diary_top

「なんでやねん」と思うこと、「ホ〜」と感心することなど、ジジイの本音を書き綴るテキト〜な日記。

3月11日〜 INDEX 4月1日〜
  2018 Mar. 31  
 

 

先日、阪神尼崎商店街では恒例の「日本一早いマジック点灯式」があり、阪神タイガースの13年ぶりのリーグ優勝と日本一を願う熱心な虎ファン約300人が集まり、悲願達成を願った。そして、昨日行われたプロ野球開幕戦でタイガースは宿敵ジャイアンツに快勝。マジックを1つ減らした。

メジャーでも開幕戦でエンゼルスの大谷が初打席初球ヒットでチョイと盛り上がった。また、大リーグ18年目の44歳イチローが開幕戦にスタメン出場。ヒットはなかったが多くのファンの大声援を浴びた。

これから約半年、野球ファンには楽しみな日々が続く。選手はケガすることなく頑張ってもらいたい。

 

  2018 Mar. 30  
 

 

先日、北朝鮮の金正恩が北京で習近平との初会談が話題なったが、使用された特別列車が注目されている。金正恩の電撃訪問は鉄道マニアのスクープで明らかになった。

黄色のラインが入った見慣れない深緑色の列車を見掛けた中国の市民が中国版ツイッター「ウェイボ」で動画を公開。2011年に金正日総書記が訪中した時の列車に酷似していると話題となり、北朝鮮の要人の訪中情報が一気に拡散したという。「1号列車」と呼ばれるこの特別列車は、「走る特急ホテル」とも言われ、強力な防弾設備はもちろんのこと、車内には応接室や最高級のベッドルーム、衛星電話なども設置されており、いわゆるアメリカ大統領専用機「エアフォースワン」の列車版ということだ。

ただ、線路を爆破されればどうするのだろう…。

 

  2018 Mar. 29  
 

 

大御所演歌歌手で最近は馬主としても有名な北島三郎に大きなトラブルが浮上。

2002年にオープンした「北島三郎記念館」の建設資金の融資をめぐり複数の絡み合いトラブルに発展。そこで過去の暴力団との関係が問題視され、JRA(日本中央競馬会)における「馬主資格」に関する項目にアウトの可能性。

ただ、競走馬の所有名義は北島音楽事務所の法人「大野商事」となっている。メディアの扱いはあくまで「サブちゃんの馬」だが、結局は「大野商事」が所有している馬だから理論的にはセーフってことになりそうだ。

いろんなトラブルがあるものだ。

 

  2018 Mar. 28  
 

 

平昌冬季パラリンピックでスノーボードのバンクドスラロームで金メダル、スノーボードクロスでは銅メダルを獲得した成田緑夢がパラスノーボードを引退すると発表。

以前からパラリンピックと五輪の両方への出場を目標に掲げていた成田は、引退の理由について「今回、金メダルを獲得できたことで一歩前進できた。東京五輪のパラリンピックに向けた次の一歩に全力で挑むため」とコメント。

これまでにパラ陸上の走り高跳びやトライアスロンなど他競技にも挑戦している成田緑夢の今後に要注目。身体に障害を持つ人には彼の活躍は大きな励みになることは間違いない。頑張れ、緑夢!

 

  2018 Mar. 27  
 

 

ムネリンの愛称で人気者だった福岡ソフトバンクホークスの川崎宗則内野手が退団の旨を発表。

昨年、メジャーリーグから古巣のソフトバンクに復帰した川崎は、シーズン中盤に両足を負傷して戦線離脱すると、復帰できないままシーズンを終え、その後も心身の不調を訴えて球団行事や春季キャンプも不参加だった。球団は何度も慰留したが、最終的に本人の意思を尊重したという。

昨年の夏場以降からリハビリを続けてきたが、同時に自律神経の病気にもなって体を動かすのを拒絶するようになってしまい、野球から距離をおいてみようと決断したと、川崎はコメントする。球団側は最近まで、さまざまな契約の道を探ったが、本人が固辞。

こんな形で人気選手が野球界を去ることは寂しいものだ。

 

  2018 Mar. 26  
 

 

貴ノ岩が千秋楽に勝ち越した。14日目に7勝目を挙げた時点で十両残留は決定的だったが、給金相撲で関取の座を死守。これで異様な注目を浴びた1春場所が終わった。

また、通算54勝目の快挙の翌日には今季最終戦となる個人第15戦で連勝。自身のW杯男女歴代単独最多を更新する55勝目を挙げた。W杯での連勝は、3連勝を飾った2017年2月のオーストリアのヒンツェンバッハ大会以来、1年1か月ぶり。五輪シーズンを最高の形で締めくくった。来季へ確かな自信を取り戻したようだ。

そして、卓球のドイツ・オープンでは、女子シングルスで石川佳純、女子ダブルスで伊藤美誠と早田ひなの「みまひな」組が優勝。凄い!

優勝のニュースは嬉しいものだ。

 

  2018 Mar. 25  
 

 

ドイツのオーベルストドルフで開催されたジャンプ女子で高梨沙羅が今季初優勝。W杯男女歴代単独最多となる通算54勝目を達成。

個人戦の優勝は昨年2月の平昌大会以来13か月ぶり。シーズン最終盤で節目の1勝にやっと辿り着いた大記録。14戦足踏みを続けていただけに、前人未到の通算54勝は感慨深い。

ルンビとアルトハウスの「2強」に一矢報いた高梨沙羅。金字塔の達成感を噛みしめているだろう。

 

  2018 Mar. 24  
 

 

しばらくはスポーツ業界のいろんな騒動で忘れ去られた感のあった山尾志桜里議員と不倫相手とされる弁護士さん。ただ文春砲は黙っていない。ここにきてまた弁護士の元妻の悲痛な声を掲載。

これまでに不倫疑惑を否定、以降は「仕事と一線を引く」などと、説明を避けていた山尾志桜里。また、改憲をめぐるスタンスでも立憲民主党の枝野幸男代表との違いを見せており、公私の両面で「お騒がせ」状態となっている。

弁護士の元妻は山尾に対して慰謝料請求の裁判を起こす準備を進めているという。この問題はまだまだ続くようだ。

 

  2018 Mar. 23  
 

 

韓国検察は巨額の収賄などの疑いで元大統領の李明博容疑者を逮捕。収賄罪などで公判中の前大統領の朴槿恵被告と2代続けて大統領経験者が同時期に刑事責任を問われる事態となった。

李容疑者は大統領在任中に、情報機関の国家情報院から工作資金「特殊活動費」を大統領府に上納させ、その金を自身の側近に渡した疑い。また、検察が李容疑者が実質オーナーとみなす自動車部品会社「ダース」の裁判費用をサムスングループに肩代わりさせたことで収賄にも問われており、検察は収賄の総額が約110億ウォン(約11億円)、横領は約350億ウォンに上るとみている。

韓国で大統領経験者の逮捕は全斗煥、盧泰愚、朴被告に続いて4人目。まったく、韓国らしくあらあらってな感じである。この調子だと文在寅大統領も遅かれ早かれ逮捕される感は否めない。北朝鮮にちゃぶ台返しをされないよう気をつけてほしいものである。

 

  2018 Mar. 22  
 

 

あるメディアで森友加計学園問題について面白い論評があった。

今起きていることはつまるところ魔女狩りであり、魔女裁判。事実や実態などどうでもよく、ただ自分たちが「敵」または「いけにえ」に選んだ相手を、手段を選ばず火あぶりにしようとしているだけとバッサリ。

野党議員や一部メディアが主張し、国民を誘導しようとしてきたことはある意味倒錯。

「既得権益は尊く、岩盤規制は正義。規制緩和による公正な競争の導入など許せない」「『面従腹背』を座右の銘とし、風俗店に通い詰める天下りの元締は無謬の聖人君子だ」「虚言癖があり、補助金詐欺容疑のある男の証言は信用できるが、安倍首相の言葉はみんな嘘」「官僚は常に善にして義なる者で、有権者が選んだ政治家はいつも悪。政治主導より官僚支配がいい」「行政府の長であり、憲法72条が『行政各部を指揮監督する』と定める首相が行政に口出しすると行政はゆがめられる」「メディアは、事実や証拠に基づかなくても政権を批判すべきだ」

また、正義の仮面を被った理不尽と不条理と悪意が、大手を振って堂々と横行しているという。

「こっちも安倍政権に致命傷を与えるだけの材料はないけれど、追及を続ければ国民は安倍首相たちは何かやっていそうだと思い、内閣支持率は下がる」と、ある野党幹部の本音も飛び出す。

「官僚に刑法犯を犯させてまで守ってもらったんでしょ。首相を守るための書類の改竄で、さらに人が死んでいる」とは、社民党の福島瑞穂の質問。福島の目的は、テレビ視聴者に首相の悪いイメージを植え付けることは間違いない。理由も定かでない1人の人間の死まで政治利用して政権攻撃に使っているのは、福島だけでなく野党議員に数多い。

本当のところは定かではないが、印象操作はホント恐ろしい。

 

  2018 Mar. 21  
 

 

先日放映された「99.9 刑事専門弁護士 SEASON 2」の最終話2時間スペシャルでは、21.0%の高視聴率をマーク。これで全話の平均視聴率は17.3%となり今期民放ドラマトップを獲得した。

テレビ離れが叫ばれている昨今、1話でも20%を超える番組は少ない。記憶に新しいところでは「半沢直樹」「逃げるは恥だが役に立つ」「陸王」「ガリレオ」「HERO」「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」「相棒」などがある。

これら人気ドラマの3作品に出演しているのが、岸部一徳。「相棒」では、主演の水谷豊演じる杉下右京との絶妙な間合いが話題になった小野田公顕警察庁長官官房室長役、また、「ドクターX」では、米倉涼子演じる主人公の大門未知子の指南役でありマネジャーでもある神原晶役、そして、「99.9」では、主人公の深山大翔が働く法律事務所の所長である斑目春彦を演じ存在感を示した。

陰の視聴率請負人は岸部一徳で間違いない。

 

 
3月11日〜 INDEX 4月1日〜
pagetop
ptofile  

Team LENS 代表 Toshihito Ohuchi

チョッとプロフィール画像をズルしている。こんなオトコを目指しているってことでご勘弁。両親、兄弟、嫁、子供なしの気楽な独り者。ただ、老後が少々心配なジジイでもある。せめて心の健全を保つため、いろんな「毒」を吐き出し、スッキリしたいなぁ〜と思う今日この頃。