diary_top

「なんでやねん」と思うこと、「ホ〜」と感心することなど、ジジイの本音を書き綴るテキト〜な日記。

  INDEX 6月11日〜
  2017 Jun. 10  
 

 

コンビニで弁当を買って、その後、スーパーでもお買い物。カートの後ろにコンビニのビニール袋を吊るし、意気揚々と売り場をめぐる。レジでは、昨年の夏以来の1000円ジャスト。何となく気持ちイイものである。

帰宅し、4時間くらい経過した頃に食事をしようと思い、そこでハタと気付く。カートに吊るした弁当を忘れたことに…。さて、今からスーパーに戻っても弁当は残っているのだろうかと、しばし思案する。ま、ダメもとでスーパーに行ってみる。結果、冷蔵庫に保管してくれていたことに感激。1000円ジャストのレシートが幸運をもたらしてくれたのだろうか。小さな幸福を噛みしめながら弁当を食べました。

 

  2017 Jun. 9  
 

 

いつもタバコを買っている近所のコンビニ。レジに行けば、黙っていつものタバコを用意してくれている店員の若い男の子。何かカッコいい。感謝してます。いつか差し入れでもしてあげようと思ってます。

 

  2017 Jun. 8  
 

 

反町隆史が出演しているハウス「ジャワカレー」の新CMがなかなか爽やかでチョイと印象的。ジャワカレーのCMと言えば、毎回本物の夫婦が一緒に出演していることで話題になった。ちなみに、歴代のジャワカレーCMでは、千葉真一夫妻、岩城滉一夫妻、江口洋介夫妻となかなか豪華。

で、今回も一瞬、松嶋菜々子との夫婦共演かなと思ったが、実は紺野まひるという、個人的に好きな元宝塚出身の女優さん。しかし、ステキな夫婦に見えるCMに仕上がっており、思わずカレーが食べたくなってしまう。

ちなみに、遠藤憲一がシェフに扮し「ありえない」と呟くCMの「プロクオリティビーフカレー」も気になっており、夏場のカレー戦略の術中に見事にはまっているワタシである。

 

 
  2017 Jun. 7  
 

 

テレビ番組の中で料理リポートする芸人の「うっまぁ〜」と叫ぶ過剰なリアクションがウザく、嘘っぽい。体調によっては嫌悪感さえ感じてしまう。

一般庶民に比べ、曲り形にも芸能人なら美味しいものを食べる機会も多いはず。多少の偏見かも知れないが、美味しいものを食べていない芸能人なんて「食リポ」するに値なし。それを、さも初めて食べるような顔で「うっまぁ〜」。制作側の演出かも知れないが、どう見ても普通の食べ物にオーバーに感動する姿には滑稽を通り越して哀れにすら思える。

また、高級店での派手なリアクションは店側にも失礼。そんな店には安っぽい芸人をリポーターにしてはいけない。美味しさを表現しながら、店の品位を落としている。そんな大声を出さなくても、料理の美味しさを十分に伝えるスキルを磨くべきである。

 

 
  2017 Jun. 6  
 

 

関西電力が提供するガス。そして、大阪ガスが提供する電力。どちらもセットでお得という。詳しく調べれば、どちらが得なのかは分かるのかも知れないが、面倒臭いなので結局何もしない。で、そのままの状態をキープ。

賢く暮らすといことは、常に勉強しなければいけないなぁ〜と感じる今日この頃である。

 

 
  2017 Jun. 5  
 

 

独りでテレビを見ていると、けっこう画面に向かってツッコミを入れている。ただ、コーセー化粧品のCMの最後にアナウンスされる「KOSE」のフレーズの後に必ず「あ〜せ〜」と口ずさんでいる自分がチョッと恥ずかしい。

 

 
  2017 Jun. 4  
 

 

週末の近所のスーパーは活発な子供連れ(こ汚いうるさいガキどもを連れたバカっぽい夫婦)が多く、ひじょうに賑やかな空間になる(ただただウルサイ)。大きな声を立てながら(ギャーギャー騒ぎながら)元気に駆け回る(そこらかしこを我が物顔で走りまわる)お子さんの姿(ガキども)が微笑ましい(ウザい)。そんな子供たちをにこやかに眺める親たちの笑顔(チョッとは注意しろよ!バカ親よ)。そんな環境での買い物は楽しいものである(あ〜週末のスーパーはやっかいだ)。

心の声でした。

 

 


2017 Jun. 3  
 

 

1日、小池都知事が自民党に離党届を提出、その後、地域政党都民ファーストの会の代表に就任。自民党の下村都連会長は「決められない政治家」と強く批判。でも、私のような素人から見れば、決められないのは自民党も同じのような気がする。お偉い先生の個人攻撃は何となく見苦しいし、品がない。もっとスマートにできないものだろうか。

そんな話題を扱う芸人がMCの情報番組も、これまた品がない。まともな話題に、変なボケやドヤ顔のツッコミは必要なし。笑いを取りたい気持ちは理解できるが、あざとさが鼻につく。ま、そんな番組を見なければいいというのが正解なんだろうが…。

 

 
  2017 Jun. 2  
 

 

トランプ大統領がまたやらかした。地球温暖化対策の国際的な取り決めであるパリ協定から離脱表明。ただ、アメリカが正式に離脱できるのは早くても2020年11月4日。これは次回大統領選の翌日に当たる。その間に、方針転換の余地が生じるとともに、次の大統領選挙の争点とされる可能性もあるとのこと。

いずれにしても、次から次へと話題を提供してくれる大統領である。個人的には、先日、手をつなごうとしたトランプに「何すんねん」ってな感じでパシッと振り払ったメラニア夫人に拍手したものだ。

トランプが任期を全うできるかどうかは定かではないが、今後もいろんな話題やトラブルで世間がザワザワすることは間違いなさそうだ。アメリカ歴代大統領の中で、ある意味、一番記憶に残る大統領になる可能性が大きいかも…。

 

 
  2017 Jun. 1  
 

 

還暦を過ぎると、人は肉体的にも精神的にも大きく変化する。チョッと寂しいけれどいろんな箇所に老化を感じるものである。同年代の友人との会話は、ほとんどが身体の悪いところ自慢という具合。

昔は歳と共に人は「まろやか」になると思っていたが、実際に自分が年老いてくると、納得する部分とそうでない部分に気付く。まさに好々爺の自分とトガッた自分が同居するってな感じである。

特にテレビなど見ていると、けっこう「過激」なツッコミをしている自分に驚くことがある。毒のある独り言は、昔からのポリシーである「上品なオトコであるべし」に反する行為のような気がして、我ながら少々恥ずかしい。また、一人暮らしの独り言は何となく侘しいものである。それならば文字にしようと思い立ち、この不定期な日記をスタート。心の闇というか、「毒」を吐き出すことは健康にもきっとイイものだと、勝手に解釈。

 

 
 
  INDEX 6月11日〜
pagetop
ptofile  

Team LENS 代表 Toshihito Ohuchi

チョッとプロフィール画像をズルしている。こんなオトコを目指しているってことでご勘弁。両親、兄弟、嫁、子供なしの気楽な独り者。ただ、老後が少々心配なジジイでもある。せめて心の健全を保つため、いろんな「毒」を吐き出し、スッキリしたいなぁ〜と思う今日この頃。