルティエ (Cartier)
ハリー・ウィンストン
ブレゲ (Breguet)
アブラアン-ルイ・ブレゲ
 
 
 
Home >> Hobby dell'uomo
ルイ・ヴィトン (LOUIS VUITTON

2002年に本格的に時計事業に参入してから現在まで、数は少ないが魅力的な腕時計を毎年、着実にリリースしてきたラグジュアリーブランド「ルイ・ヴィトン」。今年は大きな飛躍の年となった。

2011年のバーゼルフェアで最大のトピック、それは間違いなくラグジュアリービジネスの頂点に位置する人気ブランド「ルイ・ヴィトン」がバーゼルフェアに初参加したことである。

3月23日から25日まで、バーゼル市街の中心を流れるライン河沿いの5つ星ホテル「グランド・ホテル・レ・トロア・ロア」の横に停泊させた豪華なボートの上で新作コレクションが公開された。目玉は同ブランドの腕時計の看板である「タンブール・コレクション」の6シリーズ17モデル。樽型ケースが特徴のモデルだ。これほど多くの新作が一度に発表されたことは、2002年に「ルイ・ヴィトン」が時計の世界に本格参入してから、おそらく初めてのことだ。

現地で発表された公式プレスリリースのなかには「ウォッチメーキングの世界で中心的な存在を目指す」という一節がある。これは「ルイ・ヴィトン」が、今後は腕時計を他のジャンルの製品と同様にブランドの中核プロダクトとして位置づけ、時計事業に本腰を入れて取り組むという宣言にほかならない。

実際、ウォッチ&ファインジュエリー部門のディレクターのアムディ・シャティ氏は、今後はメンズウォッチを中心に製品を積極的に展開し、時計業界のなかで確固たる地位を確立したいとコメントしている。そして、自社製ムーブメントの開発製造にも着手していることも明かにした。つまり、ごく近い将来には「ルイ・ヴィトン」が、心臓部であるムーブメントも含めて腕時計を一貫生産できる「マニュファクチュール」へと大進化を遂げることは、まず間違いない。これまでにない新作モデルの圧倒的な数は、この決断と実行の証なのである。

複雑時計からクロノグラフ、ダイバーズ、レディスモデルと全部で17本におよぶ新作ウォッチの数々。注目したいのが、複雑時計のなかでももっとも開発・製造・調整が難しいとされる、ミニッツリピーター機構を搭載したモデル「タンブール ミニッツリピーター」である。つねに「旅」をテーマにしたクリエイションに取り組む同ブランドらしく、時を妙なる音で知らせてくれるメカニズムに加えて、旅をするさいに実用的なトラベルタイム機能も備えている点が大きな特徴であり魅力だ。

タンブール ミニッツリピーター
ミニッツリピーター機構にくわえてトラベルタイム機能を搭載!
タンブール ミニッツリピーター

ルイ・ヴィトンがこれまで9年のあいだに発表した機械式モデルのなかでも、もっとも複雑な機械式メカニズムを搭載した時計愛好家垂涎の超複雑モデル。

まず、ケース横のスライドスイッチを入れることでケース内にセットされた2本のハンマーが2種類のゴングをそれぞれ同時に叩いて音を出すミニッツリピーター機構。さらに、現在地の時刻(ローカルタイム)と、自分が拠点とする場所の時刻(ホームタイム)を表示するトラベルタイム(GMT)機構を備えるなど、ミニッツリピーターモデルとしては非常にユニークで魅力的な存在。

日常使用を前提に設計されており、防水が難しいメカニズムながら30m防水であり、100時間という長いパワーリザーブ(作動時間)も特徴だ。ケース素材をホワイトゴールド、ローズゴールド、イエローゴールドから好みで選択できるほか、イニシャルや紋章など好みの意匠を入れることができるという粋な楽しみも用意されている。

spec
手巻き、直径44mmのホワイトゴールドケース、アリゲーターストラップ、シースルーバック
2800万円(予価)。受注生産品。
11月にパリ・ヴァンドーム広場にオープンするルイ・ヴィトンのウォッチ&ファインジュエリー直営店で受注開始後、順次各国で受注開始予定。

タンブール オートマティック クロノグラフ ヴォワイヤージュ
旅とスポーツを愛するドライバーのための機械式クロノグラフモデル
タンブール オートマティック クロノグラフ ヴォワイヤージュ

旅(ヴォワイヤージュ)を楽しむドライバーのために開発された、タンブール・コレクションの新しい自動巻きクロノグラフ。ダッシュボードからインスピレーションを得てデザインされたという文字盤にある3つのインダイヤルは、右の3時位置がスモールセコンド、中央の時分針クロノグラフ針と同軸の60分積算計、左の9時位置が時刻の24時間表示。

また、中央にあるVの文字は、「ルイ・ヴィトン」の「V」と「ヴォワイヤージュ」の「V」を示しており、クルマの車輪を示す2つのドットに囲まれている。さらに文字盤外周には平均時速を計測するためのタキメーター目盛、6時位置にはカレンダーが装備されている。搭載ムーブメントはクロノグラフムーブメントの専門メーカーとして名高いデュボワ・デプラ社がルイ・ヴィトンのために開発したLV172自動巻きムーブメント。

spec
自動巻き、直径44mmのステンレススティールケース、ブラックカーボンストラップ、100m防水
72万4500円。6月発売予定(ピンクゴールドケースは9月発売予定)。

 
 
toppage
ホーム