back index
 
OMEGA
ブルガリ
hD3 NEXTGEN
クリストフ・クラーレ
ゼニス
セイコー クレドール
リシャール・ミル
ルイ・ヴィトン
カルティエ (Cartier)
ハリー・ウィンストン
ブレゲ (Breguet)
アブラアン-ルイ・ブレゲ
 
 
 
Home >> Hobby dell'uomo
セイコー クレドール ノード スプリングドライブ ミニッツリピーター

国産時計を代表する「セイコー」は、1881年に服部時計店として創業。1892年に「精工舎」として掛け時計を、1895年に懐中時計を、1913年に国産初の腕時計「ローレル」を製造するなど、つねに日本のNo.1の腕時計ブランドに君臨してきた。

1969年に世界に先駆けて発売したクォーツ腕時計に留まらず、1960年代後半にスイスの名門ブランドに肉薄し凌駕した世界最高峰の機械式時計技術や、自動巻き発電時計技術「キネティック」、世界最初の熱発電時計技術「サーミック」、さらには機械式の基本メカニズムにクォーツの調速機構を組み合わせた世界唯一の時計技術「スプリングドライブ」まで、つねに世界の一歩先を行く技術力は、スイスの時計業界からも高い評価と尊敬を得ている。

また機械式時計のヒゲゼンマイや微小な歯車、クォーツ時計の心臓部である電子回路や水晶振動子まで、時計製造に関連するあらゆる開発製造技術を自社グループ内で備えている「世界有数のマニュファクチュール」であることも、スイスの時計関係者のあいだでは知られている。

日本が世界に誇るこのブランドで時計づくりに従事している人々にとって、なかでも高級時計の企画・開発・製造に従事してきた時計技術者にとって、ここ数十年の大きな夢の1つが、スイスの老舗・名門ブランドならば必ず製品ラインナップの頂点に存在する複雑時計(コンプリケーションモデル)の開発・製品化だった。

量産される腕時計の技術とは異次元の職人技やノウハウが必要とされる未知の分野への挑戦を、時計づくりに情熱を燃やす彼らは熱望してきたのである。

そして2006年、「黄綬褒章」や「現代の名工」の表彰も受けているセイコーエプソン塩尻事業所・マイクロアーティスト工房の時計技能士たちの手で、長年のこの願いはついに叶えられた。セイコー独自のスプリングドライブムーブメントに、鐘を鳴らして毎正時を知らせるソヌリ機構を組み合わせた初の国産コンプリケーションモデル「クレドール ノード スプリングドライブ ソヌリ」の誕生である。それは日本の時計技術がこれまで到達したことのない高み、あらたな次元に入ったことを告げる画期的な出来事だった。

クレドール ノード スプリングドライブ ソヌリ

しかし、彼らはこの成功で決して満足してはいなかった。さらに難しい複雑時計機構の頂点、音で時刻を知らせるミニッツリピーター機構搭載モデルの開発・製造に挑戦し、ついに製品化に成功したのだ。

創業130周年記念モデルとして発売されるこの国産初のミニッツリピーターモデル「クレドール ノード スプリングドライブ ミニッツリピーター」は、ムーブメントの駆動方式が「ゼンマイのパワーで動き、クォーツ回路で調速する」世界で唯一、セイコー独自のスプリングドライブであるばかりでなく、スイス製のミニッツリピーターにはない特徴を数多く備えている。

その1つが報時の方式に10進法を採り入れた、誰にもわかりやすい「デシマル式」を採用していること。スイス製のミニッツリピーターでは、分の報時は15分単位の複合音打刻、1分単位の単音打刻の組み合わせだが、このモデルでは10分単位での複合音の打刻をおこなう。つまり1時59分を知らせる場合、単音での時打ちを1回、複合音での10分単位での時打ちを5回、単音での分単位での時打ちを9回おこなう。

ムーブメントは、660点以上の部品からなる112石の「スプリングドライブ キャリバー7R11」。巻上げ方式は手巻きで、時間精度は平均月差±15秒。時計機構とミニッツリピーター機構の動力源を共通化し、ミニッツリピーター機構不使用時には、72時間のパワーリザーブを実現している。また、ムーブメントを密封し、外側にゴングを設置する二重構造ケースを採用し、ムーブメント部に水分が入り込まない構造とした。

裏蓋はシースルーバックになっており、ミニッツリピーターを作動させるとハンマーの動きを見ることができる。ケースには18金ピンクゴールドを、バンドにはクロコダイルを使い、ケースサイズは42.8×14ミリ。

また、ハンマーで叩いて音を出すゴングを鍛造したのは、鍛冶師で明珍家第52代当主の明珍宗理氏。鎌倉時代から続く明珍家は、江戸時代には姫路藩主酒井家のお抱え甲冑師として甲冑を作り、明治維新以降は火箸作りに転じた。現在では兵庫県の伝統工芸品に指定されている「明珍火箸」を用いた火箸風鈴も有名となっている。音の美しい風鈴の伝統技法で鍛造された鉄材を使用して、日本独自の爽やかな音を実現していることも大きな特徴である。

セイコー クレドール ノード スプリングドライブ ミニッツリピーター
日本の時計づくりの歴史が凝縮された、国産複雑時計の最高峰
セイコー クレドール ノード スプリングドライブ ミニッツリピーター

涼やかで澄んだ美しい音による報時の実現のために、空気の粘性により調速して機械的な接触音をゼロにする独自のミニッツリピーター用調速機を採用。

また、ケースの形状や素材まで最新機器で技術解析をおこなって決定するなど、時計技術者の職人技にくわえて先端技術を惜しみなく注ぎ込んで完成したメイド・イン・ジャパンのミニッツリピーター腕時計だ。

ムーブメントに水分が入らない構造にして防水性を高める二重構造のケース、リュウズとミニッツリピーターの操作を同時におこなえないセーフティ機構など、安心して使えるための細やかな工夫もすばらしい。なお、総パーツ数は660個を超える。年間販売予定本数は3本。

spec
手巻き、直径42.8mmのピンクゴールドケース、クロコダイルストラップ
3465万円。※12月下旬発売予定。

 
 
toppage
ホーム