相棒 劇場版U
トロン:レガシー
KISS & KILL
SPACE BATTLESHIP ヤマト
ハリー・ポッターと死の秘宝
Part 1
SP 野望篇
THE MOTION PICTURE
エクスペンダブルズ
ナイト&デイ
十三人の刺客
THE LAST MESSAGE 海猿
バイオハザードIV
アフターライフ
特攻野郎Aチーム
ベストキッド
ソルト
インセプション
アデル ファラオと復活の秘薬
踊る大捜査線 THE MOVIE 3
ヤツらを解放せよ!
アウトレイジ
セックス・アンド・ザ・シティ2
アイアンマン 2
座頭市 THE LAST
プリンス・オブ・ペルシャ
時間の砂
パリより愛をこめて
グリーン・ゾーン
オーケストラ!
のだめカンタービレ最終楽章
後編
タイタンの戦い
第9地区
ハート・ロッカー
マイレージ・マイライフ
NINE ナイン
ショーロック・ホームズ
日本アカデミー賞
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々
サロゲート
バレンタインデー
インビクタス/負けざる者たち
2009年の総括
イントロダクション
CINEMA Oh! PLEASE Top
イントロダクション

昔から映画好きだった。映画中毒というわけではないが、基本的には1週間に1本は観たいと思っている。観そこなった映画は自宅でDVDでチェックする事もあるが、やはり映画館の大きなスクリーンで鑑賞したいものだ。

昔からのミーハー的性格ゆえの、派手でエンターテイメント要素たっぷりの映画が好きである。辛気臭い映画や貧乏臭い映画はあまり観ないようにしている。低予算でも面白い映画は沢山あると思うが、同じ金を払って観るなら制作費がド〜ンとかかった映画が何となく得をしたような気がする(そんな考えの方がよっぽど貧乏臭いとツッコミがきそうだが…)。

ま、私の映画観などはいずれ機会があれば書くとして、これからは独断と偏見に満ちたパーソナルな映画評をお届けする予定だ。

 

もう何年も前のことだが、映画コラムのメールマガジンを発行していたことがある。発行の動機はとても単純。せっかく面白かった映画も、しばらくするとストーリーや各々のディティールを忘れることもしばしば…残念ながら記憶力低下は自然の摂理。年齢には勝てない…そこで、観終わった映画の感想や寸評を書き残しておこうと考えたわけだ。

プロの評論家でもない私が映画のことをあれこれと論ずるのはいささかおこがましい話なのだが、どんな映画もけっしてけなすつもりはない。観客は千差万別であり、感性も十人十色である。映画は良し悪しではなく、その人の趣味嗜好よる好き嫌いだと思う。私があまり好きでない映画であっても、他の人には素晴らしい映画という事も当然在り得るのだ。

映画は1つの出会いである。大袈裟な表現だが、その映画との出会いがその人の人生を左右する…と、言うこともあるかも知れない。私の拙い寸評で、その映画を観る気がしなくなり、大きな出会いの機会を潰してしまうということはぜひとも避けたいものだ。ただ、あまり多くのことに気を使いながらコラムに取り組むと、思い切ったことが書けなくなる恐れもある。素人の軽い気持ちの映画感想記なので、ゆる〜く受け流していただければ幸いである。

 
<< Back Next >>
 
 
ホーム