diary_top

「なんでやねん」と思うこと、「ホ〜」と感心することなど、ジジイの本音を書き綴るテキト〜な日記。

8月21日〜 INDEX 9月11日〜
  2017 Sep. 10  
 

 

先日観測された太陽表面で起きた最大級の爆発現象「太陽フレア」。地球への磁気嵐の影響が懸念されていた中、メキシコ南部でM8.1、秋田では震度5強の地震が発生。フレアによって発生した電磁波や粒子などを含んだ太陽風が地球の磁場に到達し、プレートを刺激したことが地震の引き金になったと考えられるとのこと。

また、都内のマンションの14階までスズメバチが飛んでくる現象が確認。イルカやクジラの集団座礁も電磁波で脳に異変が起きた結果の判断ミスといわれる。他の動物にも異常行動が起きるから、人間の脳や体にも何らかの影響が起きても不思議はない。

カーナビやスマホのGPSで大きな誤差が生じたり、通信障害が起こるなど、市民生活にも影響が出るかもしれない。しかし、何といっても深刻なのは北朝鮮問題。北朝鮮がミサイルを発射して初期誤作動が起きて爆発すれば、燃える飛翔体が日本列島を直撃する可能性も考えられ、そして、迎撃するPAC3の精度が狂えば、目標物を捉えられず大惨事となる。

天災やシステム障害、果てはミサイルまで、「太陽フレア」がもたらす影響は計り知れない。まったく自然の力は凄いものである。

 

  2017 Sep. 9  
 

 

先日、「Touch the Heartstrings」に掲載した、日本初上陸のロサンゼルス発のフレグランスブランド「Regime des Fleurs/レジーム・デ・フルール」の10万円以上するフレグランスが一体どんな香りがするのか興味があり、梅田の「エストネーション」大阪店に出向いてみる。しかし、スタッフの女性に尋ねると、大阪・神戸には現物はなく、東京だけの展開らしい。チョイと残念である。

ついでに、いつもお気に入りの香りのサンプルをシューさせてもらっている阪急梅田本店の「TOM FORD BEAUTY」で、発売されたばかりのメンズフレグランスの香りをチェック。香りはイマイチ好みではなかったが、対応してくれたスタッフが超美形。思わず「100%日本人?」と失礼な質問を浴びせかける。

昔はこんな図々しい子ではなかったのだが、歳を取ると人間は変化するようだ。結局、「福岡出身」ということが判明。今度会える日が楽しみである。チョッと幸せな時間だったが、帰宅してから「そうだ、写真を撮らせてもらえばよかった!」と、少し後悔。まったくジジイである。

 

  2017 Sep. 8  
 

 

民進党の山尾志桜里元政調会長は、既婚の男性弁護士との「不倫」疑惑が週刊文春で報じられたことを受け、結局離党届を提出。

会見では「男女の関係はない」が「誤解を生じさせる行動でさまざまな方々に迷惑をかけ、深く反省し、お詫びする」と陳謝。しかし、記者からの質問は受け付けず、一方的に会見を打ち切った。「一線を越えていない」の次は「男女の関係はない」ってフレーズが独り歩きしそうな雰囲気である。

関係があろうがなかろうが、失礼ながら山尾議員の容姿が何となく熟女AV女優を彷彿させるだけに、報道が生々しいと感じてしまうのは致し方ないところ。

北朝鮮問題で世界がザワついている今日この頃、女性議員の下半身問題がこれだけ話題になる日本という国は、幸せなのか、能天気なのか、何だかなぁ〜ってな感じである。

 

  2017 Sep. 7  
 

 

神戸市議会の橋本健元市議が、政務活動費の架空請求に関し、2010〜14年度に8回計約715万円を不正に受け取ったことを認めた。これにより、地検は疑惑について捜査を開始した。

事務所の家賃や東京での勉強会などの政治活動費に充て、また、領収書作成の謝礼として神戸市内の業者に10万円を複数回計80万円を渡したと主張。ただし、業者は議会側の調査に受け取りを否定している。

ま、どちらかが嘘ってことになる。

全額を9月中に返金する意向を示しているというが、もちろんそれでチャンチャンってな訳にはいかない。彼の罪とは別に、これまでの議会に蔓延る悪しき慣習にどこまでメスが入るかが問題。徹底的に捜査してほしいものだ。

 

  2017 Sep. 6  
 

 

民進党の前原誠司代表は、内定していた山尾志桜里の幹事長起用案を撤回し、大島敦を任命する人事案を両院議員総会で提案し、承認された。内定した中核ポストの撤回は異例で、山尾志桜里の要職への起用も見送られた。

これは、山尾議員の私生活をめぐる問題が影響しているという。文春砲が既婚男性との不倫疑惑の真偽についての取材している最中とのことだが、山尾議員本人も不倫相手の男性も疑惑を全面否定しており、真意のほどは定かではない。

民進党期待のマドンナ議員だけに集中砲火を浴びて困るポジションには任命しづらいのも事実。ただ、業界内では去年から分かってた話のようで、問題を放置してきた岡田克也や蓮舫の責任は大きいとの声も上がっている。

議員さんの不倫問題はまだまだ続くようである。

 

  2017 Sep. 5  
 

 

EXILEのTAKAHIROとの電撃結婚を発表した女優の武井咲。めでたい話だが、出演中のCMなどから降板し、違約金を支払う可能性があると報じられる始末。撮影スケジュールや脚本の変更などで、10億円規模の違約金や賠償金が生じる可能性があるという。

これに対し、ネットは炎上。「結婚・妊娠で違約金が生じるような契約って有効なのか?これは完全に人権侵害」「事務所に違約金払わせるのは、女性は結婚・妊娠したら価値が下がると考えてる企業であり、女性に鎖をつける企業の商品を買いたいとは思わない」というバッシングにも発展。

ある弁護士は、イメージ商売とはいえ、結婚や妊娠で生じる違約金って何?結婚や妊娠って一般的にイメージが下がるものなの?そうだとしたら、それはそんな社会の方が間違ってるんじゃないと、疑問を呈する。

違約金の話自体、そんな記事を書いたライターの妬みや嫉みの類じゃないかと推測する。もっと素直に美男美女の結婚を祝福してあげる余裕ってものがないのだろうか。何でもかんでもネガティブなネタがウケる社会と思っていれば、それは大きな勘違いである。

 

  2017 Sep. 4  
 

 

関西地区では日曜に深夜に「関ジャニ」の音楽バラエティ番組を放映している。個人的にけっこう好きな番組の1つであり、毎回、多彩なゲストを迎え、音楽に関するいろんなコンテンツを提供している。

昨夜は石川さゆりがゲストで登場。番組中に即興で歌った「ウイスキーが、お好きでしょ」に聞き惚れる。歌詞の世界観の解釈により表現力が変化するという見事な歌唱力に感動。

この曲は「サントリークレスト12年」のCMソングとして企画制作され、1990年に発表された。曲調が演歌ではないため、CM画面上のクレジット表記は「Song by SAYURI」とされ、後にシングルとしてリリースする際も石川さゆりではなく「SAYURI」名義でリリース。

また、2007年から小雪出演のサントリー角瓶のCMソングとしてリバイバル使用。以降、現在までCMソングとして一貫して使用され、ゴスペラーズ、竹内まりやなど、多くのアーチストがカバーする名曲。

深夜にこの曲を「YouTube」で聴くと、けっこうグッとくるものがある。ボクの思い出の1曲である。

 

  2017 Sep. 3  
 

 

世界に1台しかないフェラーリが約40年ぶりに日本の納屋で発見された。これは1969〜73年の間、1200台以上生産された2人乗りのグランドツーリングカー「365GTB/4」で、通称「デイトナ」と呼ばれるクルマ。

フェラーリは、デイトナ24時間耐久レース出場に向けて軽量合金バージョンを5台生産し、このうち公道走行用の車は今回発見された1台だけ。同車の車体番号は12653で、車体全体にアルミを使用しており、1950年代から自前の工場でフェラーリの車体組み立てを担当してきた著名デザイナーのセルジオ・スカリエッティが手掛けたもの。

1971年に日本の販売店に輸出され、日本の車雑誌「カーグラフィック」の72年1月号で取り上げられた。何人か持ち主が変わった後、80年ごろに最後の所有者の納屋に収まったという。

フェラーリの工場で今月の9日にフェラーリ史上最大規模のオークションが実施され、発見された状態のまま修復を施さずに出品されるようだ。ちなみに、競売元の「RMサザビーズ」によれば、170万ユーロ(約2億2000万円)の落札額を見込んでいる。さぁ、果たして幾らの値が付くか…楽しみである。

 

  2017 Sep. 2  
 

 

世界的なトランペッターの日野皓正がドラム演奏していた男子中学生に往復ビンタをした問題。

メディアは大きく取り扱った。

賛否両論あれど、概ね暴力はダメという風潮。ある女性世田谷区議は、今は時代が違う、教育現場では体罰は禁止であり、暴力はもってのほかで、暴力は犯罪と切り捨てる。「愛のムチ、愛の指導」という、「暴力」が正当化されるような発言には教育を語る資格なしと手厳しい。

一方、ビンタをくらった中学生の父親は、ジャズを理解している人からすればうちの子が悪い。私はそう思っていると、ある意味、日野を擁護する発言。そして、中学生も自分が悪いと納得しており、今回の件で「ドリバン」が無くなる事態に絶対になってほしくない」とオトナの対応。日野の特訓をまた受けたいとも言っているようだ。

「正義」を武器に、何が何でも「暴力反対」といきり立つオトナによって、この件が大きな問題にならないことを願っている。

 

  2017 Sep. 1  
 

 

今日負けるとワールドカップロシア大会出場がチョイとヤバい状況になるサッカー日本代表。そのアジア最終予選で今までW杯予選で勝利したことのないオーストラリア代表に2-0で勝利。

9試合を終えて6勝2分け1敗の勝ち点20となり、1試合を残して勝ち点16のサウジアラビアとオーストラリアを上回り、B組の首位で通過することが確定。予選初戦に敗退したチームの出場確立0%のジンクスを見事打ち破った。

乙女のハートを持つボクとしては、この手の試合をリアルタイムで見るにはドキドキするので、結果しか見ない場合が多い。ただ、昨夜は裏番組にどうしても見たいという番組がなかったもので、何となく日本代表の頑張りを見てしまった。やはり、勝利するとリアルタイムで見た価値があるってもんだ。感動も後で知るよりチョッと大きい。

 

 
8月21日〜 INDEX 9月11日〜
pagetop
ptofile  

Team LENS 代表 Toshihito Ohuchi

チョッとプロフィール画像をズルしている。こんなオトコを目指しているってことでご勘弁。両親、兄弟、嫁、子供なしの気楽な独り者。ただ、老後が少々心配なジジイでもある。せめて心の健全を保つため、いろんな「毒」を吐き出し、スッキリしたいなぁ〜と思う今日この頃。