top

2017 Aug. 2

ラジカセからラーメンまで

1968年に初めて日本で販売され一世風靡、そして、近年、ノスタルジーとしてだけではなく、若い世代に再びブームの兆しがある「ラジカセ」。そんな「ラジカセ」に焦点を当てた展覧会「大ラジカセ展 shibuya extra【since1968】」が、8月2日から14日までの期間、渋谷の「西武渋谷店A館」7階の特設会場で開催される。

大ラジカセ展 shibuya extra【since1968】

日本随一のラジカセ・家電蒐集家である松崎順一が監修する今回の展覧会では、ラジカセの元祖である第1号機「AIWA TPR-101」をはじめ、スタンダードなものからオーバーデコレーションなラジカセ、バブル期に生産された「バブカセ」まで、選りすぐりのヴィンテージラジカセ約100台が展示される。

松崎順一

他にも、伝説のラジオ番組を視聴するコーナー、DJなりきりフォトスポット、1968年男子部屋・80年代女子部屋をそれぞれ再現したブースなど、ラジカセ全盛期の文化を振り返るにも最適な展示構成となっている。

さらに会場では、「大ラジカセ展」オリジナルのラジカセ関連グッズをはじめ、カセットテープ専門店「waltz/ワルツ)」のミュージックテープ、ラジカセと「西武渋谷店」が誕生した1968年にスポットを当て、1960年代後半から1970年代の洋楽邦楽のヒット曲12曲を収めた「大ラジカセ展オリジナルカセットテープ」などのグッズも販売される予定。

大ラジカセ展オリジナルカセットテープ

メイド・イン・ジャパンのプライドが詰まった究極の合体家電「ラジカセ」。カセットテープ、レコード盤とともにアナログ回帰の盛り上がりをみせている昨今、改めてその魅力に注目してみるのも面白い。

また、渋谷では渋谷駅エリア新施設の名称が「SHIBUYA SCRAMBLE SQUARE/渋谷スクランブルスクエア」に決定。第I期となる東棟が2019年度開業を予定する。

SHIBUYA SCRAMBLE SQUARE

東京急行電鉄株式会社らが推進する「渋谷再開発プロジェクト」。その一環として誕生する、大型複合施設「渋谷スクランブルスクエア」の東棟は、渋谷エリア最高となる高さ約230メートル、地上47階建となり、高層部にはハイグレードオフィス、地下2階から地上14階までは大規模商業施設を備えるビルになる予定。この他、最上部には屋外展望施設、中層部には産業交流施設を備え、駅直結型のランドマークとして渋谷の街を更に活気付ける存在となる。

SHIBUYA SCRAMBLE SQUARE
SHIBUYA SCRAMBLE SQUARE
SHIBUYA SCRAMBLE SQUARE
SHIBUYA SCRAMBLE SQUARE

ちなみに、ロゴマークは漢字の「渋」をモチーフにしている。

SHIBUYA SCRAMBLE SQUARE

変化と創造の街「渋谷」に相応しく、心が躍る瞬間や心に響く瞬間が体験できる「世界最旬の商業施設」を目指し、コンセプトは「ASOVIVA(遊び場とVIVA=生きる、万歳、うれしい事を意味する言葉を掛け合わせた造語)」とし、憧れやワクワク感を求めてさまざまな人々が集まり、「情報鮮度」「本物・本質」「共感・つながり」を具現化する、日本一楽しくて、ハレな「遊び場」を創設する。なお、第2期中央棟・西棟の完成は2027年度を予定。完成はまだチョイと先の話である。

地上350メートル、東京で最も高い位置から空を見られる場所の1つであるスカイツリー。9月1日から10月4日までの期間、月を望むのに最適なこの場所で、中秋の名月を鑑賞するのにピッタリなイベント「東京スカイツリータウンのお月見イベント」が開催される。

東京スカイツリータウンのお月見イベント

イベント期間中、スカイツリータウン全体がお月見仕様に変貌。展望台には実際の竹を利用した手作りの竹灯籠など、「竹取物語」をイメージした装飾が施されるほか、天望デッキでは、表情豊かな月や自然現象を映したプログラム「奇跡の月 Produced by 丸々もとお」が、高さ2メートルにも及ぶ大スクリーンに投影される。華やかな映像で彩られた夜景を楽しむことができる。

奇跡の月 Produced by 丸々もとお
奇跡の月 Produced by 丸々もとお
ソラカラホ゜イント
東京スカイツリー天望回廊 フロア445 ウェルカムエリア
東京スカイツリー天望回廊 フロア450 折り返し地点

また、「東京ソラマチ」では秋の味覚やお月見メニューを楽しめる「東京ソラマチ お月見バル」を開催。秋の星空を想わせるスパークリングワイン「ロジャーグラートのカヴァ」の提供や、風情ある「月見団子」、可愛らしい「月見うさぎ饅頭」など見逃せないメニューが盛りだくさん。

浅草梅園「月見団子」/648円(税込)
浅草梅園「月見団子」/648円(税込)

みちくさ餅「月見うさき゛饅頭」(2種類) /各300円(税込)
みちくさ餅「月見うさき゛饅頭」(2種類) /各300円(税込)

Moon Light Wine Bar Produced by Rigoletto
Moon Light Wine Bar Produced by Rigoletto

そして、満月、上弦の月、中秋の名月のもっとも月が見頃の3日間には、東京スカイツリー天望デッキにて、光学的技術を用いた天体望遠鏡での観賞会を実施。世界一高いタワーから見る名月を存分に楽しむことができそうだ。

他にも、篠原ともえを招いたトークショーや、サクソフォーン奏者のMALTA率いるジャズユニット「MALTA Planet Band」によるジャズライブなども開催される。

最後は、食いしん坊女子、それもラーメン大好き女子のためのイベント「ラーメン女子博 in 大阪 2017」が、9月29日から10月9日まで、大阪の長居公園で開催される。

「黄金の塩らぁ麺 ドゥエイタリアン」(市ヶ谷)
「黄金の塩らぁ麺 ドゥエイタリアン」(市ヶ谷)

「女性にも思う存分ラーメンを楽しんでもらいたい」という思いから、2015年に横浜の赤レンガ倉庫で初開催された「ラーメン女子博」。2017年3月には5日間で10万人を動員するほどの人気イベントに成長した「ラーメン女子博」が今回、満を持して大阪に上陸。地方では初の開催となる。

「自家製麺 ほうきぼし」(赤羽)
「自家製麺 ほうきぼし」(赤羽)

「ラーメン神豚」(横須賀)
「ラーメン神豚」(横須賀)

会場には、「ラーメン女子会」を主宰し、年間600杯以上を食べるというラーメン通の森本聡子が女性視点で選りすぐった全国の名店24店舗が集結。各店舗による「ラーメン女子博」のためのとっておきの1杯が楽しめる。

「麺屋宗」(高田馬場)
「麺屋宗」(高田馬場)

「ラーメンダイニング Jingu」(原宿)
「ラーメンダイニング Jingu」(原宿)

その他、人目を気にせずラーメンを食べられる女性限定エリアの設置、「美」を意識したスイーツや美容コンテンツの提供、女子たちの心も温める「IKE麺(イケメン)」スタッフのおもてなしなど、「ラーメン女子」のためのコンテンツが多数用意されている。

女性に特化したラーメンイベントだが、男性の入場も可能。是非カップルや家族でも、美味しいラーメンを目一杯堪能しに会場に足を運んでみよう。

Touch the heartstrings | Facebookページも宣伝


 
backnumber
 
<< Back Next >>
backnumber
 
pagetop