2013年度鑑賞作品
ゼロ・グラビティ/Gravity
 
2013年度インデックス
2012年度のバックナンバー
2011年度のバックナンバー
2010年度のバックナンバー
Gravity
これまでの3D作品をはるかにしのぐ「宇宙に飲み込まれる」驚異の3D映像体験。
魂を鷲掴みにされ、全身が興奮する。 まさに今年必見の1本。

いろんな意味で凄い映画が公開された。何年かに1度は誰もが認めざるを得ない印象的で革新的な映画が現れるものだ。近年では、ヒーロー映画の概念をぶち壊した傑作「ダークナイト」が思い出されるが、3D映画革命の発端となった「アバター」もまたそんな映画の1つである。

そして、2013年12月、新たなる伝説とも言える作品が登場、この作品は誰もが大きな劇場で鑑賞し、後世に語り継がねばならない。それが「ゼロ・グラビティ」だ。

ゼロ・グラビティ

宇宙空間に放り出されてしまった宇宙飛行士の生還劇をテーマに扱った作品は、考えただけでも息苦しくなるようなシチュエーション。第70回ベネチア国際映画祭のオープニング上映、続く第38回トロント国際映画祭での特別上映で、世界各国から集まった多くのメディアと批評家たちから称賛を浴び、実際に宇宙で撮影されたかのようなリアリティ溢れる史上最高の映像体験に世界中が熱狂。

ただ、この作品はハリウッドでヒットする法則やすべてのルールを破っている点がユニーク。まず、登場人物が2名しかいない(厳密には数名いるのだが…)。それに彼らが40代から50代であるということ。

また、1時間くらいは画面に1人しか登場しない。それに、一応アクション映画の部類なのに女性が主人公で、ほとんど彼女の顔はバイザーの奥になっていて顔がはっきりと見えないし、マイクを通した声は圧迫されたものになっている。不気味なエイリアンだって登場しない。

ほとんど彼女の顔はバイザーの奥になっていて顔がはっきりと見えない

そして、恋愛が描かれるわけでも、親子の葛藤が描かれているわけでもない。政治の駆け引きや銃撃戦も登場しなければ、アメリカンドリームも描かれてない。つまり、絶対にヒットするという要素がこの作品にはことごとく欠落している。

描かれているのは、宇宙空間という絶望的状況におかれた主人公が、折れかかっている心を奮い立たせ、「必ず地球に生還する」と決意し、困難に立ち向かっていく勇気や尊さである。

「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロン監督が、息子と共同で脚本を執筆、「逆境」をテーマに、1人の人間がとても厳しい逆境に立たされ、そこから自分が生まれ変われるというアイデアから誕生したストーリーだという。ある意味、この作品は個人的な物語だとも言える。そして、「生きる」ことを選択する主人公は、過去に生きるのではなく、また、未来に生きるのでもない。まさに、今という瞬間を生きるために努力する。

まさに、今という瞬間を生きるために努力する

宇宙空間で突発的な事故に遭遇し、「無重力(ゼロ・グラビティ)」空間に放り出されたサンドラ・ブロック演じるメディカル・エンジニアのライアン・ストーン博士とジョージ・クルーニー扮するベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキーが地球との交信手段も絶たれ、酸素残量が2時間になってしまった状態から生還を試みる姿が描かれる。

地上60万メートルのスペースシャトルの船外は音も光もない宇宙空間。そんな空間で通信システムの修復をしていた2人にヒューストンから作業中止の緊急連絡が入る。人工衛星が爆発し、その欠片が無数の「宇宙ゴミ(デブリ)」になって猛スピードで迫っているという。

そして、船内に戻る間もなく「デブリ」の襲来でシャトルにつながるロープが切れ、遠くに飛ばされたライアン・ストーン博士に宇宙服に内蔵されたスピーカーからマットの声が響く、「ライトをつけろ、助けに行く」。

地上60万メートルのスペースシャトルの船外は音も光もない宇宙空間
地上60万メートルのスペースシャトルの船外は音も光もない宇宙空間
そんな空間で通信システムの修復をしていた2人
船内に戻る間もなく「デブリ」の襲来でシャトルにつながるロープが切れ、遠くに飛ばされたライアン・ストーン博士 船内に戻る間もなく「デブリ」の襲来でシャトルにつながるロープが切れ、遠くに飛ばされたライアン・ストーン博士

アルフォンソ・キュアロン監督特有の「ロングテイク(長回し)」が究極の形で効果を発揮する、オープニングから17分にも及ぶ臨場感溢れる映像。最新技術を駆使した3D映像は、無重力の世界を圧倒的な美しさの映像は、観客を魅了し、宇宙空間を疑似体験させてくれる。

「アバター」の登場以来、多くのデジタル3D映画が登場したが、映画ファンを心底納得させ、驚かせる映画ばかりだったとはいい難いのが現状。多くの映画評論家は、2009年のジェームズ・キャメロン監督の「アバター」と2011年のマーティン・スコセッシ監督の「ヒューゴの不思議な発明」の2作は3D表現の開拓に「意味のある」作品であり、今回の「ゼロ・グラビティ」はこの2作に続くものだという評価が多い。

無重力の世界を圧倒的な美しさの映像は、観客を魅了し、宇宙空間を疑似体験させてくれる。

宇宙空間の奥行き、周回軌道から見た地球の大きさと遠さといった空間のリアリティを表現することに特に細心の注意が払われており、確かに3Dの映像表現としてエポックメイキングな作品であることは間違いない。しっかりとした立体感、実在感が感じられ、それでいて快適であり、3Dそのものに物語性が持たされている。また、3D酔いの少ない理想的な映像である。そして、3D作品を目的に制作された作品ではなく、映像表現の1つの手段として3Dを上手く活用しているところがひじょうに素晴らしい。

宇宙空間の奥行き、周回軌道から見た地球の大きさと遠さといった空間のリアリティを表現することに特に細心の注意が払われており、確かに3Dの映像表現としてエポックメイキングな作品であることは間違いない

「アバター」が本格的な3D映画時代の幕開けになったのは、勿論、空中を浮遊する島という独特の世界観を表現したからで、その「アバター」の冒頭では、無重力状態の中で浮遊する1つの水滴で「3Dの世界」への幕が開かれた。この水滴は、「ゼロ・グラビティ」でもある重要な意味合いを持つ「水滴の浮遊」が表現されており、「3Dによる水滴の浮遊」という映像表現に別の意味が与えられるのに実に4年かかっている。

この4年間に芸術という意味での映像表現として3Dは、「アバター」の浮かぶ島、「ヒューゴの不思議な発明」における少年の孤独感、そして、今回の「ゼロ・グラビティ」における宇宙空間の表現と地球からの「隔絶感」くらいかも知れない。ただ、アニメの中では、「トイ・ストリー3」での「オモチャのキャラクター」を3D化した表現で、リアルな空間以上の超現実性が描かれている。

「ゼロ・グラビティ」における宇宙空間の表現
無重力状態の中で浮遊

今回、アルフォンソ・キュアロンと共に3D映像の演出・ディレクションを担当したのはロンドンに本拠地を構える「3Vision」という会社。全員が3D映像の専門家で、中には20年もの間「IMAX」の制作に関わっていたエンジニアもおり、3Dの効果的な部分と問題点をきちんと把握している集団。「ゼロ・グラビティ」の制作が始まったごく初期の段階から、3D専門のエンジニアが集まるプロダクションと協業したことが3D作品としての質を高めたという。キュアロン監督はこの作品を「3D公開前提」で企画し、このため、まだ映画の設定やストーリーラインなどがまったく決まっていないところから3Dの専門家に相談し、あらゆるクリエイティブを進めた。

キュアロン監督とスタッフたちは、まだ誰も観たことがない映像世界をスクリーンに出現させるために徹底的に研究を重ね、見事に仕上がった「ゼロ・グラビティ」の3D映像は、3Dメガネをかけた観客がまるで宇宙を浮遊しているような映像を作り出すことに成功した。

宇宙を浮遊しているような映像を作り出すことに成功

ちなみに、この作品を2Dで観ても、その価値の20%ほどしか体感できないという。また、「ゼロ・グラビティ」は一般的な劇場向けと「IMAX」では、異なる視差に調整されたマスターが提供されているようだ。ジェームズ・キャメロン監督は「アバター」を公開する際、17種類の異なる視差を持つマスターを制作したというが、「ゼロ・グラビティ」でも2つの視差バージョンを用意。「IMAX」版は別版とは異なるものになっているとのことだけに、その差を見比べてみたいものだ。

ストーリーはいたってシンプルなだけに、重要になってくるのが映像と俳優の表現力である。人気と実力を兼ね備えたジョージ・クルーニーとサンドラ・ブロックの2人が、宇宙服着用のため顔の一部でしか表現できない中で、絶望や希望を見事に観客に伝えている。

宇宙服着用のため顔の一部でしか表現できない中で、絶望や希望を見事に観客に伝えている

主人公のライアン・ストーン博士は、辛い過去を抱え、強い喪失感を持ったまま生きている人物。そんな中、漆黒の宇宙空間で絶体絶命の状況に陥り生死をかけた絶対的危機状況で、彼女は生き延びることを選択できるのか…。マットの精神力やライアンの辛い過去を織り交ぜた会話劇としても見応え十分な仕上がりだ。そして、諦念の思いに苛まされたライアンが次第に生きる意欲を取り戻すプロセスは崇高ですらある。

諦念の思いに苛まされたライアンが次第に生きる意欲を取り戻すプロセスは崇高ですらある

この物語は単なるサバイバル劇ではなく、1人の女性の内なる葛藤を描いた作品でもあり、その意味で、ラストのシーンは幾重にも暗喩的で圧巻だ。

また、何と言っても無重力空間を精密に再現した映像の素晴らしさ。劇中では無重力での浮遊シーンはもちろん、ライアン博士が宇宙空間に投げ出されて、クルクルと回転して彷徨うシーンなど、宇宙を「体感」しているかのような臨場感あふれる映像は秀逸。映画の多くの部分を占める宇宙空間の映像は、まるで「宇宙」でロケしたかのような臨場感を醸し出す。

無重力空間を精密に再現した映像の素晴らしさ
無重力空間を精密に再現した映像の素晴らしさ

そして、宇宙空間での光を完全に再現するために使用されたのが、撮影監督と特殊効果チームが開発した「ライトボックス」と名付けた高さ6m×幅3mの箱型壁面に4096個のLEDライトを取り付けた特殊装置。これは、地球の反射、太陽、恒星など、あらゆる角度からの光源を生み出せるという代物。

無重力状態に浮遊する人間を表現するために、俳優を吊るす12本のワイヤー装置も開発された。高速で動く操り人形のような仕組みになっており、それをさまざまな角度から撮影できるようにロボットアームに応用した小型カメラで撮影することで縦横無尽な動きが実現した。

さらに驚くのが、劇中のスペースシャトル。国際宇宙ステーションの外観・内部をほぼCGで作ったバーチャルセットのディテール。船内外作業用の小道具からボトル1本にいたるまで、NASAからの提供資料をもとに完全再現した。金属の腐敗具合まで細部にわたってこだわった他、宇宙服もCGだというから驚きだ。

国際宇宙ステーションの外観・内部をほぼCGで作ったバーチャルセットのディテール

息つく暇もないスリリングな展開と映像で描かれた「ゼロ・グラビティ」。今まで何度か3D映画を鑑賞したが、悔しい事に、3Dで襲いかかる「スペースデブリ」を思わず避けた経験は初めてのこと。ホント良く出来た3D映像である。「ゼロ・グラビティ」は、絶対に大きな劇場で3D作品を鑑賞することをおススメする。

絶対に大きな劇場で3D作品を鑑賞することをおススメする

それにしても宇宙空間とは、いかにシビアで怖い環境だろう。「無重力空間」には人工衛星やロケットの部品など沢山の「スペースデブリ」が漂っており、ネジ1本でも、それがもの凄い速さで周回し、衝突すれば命取りになることは間違いない。そんな「スペースデブリ」が抱える問題の深刻さについても考えさせられる作品である。映画好きなら見逃し厳禁の傑作だ。

pagetop
<< Back Next >>
 
ホーム