相棒 劇場版U
トロン:レガシー
KISS & KILL
SPACE BATTLESHIP ヤマト
ハリー・ポッターと死の秘宝
Part 1
SP 野望篇
THE MOTION PICTURE
エクスペンダブルズ
ナイト&デイ
十三人の刺客
THE LAST MESSAGE 海猿
バイオハザードIV
アフターライフ
特攻野郎Aチーム
ベストキッド
ソルト
インセプション
アデル ファラオと復活の秘薬
踊る大捜査線 THE MOVIE 3
ヤツらを解放せよ!
アウトレイジ
セックス・アンド・ザ・シティ2
アイアンマン 2
座頭市 THE LAST
プリンス・オブ・ペルシャ
時間の砂
パリより愛をこめて
グリーン・ゾーン
オーケストラ!
のだめカンタービレ最終楽章
後編
タイタンの戦い
第9地区
ハート・ロッカー
マイレージ・マイライフ
NINE ナイン
ショーロック・ホームズ
日本アカデミー賞
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々
サロゲート
バレンタインデー
インビクタス/負けざる者たち
2009年の総括
イントロダクション
CINEMA Oh! PLEASE Top
監督:ゲイリー・マーシャル  
製作:マイク・カーツ/ウェイン・ライス 製作年:2010年
脚本:キャサリン・ファゲイト/アビー・コーン/マーク・シルヴァースタイン 上映時間:2時間5分
音楽:ジョン・デブニー / 撮影:チャールズ・ミンスキー  
一年にたった一度、この星が愛の言葉できらめく日がある!
【イントロ】

肩のこらない上質の恋愛群像劇は気持ちをほっこりさせる。いろんなカップルが織り成す恋愛にはそれぞれの形があり、愛情表現も様々である。愛をメインに生きていけるほど日本の現状は甘くないが、2時間5分の恋愛マジックに身を任せるのもなかなかいいものだ。

「プリティ・ウーマン」の監督とハリウッドを代表する名優たちが、恋愛ドラマの傑作を創り上げた。多くの登場人物が上手く絡み合い、素敵なエンディングへと展開していく。

舞台はバレンタインデーに色めき立つロサンゼルス。軽い恋愛ドラマには最適の地である。バレンタインデーの1日をシャーリー・マクレーンやキャシー・ベイツにジュリア・ロバーツ、アシュトン・カッチャーやジェシカ・アルバといった、ベテランから若手までの豪華なキャストが、各々のエピソードを演じている。愛について深く考えるという作品ではないけれど、どこか微笑ましく、暖かい気持ちになれる1本だ。

【ストーリー】

今年も2月14日がやって来た。ロサンゼルスの街でも24時間の間に人生を変える数々のラブストーリーが始まった。

花屋のオーナーのリードは、ベッドの上でひじょうに緊張していた。それもそのはず、一緒に暮らす恋人のモーリーに、朝一番でプロポーズすると決めていたのだ。

目覚めた彼女は、笑顔で彼から差し出された婚約指輪を笑顔で受け取る…素敵なバレンタインデーのスタートだ。そう最初は良かった…

小学校教師のジュリアは、ベッドの中ですねていた。この特別な日に、恋人の医師ハリソンが、出張でサンフランシスコへ行ってしまう…プロポーズが上手くいった幼い頃からの親友のリードから、内緒で彼を追いかけろ!とたきつけられ、サンフランシスコ行きを決心するジュリア。しかし、そのリードが慌てふためき空港まで彼女を引き止めに来た…

リズはベッドの上で初めて一夜を共にしたジェーソンの寝起きの顔をポラロイドカメラで撮っていた。

二人は同じ会社の受付係と郵便係…素敵な夜だったと言いながら、時計を見たリズは急に逃げだすように帰ってしまう。それでもジェーソンは、リズをバレンタインディナーに誘うが、デートの最中に席をはずした彼女の携帯電話での会話を聞いてしまう。その内容に驚愕するジェーソン…

エステルは夫のエドガーがベッドに運んでくれたバラの香りで目覚める。出逢って50年以上の二人は、今でも深くお互いを愛している。しかし、エステルは突然、何年も隠し続けた“驚きの真実”を告白する…呆然とするエドガー…

ロサンゼルス行きの飛行機の中で目を覚ましたホールデンは、カーテンを閉めようとして隣の席の軍服を着た女性ケイトを起こしてしまう。

ホールデンは洗練された物腰が魅力的な30代のイケメン。ケイトは11ヶ月ぶりに一晩だけ、LAでの滞在許可が出た軍人。会話を交わすうちに惹かれ合う二人だが、共に目的地には意外な人が待っていた…。

素敵なバレンタインデーに苦い想いをしている男女がいる…有名アメフト選手のパブリシストのカーラと、スポーツキャスターのケルビンだ。カーラは毎年開く“バレンタインデーなんか大嫌い!パーティ”の参加者が、今年はまだゼロだと焦る。

ケルビンはスポーツの仕事を干され、朝からバレンタインがらみの取材ばかり…

電撃引退の噂がある有名アメフト選手を取材したいという思いでカーラに接触するケルビンだが、徐々に心を動かされていく。

そして、心ときめく女性に花を贈ろうとするおませな子供や熱々の学生カップルのドタバタ劇などがストーリーに花を添える。

いくつもの恋の行方や愛の顛末の…。恋の数だけ息が苦しくなるほどの切ない結末が待っている。24時間限定のセンチメンタルでロマンチックなラブストーリー…。一番大事な人が誰かがわかる、一年にたった一度の特別な日“バレンタインデー”。

【インプレッション】
この映画は絶対に男が一人で観てはいけない。素敵なパートナーと一緒に観るべき映画である。一人で観るのは、ある意味拷問に等しい苦行である…と、アドバイスしておきたい。

けっこう有名な俳優さんが大勢出演しているが、あまり俳優さんに詳しくない方や外国人は皆同じに見えるという人には、誰が誰だか一瞬戸惑うかもしれない。

監督の好みかどうかは定かではないが、何となくジュリア・ロバーツの雰囲気に似通った女優を揃えているような気がしてならない。「プリティウーマン」で共演しているから、きっとお気に入りなのだろう(何の根拠もないから説得力はないが…また、監督がキャスティングしているとは限らない…)。

「プリティウーマン」絡みのネタはけっこう登場するので、「プリティウーマン」のDVDをチェックしておくのもいいかも…どんなシーンなのかはネタバレになるので「お楽しみに…」というだけでサラッと流しておく。ただ、映画のエンドマークとともに席を立ってしまう方はご注意!エンドロール中にお楽しみシーンがあるので、退席は場内が明るくなってからにしましょう。ジュリア・ロバーツの台詞に思わずクスッとなるはず。

日本のバレンタインはチョコレート業界の努力のおかげ?で、本命チョコ、義理チョコなど世の男子は一喜一憂の1日だが、この映画でのアメリカのバレンタインデーは少々日本と趣が違う…チョコレート業界よりは花屋業界の方が力関係に勝っているようである。誰もが花を贈る…花屋さんにとっては一番の稼ぎ時。正月の神社か!

女性から愛を打ち明ける日…なんて、日本だけかも。男女の関係なく愛の台詞が飛び交う日、それが本当のバレンタインデー…何となくお勉強になりました。

7年ほど前に公開された「ラブ・アクチュアリー」を彷彿させる豪華キャストの恋愛群像劇だけに、誰が主役で誰が助演かなんて関係なく、各々が存在感を発揮する。

短編エピソードの寄せ集めという感覚でなく、登場人物同士が見事に絡み合い、1つの恋愛ドラマとして完成されている素晴らしい作品である。ただ、監督の贔屓目かどうかは分からないが、ジュリア・ロバーツに一番美味しいところを用意している(ような気がする…ちょっと考えすぎかな)。

ただ、最高の役者はリードとモーリーが暮らしている部屋で同居するワンちゃん…という意見もある。ま、動物と子供にはどんな名優も太刀打ちできない…まさにこの演出は王道である。

様々なエピソードの中で、個人的にはアメフト選手の衝撃的な引退スピーチと最後に彼のもとに訪れるサプライズにいかにもアメリカらしいユーモアを感じる。結末の予想がつくエピソードあり、意外性あるエピソードありと恋愛てんこ盛りムービーだが、観終わった後は心が和むこと間違いなし!

余談ながら、「バレンタインデー」続編の企画が進行中との噂あり。今度の舞台は大みそか…脚本を担当したキャサリン・ファゲイトが、すでに続編企画のドラフトを完成させたとのこと。

続編では、映画の舞台を2月14日のバレンタインデーから12月31日の大みそかに移して、再びアンサンブルラブストーリーを展開させる予定。タイトルも大みそかを意味する「ニュー・イヤーズ・イブ」となり、「バレンタインデー」でメガホンを取ったゲイリー・マーシャルを再び監督として起用しようとしている。もちろん、「バレンタインデー」に登場した男女のキャラクターたちを、引き続き続編で描いていく予定…

 
キャスト  
モーリー・クラークソン:ジェシカ・アルバ アレックス・ジョンズ:カーター・ジェンキンス
クピド:キャシー・ベイツ ジェイク・パトリック:ジョー・ジョナス
カーラ・モナハン:ジェシカ・ビール リード・ベネット:アシュトン・カッチャー
ホールデン・ブリストー:ブラッドレイ・クーパー タイラー・ハリントン:テイラー・ロートナー
ショーン・ジャクソン:エリック・デイン エステル・パディントン:シャーリー・マクレーン
ハリソン・コープランド:パトリック・デンプシー マディソン・ハリントン:ブルックリン・プルー
エドガー・パディントン:ヘクター・エリゾンド ポーラ:クイーン・ラティファ
ケルヴィン・ブリッグス:ジェイミー・フォックス グレース・スマート:エマ・ロバーツ
ジュリア・フィッツパトリック:ジェニファー・ガーナー ケイト・ブリストー:ジュリア・ロバーツ
ジェイソン・モリス:トファー・グレイス チャーリー・スマート:ブライス・ロビンソン
リズ・コリン:アン・ハサウェイ アルフォンソ:ジョージ・ロペス
サマンサ・ケニー:テイラー・スウィフト  
<< Back Next >>
 
 
ホーム