back index
 
OMEGA
ブルガリ・ブルガリ
hD3 NEXTGEN
クリストフ・クラーレ
ゼニス
セイコー クレドール
リシャール・ミル
ルイ・ヴィトン
カルティエ (Cartier)
ハリー・ウィンストン
ブレゲ (Breguet)
アブラアン-ルイ・ブレゲ
 
 
Home >> Hobby dell'uomo
オメガ「シーマスター プロダイバーズ300M」
ボンド映画50周年 記念限定モデル

スイス時計界でも1、2を争う知名度を持つブランド「オメガ」。そのルーツは、時計師のルイ・ブランが1848年、スイス・ラ・ショー・ド・フォンに開いた小さな工房にある。創立当初の工房は、組み立てを専門に手掛けていたが、時が経つにつれてヨーロッパ全土とアメリカを見据えた販売戦略を他社に先駆けて開始。こうして業績を順調に伸ばし続け、1877年「ルイ・ブラン父子会社」へと改称。

1980年には現在も本社のあるビエンヌへと本拠を移転し、時計製造のすべてを自社で行うマニュファクチュール工場を設立。80年代当時の最高水準の精度を誇る「ラブラドール」ムーブメントも同工場から誕生している。

その後、1890年に改称した「ルイ・ブラン兄弟社」時代に開発した「キャリバー19(通称:オメガキャリバー)」をきっかけに、20世紀初頭からギリシャ文字で究極を表す「Ω=オメガ」を社名とした。

オメガは、1932年にロサンゼルスで開かれたオリンピック大会で初の公式計時を担当して以来、世界各国のスポーツ大会で計時を担当するなどグローバルに活躍。さらに腕時計においては、1965年に「スピードマスター」が苛酷な検査を乗り越えた末、数あるクロノグラフの中からNASAの公式装備品に選ばれ、1970年に海底探査「ヤヌス計画」においては「シーマスター」が250mの深海実験に使用されるなど、数々の偉業を成し遂げていった。

着実に愛用者を増やすこととなったオメガは、その栄光の歴史に甘んじることなく、さらなる自社製品の完成度を追求。1999年には時計師のジョージ・ダニエルズが発明したコーアクシャル・エスケープメントの量産化に成功し、オメガの技術力の高さを改めて時計界に証明すると、21世紀からは次々と新作モデルにコーアクシャル・エスケープメントを搭載。さらに2007年には、実に30年振りとなる自社製ムーブメントを発表するなど、開発への意欲はいまだ止むことを知らない。

そして、オメガには代表的なモデルが存在する。

■コンステレーション
コンステレーション
「コンステレーション」とは英語で星座の意。1952年に発売され、文字盤6時位置にある星と、裏蓋の天文台が目印である。COSCのクロノメーター検定に合格した機械を積んだ高級ラインであり、1960年代の日本では高級時計の代表的存在であった。クォーツショック後一時全てクォーツモデルになっていたが、最近再び一部自動巻の機械式が発売されるようになっている。

■デ・ビル
デ・ビル
1967年発売の「デ・ビル」はフランス語で「街角」との意。一時は「シーマスター」とのダブルブランドのモデルもあった。モデルによってはコーアクシャル機構を採用し、劣化の低減に成功している。

■シーマスター
シーマスター
1948年発売の「シーマスター」は防水時計のブランド「マリーン」から発展したモデルだ。プロフェッショナルモデルはヘリウムエスケープバルブを搭載することで、ヘリウム飽和潜水時の風防の破損を防いでいる。「アメリカズカップモデル」や「ジャック・マイヨールモデル」などの限定モデルも存在する。最近では、オメガのコーアクシャル機構を搭載した「プラネットオーシャン」など、簡易メンテナンスで飽和潜水が可能なモデルも登場している。1990年代後半にはオメガマチックとよばれる自動巻発電機構を搭載したクォーツも登場したが、現在では生産されていない。

また、「シーマスター」は、「007」シリーズにおいて、1995年公開の第17作目「ゴールデンアイ」のピアース・ブロスナンから第22作目「慰めの報酬」のダニエル・クレイグが着用した「ボンドウォッチ」として知られている。ちなみに、「007」の原作に登場するのは「ロレックス・サブマリーナー」である。

ダニエル・クレイグが着用した「ボンドウォッチ」

1962年にショーン・コネリーが英諜報員ジェームス・ボンドを演じたシリーズ第1作「ドクター・ノオ」から今年で50年。それを記念して、「ボンドウォッチ」の「シーマスター プロダイバーズ300M」の特別限定モデルが発売される。

ケース径41mmと36.25mmの2サイズで登場した「ジェームズ・ボンド50周年記念モデル」は、ステンレススティールのケースに、セラミックのベゼルリングを配し、ダイビングスケールにはマットなクロミウム ニトライドが採用されている。41mmモデル(価格:43万500円)には、11個のアプライドインデックスが、36.25mmモデル(価格:45万1500円)は10個のアプライドインデックスに加え、7時位置にダイヤモンドが配されている。インデックスには青色発光のホワイトスーパールミノヴァを採用、暗くても時刻を読み取りやすくなっている。

ジェームズ・ボンド50周年記念モデル

「50周年」ということで50の数字は赤に、また、黒くラッカー加工された文字盤には、前面に007のモノグラムが施されている。もちろんこの時計が「007」映画の歴史を称えていることへのオマージュである。

裏蓋は銃口のデザインとなっており、その中心にサファイアクリスタルが埋め込まれている。そこからローターの中心部分をのぞくことができ、周囲に刻まれた「James Bond 50 Years」の文字が所有欲を満たしてくれる。41mmモデルは世界限定1万1007本、36.25mmモデルは同じく限定3007本で、ともにスペシャルボックス付だ。

裏蓋は銃口のデザインとなっており、その中心にサファイアクリスタルが埋め込まれている。
ジェームズ・ボンド50周年記念モデル

「ボンド映画50周年記念限定モデル」は、最新機能がダイバーの関心を集めると同時に、007ファンやエレガントで個性的なタイムピースに関心のある方々を魅了すること間違いない。

なお、今年の秋には第23作目「SKYFALL」の公開が予定されている。

 
 
toppage
ホーム