diary_top

「なんでやねん」と思うこと、「ホ〜」と感心することなど、ジジイの本音を書き綴るテキト〜な日記。

8月11日〜 INDEX 9月1日〜
  2018 Aug. 31  
 

 

選考関係者の起こしたスキャンダルで、ノーベル文学賞の今年の発表が見送りとなったことを受け、スウェーデンの文学関係者たちが「今年限り」で新しい文学賞を創設。新文学賞はスウェーデンのジャーナリストや作家らが中心となって新たに設立した団体「ニューアカデミー」が選考。

47人の候補から、最終候補に村上春樹の他、カリブ海仏領グアドループ出身のマリーズ・コンデ、ベトナム出身のキム・チュイ、英国出身のニール・ゲイマンの4名が選ばれた。受賞者は、文学賞以外のノーベル賞が発表になった後の10月12日に発表され、贈呈式は12月9日。なお、「ニュー・アカデミー」は同月に解散する。

ノーベル文学賞を主催するスウェーデン・アカデミーは、2019年に今年の受賞者を発表するとしている。今や受賞するする詐欺ってな感が否めない村上春樹が、果たして今年は受賞するかどうか…楽しみである。

 


  2018 Aug. 30  
 

 

東京五輪を前にアマチュアスポーツ界は大揺れという感じ。今回も女子体操のコーチが暴力行為で日本体操協会から無期限の登録抹消と味の素ナショナルトレーニングセンターでの活動禁止処分を科せられた。これだけだと「またか…」ってな感じだが、何となくニュアンスが違うのは、被害者の選手が「チョッと待った!」の記者会見。

記者会見では日本体操協会からパワハラ行為があったと証言。コーチと無理やり引き離そうとしている、また、強化本部長が女子監督を務める朝日生命体操クラブに加入させられそうになったと…、これは何やらキナ臭いオトナの事情ってなものがプンプンである。

権力を使った暴力と言い切った18歳の女の子。ただ、この手の話題が多すぎて、残念ながらあまり心に響かない自分がいる。「ああ、またか」ってなもんである。いけないことだと分かっていても、やはり食傷気味の話題にはゲンナリだ。この騒動がどのような展開になるか、しばらくはワイドーショーがヒートアップすることだろう。

 


  2018 Aug. 29  
 

 

ハンニバル・レクターは、トマス・ハリス原作の小説「羊たちの沈黙」に登場する殺人鬼としてお馴染みの人物。きわめて優秀な頭脳と教養を持ちながらもその性格は冷酷きわまりなく、殺害した人間の肉を丁寧に調理するという趣味があることで知られている。

そんなハンニバル・レクターという名前のピザが注目を集めている。これは、北海道虻田郡にある「NISEKOPIZZA」というお店の人気商品。最高のイタリアンサラミのみをふんだんに使用した、この上ないピザを作ろうとオーナーが考案。名前は「肉を愛する者」という意味を込めて命名されたという。

5種類のイタリアンサラミを使用しており、生のプロシュートに自家製パンチェッタ、ストラッチャテッラにイタリアン唐辛子フレーク、そして、チリオイルをトッピングし、チーズのマイルドさとピリッとした辛さでイタリアンサラミの旨味を引き出している。。

売れ行きは上々で、同店で提供している50種類以上のピザの中でもダントツの1位。このネーミングから「使われている肉の出どころが気になる」「人を食った名前のピザ」などとネットユーザーからウィットに富んだコメントが寄せられているという。チョイと興味のあるピザである。

 


  2018 Aug. 28  
 

 

車の自動運転技術を手掛けるベンチャーのZMPとタクシー大手の日の丸交通は、一般客を乗せた自動運転タクシーの実証実験を東京都内で始めた。

タクシーが自動運転で公道を営業走行するのは世界で初めてという。東京五輪・パラリンピックを見据え、2020年を目処に無人の完全自動運転での商用化を目指している。

自動運転タクシーをめぐっては、米国企業が公道での実験を重ねて先行しているが、日本でも3月に横浜市の公道で実験が行われた。今回は実際に客を乗せて営業走行することで、実用化に向けた課題を検証する。

自動運転タクシーが実用化されれば、大勢のタクシー運転手が解雇されるのだろうか…。技術の進歩は人間のためになるのだろうか、便利な世の中は多くの問題を抱えるような気がしてならない。

 


  2018 Aug. 27  
 

 

何事も疑えばきりがない。毎年夏恒例のテレビ番組「24時間テレビ」の目玉企画「100kmマラソン」。

今年はみやぞんが100kmマラソンを含むトライアスロンに挑戦し、放送終了直前の午後8時45分に無事ゴールを果たし、感動を呼んだ。

昨年の「24時間」ではマラソンランナーを務めたブルゾンちえみのゴール直前、40.5%という驚異的な視聴率を叩き出した。ちなみに、「24時間」は今年を含めて5年連続で番組のフィナーレ直前、ほぼ同じ時刻にランナーがゴールしている。そのため、100kmマラソンでは終了間際にゴールのタイミングを持ってくることで視聴率を跳ね上がらせるために、走るペースを調整し、早い時間にゴールしないよう、わざと遅らせているのではないかと疑う声は以前からある。

2014年/城島茂/午後8時48分、2015年/DAIGO/午後8時44分、2016年/林家たい平/午後8時46分、20117年/ブルゾンちえみ/午後8時48分、2018年/みやぞん/午後8時45分。ま、どう考えても時間調整してるね…。しかし、番組を盛り上げるための演出であれば、別に責められることはないと思う。仕組まれた感動でも、感動には変わりないような気がするのはボクだけなのだろうか。

 


  2018 Aug. 26  
 

 

8月25日は、「即席ラーメン記念日」。これは、いまから60年前の1958年のこの日、日清食品が即席麺「チキンラーメン」を発売したことに由来する。

「チキンラーメン」開発にあたり課題となったのは保存性と簡便性の両立。これを実現するのに、ヒントとなったのが台所で妻のつくる天ぷらだったという。 天ぷらのように高温の油で揚げた麺は、水分が抜けて無数の穴が開く。熱湯を注ぐと、その穴からお湯が吸収されて、麺がすぐに柔らかさを取り戻し、手軽に食べられるという理論。油で揚げることにより麺はほぼ乾燥状態になり、長期保存も可能となる。「瞬間油熱乾燥法」と名づけられたこの製造法は、即席麺の基本的な製法特許となった。

そして、お湯を注げば3分でできる「チキンラーメン」を発明したのは、日清食品の創業者である安藤百福。この10月よりスタートするNHKの連続テレビ小説「まんぷく」では、百福の妻仁子をモデルにしたヒロインが、夫と失敗を繰り返しながらインスタントラーメンを生み出すまでが描かれる。

 


  2018 Aug. 25  
 

 

池江璃花子って女の子はホントに凄い。彼女の最終種目の50メートル自由形決勝では中国の劉湘に0秒07差で勝利。これでアジア大会で6冠を達成。

アジア大会初出場の池江は、出場した個人4種目すべてと、女子400メートルリレー、400メートルメドレーリレーで金メダルを獲得。ともに中国に敗れて銀メダルだった800メートルリレーと混合400メートルメドレーリレーも含め、泳いだ8種目全てでメダルを獲得したことになる。この記録は、1970年バンコク大会と1974年のテヘラン大会で5冠だった西側よしみの記録を上回った。

今月上旬には東京都内でパンパシフィック選手権があり、中6日でアジア大会に出場する強行日程。池江は2大会で10日間の競技日程で計25レースを泳いだ。ホント、凄い女の子である。20歳で迎える東京五輪の主役候補は間違いないが、怪我や故障だけには注意して欲しいものだ。

 


  2018 Aug. 24  
 

 

ホラー映画の巨匠ダリオ・アルジェント監督の娘であり、自身も映画監督・脚本家・女優として活躍するアーシア・アルジェントは、2017年10月に映画プロデューサーのハーヴェイ・ワインスタインによる性行為の強要を告発して以降、「#MeToo」ムーブメントの代表的存在として扱われてきた。

そのアーシアが、2013年に男優で歌手のジミー・ベネットに対して性行為を強要、和解金として38万ドルを支払うことで合意していたとの記事が発表された。当時、ジミーは17歳、アーシアは37歳だった。カリフォルニア州の性的合意年齢は18歳となっている。

ハーヴェイ・ワインスタインを告発したアーシアが、自らも性行為強要の加害者だったという報道は、ハリウッドのみならず世界中に大きな衝撃を与えている。

アーシアは一連の内容を「著しく誤った」ものだと強く否定しており、ジミーとの間に性的関係は一切ないとしたうえで、以前からジミーから多額の金銭を要求されており、2018年6月に死去している恋人のアンソニー・ボーデインとともにジミーを支援する目的で金銭を支払ったとの声明をだしている。

さ、果たしてこの顛末はどおような形で着陸するのか。今後が注目である。

 


  2018 Aug. 23  
 

 

自民党総裁選に立候補している石破茂にチョイと逆風。

出馬会見で森友・加計学園問題をめぐる安倍政権の対応などを念頭に、「正直、公正」な政治姿勢を強調。これに対し、参院の竹下派を率いる吉田博美参院幹事長は個人的なことで攻撃していくのは非常に嫌悪感があると指摘し、安倍首相への露骨な批判を展開する石破氏を牽制。

また、吉田参院幹事長ら参院議員の視線の先には、来年の統一地方選や参院選があり、ある参院幹部は安倍首相の3選を前提に、石破氏が首相のイメージを悪くする作戦を続ければ、安倍首相で戦う参院選は厳しい結果になりかねないと懸念を示す。ま、これもオトナの事情というか、永田町事情が大きく絡んでいるようだ。竹下派の参院幹部は石破氏に首相批判路線の修正を求める考えを示しているという。

一方、野党の国民民主党は結党以来初となる代表選を告示。玉木雄一郎共同代表と津村啓介元内閣府政務官の2人が立候補を届け出た。ただ、元気のない野党の党首が誰に決まろうと、世間はあまり関心がないようだ。

 


  2018 Aug. 22  
 

 

第100回全国高等学校野球選手権大会の決勝。もし、秋田の金足農が勝てば、秋田勢どころか東北初の優勝で、第1回大会で秋田中(現秋田)が準優勝している秋田にとって、100回の記念大会で103年ぶりに頂点に挑戦という歴史の巡り合わせ。

一方、センバツを制覇している大阪桐蔭は、阪神タイガースの藤浪晋太郎らが現役高校生だった2012年に次ぐ、2度目の春夏連覇という、これも史上初の偉業がかかった大事な一戦。

結局、大阪桐蔭が連覇を達成。今回も優勝旗は白河の関を越えることはなかった。ちなみに、北海道の高校が優勝した場合は、優勝旗は飛行機で白河の関と津軽海峡を渡っている。

さすが100回記念の大会だけに名勝負や好ゲームがてんこ盛り。ガッツポーズでの注意など物議も醸したが、大きなトラブルもなく無事に幕を閉じた。

ただ、猛暑の甲子園で試合をすることが、本当に高校球児のためになるのか…という意見もあるように、これからの高校野球のあるべき姿をいろんな角度から検証していく時期がきているのかも知れない。

 


  2018 Aug. 21  
 

 

アジア大会バスケットボール男子日本代表の4選手は、結局、山下泰裕団長から日本選手団の認定を取り消し、同日早朝に帰国させたと発表。けっこう厳しい処分に?と思った。

公式ウエアを着てジャカルタ市内の繁華街を出歩いていたことが行動規範に抵触するだけかと思っていたら、何と4選手はジャカルタ市内の歓楽街で買春とみられる行為をしたという。そりゃアウトだろ。

日本バスケットボール協会のエグゼクティブアドバイザーを務める川淵三郎氏は「彼ら4人はこれから先長い間、大変な社会的制裁を受けるだろう」と怒りを吐露。ただ、「それらを含めて4人の社会復帰に協会は全面的に力を貸してやる責任と義務がある」と、4選手の更生、社会復帰に日本バスケットボール協会として臨むべきだと強調した。

しばらくはワイドショーなどの美味しいネタと扱われそうだ。

 


 
8月11日〜 INDEX 9月1日〜
pagetop
ptofile  

Team LENS 代表 Toshihito Ohuchi

チョッとプロフィール画像をズルしている。こんなオトコを目指しているってことでご勘弁。両親、兄弟、嫁、子供なしの気楽な独り者。ただ、老後が少々心配なジジイでもある。せめて心の健全を保つため、いろんな「毒」を吐き出し、スッキリしたいなぁ〜と思う今日この頃。