diary_top

「なんでやねん」と思うこと、「ホ〜」と感心することなど、ジジイの本音を書き綴るテキト〜な日記。

3月21日〜 INDEX 4月11日〜
  2018 Apr. 10  
 

 

カンカン帽で「嘆きのボイン」を歌い一世風靡した、落語家の月亭可朝が3月下旬に急性肺線維症のために亡くなっていたことが判明した。

「ボインは赤ちゃんが吸うためにあるんやで〜」という歌詞は衝撃的で、現在でも可朝の代名詞となっている。昨年は新しいバージョンを録音、CDを発売。

1971年には参院選に出馬し、一夫多妻制の公約を掲げて見事落選。2008年には知人女性へのストーカー規制法違反で逮捕。最近は西宮市内で独り暮らし。足腰が弱っていたが、時折、落語会に出演するほかは静かに暮らしていたという。

破天荒な生きざまで時代を駆け抜けた感のある1人の芸人の死は、切なくもあり、悲しい。

 

  2018 Apr. 9  
 

 

サッカーW杯ロシア大会まで3カ月を切ったこの時期に、日本代表のハリルホジッチ監督が電撃解任。

3月の国際親善試合マリ戦、ウクライナ戦とも低調な内容で求心力が低下。国際親善試合は目を覆うような内容で、仮想セネガルの格下マリには1−1の引き分けが精一杯で、ウクライナには1−2で完敗。W杯に出ない2チームに勝てず、海外組を招集した編成では公式戦5戦勝ちなしとなった。これでは本大会への不安が増すばかり。

今日、協会は都内で常務理事会を開き、指揮官更迭で6度目のW杯は新体制で臨む緊急事態となるという。過去2度、緊急登板し日本を救った岡田武史は、監督引退を明言し、候補にはなり得ない。チームと選手をよく知り、監督経験豊富な西野技術委員長、手倉森誠コーチらの昇格が検討されている。

海外メディアでも監督解任は話題になっており、ワールドカップに導いた監督をクビにするの?といった疑問の声も上がっているようだ。ホント、サッカーの監督ってのはシビアな職業である。

 

  2018 Apr. 8  
 

 

エンゼルスの大谷翔平にはビックリである。

3試合連続の本塁打を予想した人なんて…そりゃ打って欲しいと思ったファンは多いと思うが、ホントに打つなんて…。凄いなぁ〜。ルーキーイヤーにデビューから本拠地で3戦連発は史上4人目で、エンゼルスでは初めての快挙という。そして、日本人メジャーリーガーでは松井秀喜以来の3試合連続本塁打ということになる。

大谷はこれで打者として4試合に出場し18打数7安打で打率3割8分9厘。3本塁打で7打点の大活躍。お次は投手として今季2度目の先発で本拠地初登板に臨む大谷が、また勝利投手にでもなれば、メディアは大騒ぎすることは間違いない。いつまでこのお祭りが続くか楽しみでもあり、その反動が怖くもある今日この頃。

 

  2018 Apr. 7  
 

 

先日、相次いでオープンした梅田三番街の「ウメダフードホール」と、「LUCUA 1100」の「ルクアフードホール」。

昨日はその話題の2つの「フードホール」を探索。どちらも多くの人で賑わっている。「ウメダフードホール」は、セルフサービスの気軽なスタイルで、シーンに合わせて5つの「食」のゾーンにシャレた18店舗が展開する上質で洗練された空間が魅力。

一方、「ルクアフードホール」は、都市型マルシェの「キッチン&マーケット」と14の飲食エリアで構成。食材や食品が購入できる物販エリアとゆっくり食事ができる4つのダイニング、そしてフリーで簡単に食事ができるイートインエリアの3つからなる「キッチン&マーケット」は今までになかった存在。

最近では、「食」による集客がトレンド。大規模の「フードホール」形式はこれからも増加しそうだ。

 

  2018 Apr. 6  
 

 

フィリピン中部にある南北に長さ約7キロの島ボラカイ島は、フィリピンの人気リゾート。アメリカの旅行誌「トラベル アンド レジャー」の「世界の島トップ10」では、2017年には3位に選ばれている。2017年は200万人の観光客が訪問、日本からは毎年2000〜3000人が訪れる人気のリゾート地。

そんなボラカイ島が今月下旬から最大6カ月間閉鎖されることになった。美しいビーチの汚染を防ぐため、観光客らの立ち入りを禁止し、ホテルなどの排水・下水設備を集中的に改善するという。

半年の閉鎖で約200億ペソ(約411億円)の経済損失が見込まれ、3万5000人の労働者が影響を受ける恐れがあるが、ドゥテルテ大統領が閣議で決定。観光省幹部は、1歩下がって2歩進む。ボラカイを守るために苦い薬を飲まなければならない」と指摘。

ちなみに、少なくとも300軒以上の宿泊施設などが汚水を海に垂れ流す違反行為をしていたという。設備工事も必要なことだが、今後、違反行為が続くようであれば再度汚染は繰り返されること必至。

 

  2018 Apr. 5  
 

 

舞鶴市の市制施行75周年を記念して行われた大相撲の春巡業でトラブル。

舞鶴市の多々見良三市長が土俵上で挨拶中に体調を悪化させて倒れるハプニング。偶然にも医師と見られる女性がいたため、土俵上で心臓マッサージが行われた。ところがその際、「女性は土俵から降りるように」との場内アナウンス。大相撲においては、基本的に女性が土俵に上がることは禁じられている。しかし、観戦者らからはこのアナウンスに疑問の声が挙がった。

その後、「とっさの応急処置をしてくださった女性の方々に深く感謝申し上げます。行司が動転して呼びかけたものでしたが、人命にかかわる状況には不適切な対応でした。深くお詫び申し上げます。」と八角理事長がコメント。そりゃそうだ。こりゃまたチョイとした騒動になりそうだ。

 

  2018 Apr. 4  
 

 

中日ドラゴンズの一部ファンが、広島カープとの試合中に「原爆落ちろ」などと不適切な野次をスタンドから飛ばしていたことが判明。まぁ〜ご丁寧に、本人がツイッターでその音声を収録した動画を自ら公開していたという。

また、この男性ファンは同日のツイッターで、野次を自らが飛ばしたことを認めつつ、「外野席なんか野次飛ばしてなんぼやぞおい!暴言吐いてなんぼやぞ!それが不快に思うなら外野で応援するな」などと主張していた。

当然のごとく、原爆を揶揄するような野次を飛ばした男性に対しては、カープファンからは「人間として最低」「怒りより悲しみがこみ上げてくる」などの非難が殺到。さらには、中日ファンからの間でも、「同じドラゴンズファンだと思いたくない」との意見が相次ぐ騒ぎとなった。

こうした反応を受け、「大変申し訳ございませんでした。不愉快な野次を飛ばしてしまい、広島ファン、中日ファンの皆さん本当に申し訳ございません」と謝罪。いつもより酒が入っており、乱暴になったと反省しているようだが、まだまだこんな輩がいるのかと思えば、何だか寂しくなってしまう。デリカシーに欠ける人間は、結局、自分で自分の首を絞めるものである。

 

  2018 Apr. 3  
 

 

京都高島屋で1人2体までとして100体限定で受注販売した、スーパードルフィーと呼ばれる精巧なもので、画家の故中原淳一の絵を再現した1体124,200円の「ロリーナ」という名前の女の子の人形が1人の男性客に買い占められたという。

転売目的との疑惑もあるが、京都高島屋は「転売目的かどうか確認できない。契約も成立してしまっている」として予定通り5月に引き渡すことになっている。

ちなみに、中国の通販サイトには「京都高島屋限定」として「ロリーナ」の販売情報が掲載されているようで、中国は新たなビジネスモデルを展開しているようだ。いろいろとやってくれる、恐るべし中国。

 

  2018 Apr. 2  
 

 

俳優の坂口憲二が契約満了となる5月いっぱいで所属事務所を退社し、芸能活動を無期限休止するという。

難病の特発性大腿骨頭壊死症と診断され、手術後に3年間リハビリに努めてきたが完全回復には至らず、現状では納得いく俳優活動は困難と判断し、俳優復帰の選択肢も残しつつも治療に専念することを選択。

2012年8月の舞台「十三人の刺客」の上演中から右股関節痛に悩まされ始め、舞台は痛み止めを飲みながら乗り切ったが、2014年4月期のフジテレビ系「続・最後から二番目の恋」の撮影中に悪化。松葉杖を使わないといけない状態になり、同6月に1カ月の休養を発表した。

体に負担の少ないナレーションなど仕事をセーブしたが、求められている体を張った坂口憲二像は表現できないと判断した結果という。「医龍」シリーズなど人気作品の主役を張っていただけに、今後の復帰が望まれる。

 

  2018 Apr. 1  
 

 

大阪市営地下鉄が4月1日からの民営化に伴い85年の歴史に幕を下ろすことになった。公営地下鉄の民営化は全国で初めてのこと。

新会社「大阪市高速電気軌道(愛称/大阪メトロ)」が運営を引き継ぎ、パナソニック顧問の河井英明氏が社長として舵取り役を担う。なお、従来の職員は公務員の身分を失った。

御堂筋線や中央線など大阪市内の中心部を縦横に走る9路線の営業を引き継ぐ「大阪メトロ」は、民営化により多角的な事業展開が可能になる。今後は駅や地下街の活性化にも取り組む意向を示している。

これから地下鉄がどのような変化をするか要注目である。

 

 
3月21日〜 INDEX 4月11日〜
pagetop
ptofile  

Team LENS 代表 Toshihito Ohuchi

チョッとプロフィール画像をズルしている。こんなオトコを目指しているってことでご勘弁。両親、兄弟、嫁、子供なしの気楽な独り者。ただ、老後が少々心配なジジイでもある。せめて心の健全を保つため、いろんな「毒」を吐き出し、スッキリしたいなぁ〜と思う今日この頃。