diary_top

「なんでやねん」と思うこと、「ホ〜」と感心することなど、ジジイの本音を書き綴るテキト〜な日記。

1月11日〜 INDEX 2月1日〜
  2018 Jan. 31  
 

 

東芝が経営合理化を理由に3月末で降板する国民的アニメ「サザエさん」の新スポンサーに、インターネット通販大手「アマゾンジャパン」やベビー用品専門店の「西松屋」チェーン、「大和ハウス工業」が決まったようだ。これは、入札が行われ、10社近くの参加企業から選定されたという。

「サザエさん」は日曜日の夜に家族が揃って楽しめる国民的人気番組で、いずれも提供企業に加わることでイメージアップなどの宣伝効果は大きい。

真っ先に名乗りを上げた美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長は、自身のツイッターなどを更新し、「奮闘努力のかいもなく大企業の皆さんに力負けした」などと敗戦の弁をつづり反響を呼んでいる。ま、これもチョイとは宣伝効果があったかもしれない。

 

  2018 Jan. 30  
 

 

最近、大きな被害を受けた芸能人といえば出川哲郎。昨年12月に始まった新CM「兄さん知らないんだ」編に出演。1人で双子の兄弟役を演じ、弟役が「じゃあ教えてよ!なんでビットコインはコインチェックがいいんだよ!」などとアピールしていた。

不正アクセスにより約580億円分の仮想通貨「NEM」が流出した仮想通貨取引所の運営大手コインチェック。公式サイトからは出川哲朗の画像と動画が削除されている。

ネット上では、「NEM」で大損をしたと思われるネットユーザーの矛先が出川に向き始めていることもあり、事務所は早急に画像・動画の削除を要請したという。

CMに起用している芸能人が何らかの不祥事で企業に迷惑をかけることは多々あるが、今回のケースだと、出演したことでタレントとしてのイメージダウンにつながってしまった出川の事務所が損害賠償を請求してもおかしくないケースといえる。出川にとってはガチで「ヤバイよヤバイよ」状況になってしまったかも知れない。

 

  2018 Jan. 29  
 

 

テニスの全豪オープン、車椅子の男子シングルス決勝では、死闘の末に国枝慎吾が3年ぶり9度目の優勝を果たした。グランドスラム大会では2015年の全米オープン以来のタイトル獲得となった。

そして、男子シングルス決勝では第2シードのフェデラーが2連覇達成と歴代最多タイの6度目の優勝を果たし、男子ではグランドスラム大会歴代最多優勝数を更新する20勝目となった。

混合ダブルス決勝では、クロアチアのパビッチ/カナダのダブロウスキ組が優勝。ちなみに、パビッチは前日の男子ダブルス決勝でも優勝し、24時間で2タイトルを奪取したことになる。

個人的には錦織の復活を願うばかりである。

 

  2018 Jan. 28  
 

 

最近の寒さを使い捨てのカイロで乗り切っている。背中にペタっと張るだけで、ホント温かい。

時々立ち寄るカフェでは、相変わらずオーダーもなしにアイスレモンティを持ってきてくれ有り難いのだが、そろそろ温かいレモンティが飲みたい…と思う今日この頃。

でもチョイと言い辛い…。

 

  2018 Jan. 27  
 

 

阪神梅田本店8階では、2001年に始まり今年で18回目となる全国各地から駅弁を集めた「阪神の有名駅弁とうまいもんまつり」が開催中。今年は全国各地から約260種類の駅弁が集められた。

昨日のランチは、会場で買った長崎本線長崎駅で販売されている鯨専門店「くらさき」の鯨カツと鯨しぐれ煮の弁当と、東北本線一ノ関駅の前沢牛ローストビーフ肉巻きにぎり寿司を会場内でがっつく。小学校時代の給食にたまに登場する鯨の竜田揚げが懐かしい世代にとっては、鯨は今でも憧れの食材である。

ディナーは、買って帰った山陽本線姫路駅で販売されている但馬牛かさね重を堪能。昨日は駅弁三昧の贅沢な1日であった。何となくシアワセ…。

 

  2018 Jan. 26  
 

 

最大相撲初場所は横綱の鶴竜が遠藤に金星を許して連敗したため2敗。栃ノ心は1敗をキープし、優勝争いで単独トップに立った。後半戦になって面白い展開となったが、場外ではまたまた相撲界に激震。

春日野部屋で起きた力士傷害事件が3年以上も公にならなかった事実が判明。2014年9月、当時10代の力士に兄弟子が暴行したというもので、被害者は全治1年6か月の大怪我を負い、味覚障害の後遺症を患ったという。確か、貴乃花親方の件ではチョイとエラそうなことをほざいていた春日野親方。ブーメラン攻撃に晒されることは必至。

暴行を受けた2日後に部屋から実家へ逃げ帰り、春日野親方が暴行の事実を知ったという。「もう辞めます」という申し出を「いいから戻ってこい」と言われ、戻ると、「兄弟子が整体に行くから一緒に行ってこい」と指示されたが、顎の痛みが酷くなり、結局、自分で大学病院にかかったところ即座に緊急手術。事件から11日が経過していた。

被害者は2014年9月中に、暴行した兄弟子は2015年にそれぞれ引退。刑事告訴のうえ、兄弟子は2016年6月に懲役3年執行猶予4年の判決が出て確定。事件の存在は公表しておらず協会側が全然動かず何も調べない状態がずっと続き、沈黙の3年間だったと被害者はコメントする。

さぁ、これからがどんな展開が待っているか。理事選も間近に控え、隠蔽体質の相撲協会のゴタゴタはまだまだ続きそうである。

 

  2018 Jan. 25  
 

 

最近、何となく物忘れが酷い。カフェの名前や人の名前がすぐに思い出せない場合がある。チョイと不安だ。

毎日、「Touch the Heartstrings」を継続しているので、頭をほんの少し働かせているおかげで急激な老化を抑えているのだろうか…とも思える。これで掲載を終了するようなことがあれば、こりゃホントにヤバいかも知れない。

身体のいたるところにガタがきて、これに頭まで壊れかけると、もう人生終わったようなもの。頑張れジジイ!

 

  2018 Jan. 24  
 

 

賛否両論。不倫報道や不祥事の記者会見などでは数多くの意見が飛び交う。

人と人はファーストインプレッションで好きか嫌いか判断することが多い。中には付き合いがある程度進展すると、最初のイメージが良くなったり悪くなったりもする。個人的な付き合いのない芸能人や政治家、有名人などは、度々メディアに露出する言動などで好き嫌いが判断されるようになる。

結局、いろんな記者会見などでその人間がやっちまったことの良し悪しは、その人物に好意を持っているか否かで決まるような気がしてならない。犯罪などは別にして、プライベートな内容だと、嫌いな人には紛糾するし、その人に好感を持っていれば、その紛糾している意見に対し擁護するコメントで応酬する。

同じようなことをしてもバッシングされる数が多い人間と、擁護的意見が多い人間が存在する。ってことは多くの人に好かれている人物が得する世の中なんだろうと感じる今日この頃。

 

  2018 Jan. 23  
 

 

今週末、阿部寛主演の「新参者」最新作「祈りの幕が下りる時」が公開される。

また、先週末には2012年1月に公開された「麒麟の翼」がテレビ放映され、久々に阿部ちゃんの加賀恭一郎を堪能する。公開時、劇場で観たのだが、さすがに6年前だと記憶もチョロクなっている。けっこう豪華なキャスティングにチョッと驚く。新垣結衣、松坂桃李、菅田将暉、山ア賢人などが若手俳優として熱演している。

昔のドラマや映画には、今をときめくスターの若かりし頃の姿を発見する楽しみがあるものだ。

 

  2018 Jan. 22  
 

 

トランプが大統領に就任してから1年。首都ワシントンやニューヨークなど全米各地で100万人規模の抗議デモが行われた。デモ参加者とトランプ支持者の小競り合いもあり、アメリカ社会の分断が改めて浮き彫りになっている。

今年の11月の中間選挙に向け、トランプは重要公約の実現を目指すが、波乱の2年目の幕開けとなっている。この1年、世界はトランプに振り回されている感が否めない。

数多くの人種差別的失言や子供の口喧嘩みたいなツイッター攻撃。メディアとの確執、自身のロシア疑惑、これがアメリカの大統領って、チョイと信じ難い。今年もいろんなトラブルで世界を騒がせることは間違いない。

 

  2018 Jan. 21  
 

 

僕なりの騒動のケジメとして引退を決意した…と、小室哲哉が記者会見し、音楽界に衝撃が走った。

音楽関係者の多くは小室擁護のコメントが殺到する。また、メディアに対しても「些細な、誰かの人間らしい失敗よりも、露わにするべき悪事があるのではないかと思う。どうかしてる」「才能あるクリエイターを引退に追い込んだら、マイナスにしかならないと思う」「もういい加減、一瞬の娯楽感覚の報道で、大切な財産を破壊するくだらないニュースは必要ない」との意見。

ただ、自分の奥さんを口実に自分の保身を図っているとの厳しい意見もある。コメンテーターは勝手なものである。芸能人の不倫疑惑で鬼の首を取ったかのように何をエラそうにコメントしているのか。こんなことで正論ぶったことを言ったところで、それがどうした、こんな報道が本当に有意義かどうかをチャンとコメントしろよ。

 

 
1月11日〜 INDEX 2月1日〜
pagetop
ptofile  

Team LENS 代表 Toshihito Ohuchi

チョッとプロフィール画像をズルしている。こんなオトコを目指しているってことでご勘弁。両親、兄弟、嫁、子供なしの気楽な独り者。ただ、老後が少々心配なジジイでもある。せめて心の健全を保つため、いろんな「毒」を吐き出し、スッキリしたいなぁ〜と思う今日この頃。