diary_top

「なんでやねん」と思うこと、「ホ〜」と感心することなど、ジジイの本音を書き綴るテキト〜な日記。

7月21日〜 INDEX 8月11日〜
  2018 Aug. 10  
 

 

先日、群馬県みなかみ町の町議会を解散した町長。今度は団体職員の女性から強制猥褻容疑で被害届が提出されている町長が、被害を受けたとされる女性を相手取り、虚偽の主張で名誉を毀損されたとして、慰謝料1千万円を求め、前橋地裁沼田支部に提訴。また、報道各社に対する虚偽の説明により失墜した名誉を回復するため、新聞各紙への謝罪広告掲載を求めている。

女性が提出した被害届の内容を「事実無根」とし、セクハラにあたる行為もなかったと否定。加えて、女性の証言を裏付ける証拠はなく、「到底信用できるものではない」と主張している。

女性の提出した被害届を受け、県警はいずれかのタイミングで書類送検することは間違いないが、不起訴となる公算が大きく、一般的に地検は不起訴となった理由を説明しない。その場合は政治家として灰色の結果に終わる公算が強く、不起訴という曖昧な「シロ」よりも、法廷で主張を尽くした方が事実関係を明らかにできると判断したようだ。

やった、やらないの泥仕合がしばらく続きそうだが、恥の上塗りにならないことを願っている。

 


  2018 Aug. 9  
 

 

週刊新潮によって日本大学芸術学部への「裏口入学」を報じられたお笑いコンビ「爆笑問題」の太田光。記事では彼の父が「裏口入学ネットワーク」なるものに依頼して息子を入学させたと、日大関係者の証言をもとに報じている。

ラジオ番組で裏口報道に声を荒らげ猛反論、また、彼の妻で芸能事務所タイタンの光代社長は、夫が大学に裏口入学していたと報じられたことを受け、「訴えます」と法的措置をとる構えを見せている。

しかし、世間からは厳しい声が寄せられているのも事実。「番組で彼に傷つけられた人も多いと思うよ」「他人の事、今まで好き放題言ってきたんだし」「今後はサンジャポとかで他の人たちがやり玉に挙がっている週刊誌の記事を扱う時にも慎重にお願いします」「無神経な発言ばかりしてきたツケが回ってきただけ」などの声が上がり、レギュラーを務める情報バラエティ出演時に他人のゴシップやニュースを冷やかし気味に伝えてきたことと絡めて、そうした態度を批判するようなトーンの意見が続出している。

この記事が事実無根の捏造報道であれば彼が怒るのは理解できる。ただ、普段の尖った芸風から世間からの共鳴や同情を得にくい状況となってしまうのも、これまた致し方のないところかも知れない。冷たいようだが、彼が正規で合格してようが、裏口入学だろうが、まったく興味のないことである。

 


  2018 Aug. 8  
 

 

俳優の津川雅彦が心不全のため8月4日に死去していたことが判明。78歳という年齢は、もうチョイと頑張って欲しいと思える年齢である。ただ、今年の5月、妻の朝丘雪路の死去を受けて開かれた会見で、肺炎を患っているにもかかわらず、酸素吸入の姿で報道陣の前に姿を現し、妻への感謝の言葉を述べていた姿が印象的であり、少々痛ましかった。

男の色気と変幻自在の語り口調で、二枚目から悪役まで幅広い役柄を演じた昭和の名優であった。その才能を伊丹十三監督に愛され、「マルサの女」や「あげまん」など多くの作品で味わい深い演技を見せた。また、晩年も変わらぬ活躍で「後妻業の女」では好色な老人、アニメ作品「バケモノの子」では声優としてバケモノ界の長老を演じるなど名脇役として存在感を放った。一方、政治バラエティ番組では、けっこう大胆な政治的発言を行うことも多く、注目を集めた。

惜しい役者さんがまた1人この世を去った。心よりご冥福をお祈りします。

 


  2018 Aug. 7  
 

 

今年4月に女性にセクハラをしたとして町議会から不信任を決議され、自ら辞職するか、議会を解散するかの選択を迫られていた群馬県みなかみ町の前田善成町長。

結局、町議会を解散したと表明。出直し町議選は40日以内に行われるが、選挙後、新議員によって不信任決議案が提出された場合、過半数の賛成があれば町長は自動的に失職。ちなみに、町議会は4月に改選したばかりだった。

こんなことに公的予算を使用するより、すんなり辞めろよとアドバイスできる人はいないのだろうか。

 


  2018 Aug. 6  
 

 

南米のベネズエラで、軍事式典で演説中のニコラス・マドゥロ大統領の近くで、爆発物を搭載した複数のドローンが爆発する騒ぎがあった。大統領は無傷で難を逃れたが、兵士7人が負傷。謎の反体制派グループが大統領暗殺を狙った攻撃だったと犯行声明を出した。

マドゥロ大統領は、自身を標的としたこの攻撃の黒幕はコロンビアだと指摘し、事件の背後にはマドゥロ大統領の独裁支配を批判しているフアン・マヌエル・サントス大統領がいると非難。当然、コロンビア外務省は「バカげている」「一切の根拠がない」として、マドゥロ大統領の発言内容を否定。

一方で、ベネズエラ政府は「極右勢力」の犯行だったとしている。そして、ベネズエラの市民と軍人から成るという謎の反体制派グループが大統領暗殺を狙った攻撃だったという犯行声明をソーシャルメディアで発表。「シャツを着た兵士たちの国民運動」を名乗るこのグループは、「憲法を忘れたばかりか、胸のむかつくようなやり方で公職にある者を富ませている政府をそのままにしておくのは軍人の名誉に反する」などとする声明を発表した。

独裁政権への攻撃はテロなのか聖戦なのか、平和ボケした日本で住むジジイにはよく分からないが、日本の隣国でも近々起こりそうな事件である。

 


  2018 Aug. 5  
 

 

日本ボクシング連盟が助成金の流用や試合の判定などで不正を行っているとして、日本オリンピック委員会や日本スポーツ協会などに告発状が送られた問題は、日大アメフト部と同様にスポーツを冒涜する悪行として、連日、ワイドショーの格好のネタ。

日大の田中理事長と日本ボクシング連盟の山根会長の新アンガールズ結成とメディアは大喜び。また、山根会長の出で立ちや振る舞いが、ビジュアル的に「いかにも」というのが絵になり、スマホの着信音が「ゴッド・ファーザー愛のテーマ」というのもデキ過ぎ感満載。そして、メディアに登場するたびに、自ら墓穴を掘るような内容をポロリ。こりゃ、メディアは手放したくない稀有な人材であることは間違いない。

世の中には大きな権力を持った時代遅れのジジイが多い。思い上がりと勘違いで築かれた小さな王国は、遅かれ早かれ崩壊することは目に見えている。ま、浄化されるまで、その悪あがきで我々を目一杯楽しませてもらいたいものだ。

 


  2018 Aug. 4  
 

 

経営不振が続く大塚家具が自力での再建が困難な状況に陥り、身売り交渉を進めているいう。

経営権を巡る親子対立でブランドイメージが悪化し、深刻な顧客離れが止まらず、再生には外部の支援が不可欠と判断したもよう。これまでスポンサー候補の投資ファンドや複数の企業と交渉しており、交渉次第では経営権の譲渡を迫られる可能性もあるようだ。

父親の方は順調なのだろうか。世間を騒がせた親子戦争もドラマのような結末にはならないようだ。

 


  2018 Aug. 3  
 

 

持ってる男はやはり存在する。石川県の星稜高校野球部のキャプテンだ。

星稜OBの元ヤンキース松井秀喜が開幕戦の始球式に登場することが決まっており、また、松井の恩師でもある星稜の山下名誉監督が、開幕試合でテレビ朝日系の解説を務めることも決まっているなかで、第1日第1試合を引き当てた。けっこう凄い偶然である。

100回のメモリアルを飾る初戦は、放送席から新旧の教え子の勇姿を見守ることになる山下名誉監督。星稜ナインはぜひ勝利を2人にプレゼントしたいものである。

 


  2018 Aug. 2  
 

 

会長のために用意された豪華な革張りの椅子が急遽パイプ椅子に交換されるなど、世間が注目する岐阜市での全国高校総体のボクシング競技の開会式が開催された。

日本ボクシング連盟の会長は欠席のなか、地元の競技団体の幹部が異例の挨拶。連盟の処分を求めているグループの1人で、岐阜県ボクシング連盟の会長が、「一連の報道で恥ずかしい思いをしている。問題が事実だとすれば、山根会長をはじめ周囲の人間には辞めてもらいたい」などと辞任を要求。会場の一部から拍手が起きていた。

会長は入院ってなことになっているが、表舞台に出たくないときの常套手段。情けない男である。

 


  2018 Aug. 1  
 

 

関東学生アメリカンフットボール連盟は、臨時理事会後に記者会見を開き、関西学院大の選手を悪質な反則で負傷させた問題で、2018年度シーズン終了まで公式試合の出場資格停止とした日大について、出場停止を解除しないと発表。昨年の覇者日大は秋のリーグ戦への出場が不可能となり7試合とも不戦敗となる。

日大アメフト部が競技部ガナバンス検討委員会などの協力を得てチーム改革を進めようとしていることは評価できるが、兼職禁止やモニタリング機能の制度化、および、学生の意識改革を進めるための方策など、一競技部を超えて保体審さらには日大全体で取り組まなければ実効性を伴わない施策については、その策定も実施もいまだ不確定・不十分であると言わざるを得ず、現在までに十分な改善がなされたとは認められないとした。

日大アメフト部の4年生には残念な結果となったが、今回の関東学生アメリカンフットボール連盟の判断は冷酷なようだが、個人的には決して間違っていない冷静な判断であると思う。また、チョイとした騒動があるのかな…。

 


 
7月21日〜 INDEX 8月11日〜
pagetop
ptofile  

Team LENS 代表 Toshihito Ohuchi

チョッとプロフィール画像をズルしている。こんなオトコを目指しているってことでご勘弁。両親、兄弟、嫁、子供なしの気楽な独り者。ただ、老後が少々心配なジジイでもある。せめて心の健全を保つため、いろんな「毒」を吐き出し、スッキリしたいなぁ〜と思う今日この頃。