top

2017 Aug. 3

オークションとギネス

ボクシング王者であり、2015年のアスリートの長者番付で1位となったフロイド・メイウェザー・ジュニアは、プロボクサーとしての経歴とともに、1台が2億円以上する「ブガッティ・ヴェイロン」を3台も所有し、「フェラーリ」や「ランボルギーニ」「ロールスロイス」に「ベントレー」、さらには、プライベートジェットの「ガルフストリーム」などなど、ド派手な買い物でも注目される人物としても知られている。

フロイド・メイウェザー・ジュニア
フロイド・メイウェザー・ジュニア

そして、2015年には地球上で最も高額なクルマの1つといわれ、1台480万ドル、日本円にして約5億3000万円という、スウェーデンのスーパーカーメーカー「Koenigsegg Automotibe AB/ケーニグセグ・オートモーティブ」の超高級モデル「Koenigsegg CCXR TREVITA/ケーニグセグ CCXR トレヴィータ」を購入したことでも話題となった。

Koenigsegg CCXR TREVITA
Koenigsegg CCXR TREVITA
Koenigsegg CCXR TREVITA

ちなみに、「TREVITA」はスウェーデン語で「3つの白色」という意味の略称。「Koenigsegg」独特のカーボン繊維むきだしのフィニッシュは、そのユニークさと完成度によって世界から高い評価を受けており、「TREVITA」以前、各クルマメーカーが使っていたカーボンファイバーといえばブラックカーボンのみであった。

Koenigsegg CCXR TREVITA
Koenigsegg CCXR TREVITA

「TREVITA」の開発過程で培ったユニークなカーボンコーティング技術の採用により、黒一色だったカーボンファイバーをツヤのある銀白色に生まれ変わらせた。太陽光が「TREVITA」のボディに当たると、まるで何百万個の小さな白いダイヤモンドがカーボンファイバー製ボディ内に散りばめられたかのようにキラキラと輝く。

Koenigsegg CCXR TREVITA
Koenigsegg CCXR TREVITA

当初、「TREVITA」は3台のみの限定生産の予定であったが、使用されるホワイトカーボンファイバーは製造に大変な困難と時間を伴い、生産数はさらに少ない2台とされたため、このクルマはよりいっそう希少な存在となった。

Koenigsegg CCXR TREVITA
Koenigsegg CCXR TREVITA

性能的にも、4.8リッターV8エンジンを搭載し、最高出力は1018HP、最大トルクは1080Nm、0-100km/hの加速は2.9秒で最高速度は410km/h以上という世界的にも最高レベルのモンスターマシーン。

Koenigsegg CCXR TREVITA
Koenigsegg CCXR TREVITA

そんな、メイウェザーの新たなコレクションとして2015年に納車されていた「CCXR TREVITA」が、わずか3133キロしか走行していない状態で、2017年8月に開催されるオークションに出品されることがアナウンスされた。

Koenigsegg CCXR TREVITA

さて、オークションではどんな人物が落札するか、興味津々である。

お次はギネス記録に関するネタ。

「JAGUAR/ジャガー」から、新型の5人乗りコンパクトパフォーマンスSUVとなる「E-PACE/E ペイス」が世界初披露された。

E-PACE

そして、「E-PACE」のワールドプレミアを英国ロンドンで実施した際に、螺旋状に270度回転しながら15.3メートルものロングジャンプをする「barrel roll/バレルロール)」を成功させ、世界初披露とともにギネス世界記録を樹立した。

E-PACE
E-PACE

 
New Jaguar E-PACE GUINNESS WORLD RECORDS Barrel Roll

ワールドプレミアでの映画のカースタントからインスピレーションを得たという「バレルロール」パフォーマンスが話題となっている新型の「E-PACE」は、「JAGUAR」のスポーツカーデザインとパフォーマンス、広々とした室内空間、実用性、コネクティビティを兼ね備えた5人乗りのコンパクトパフォーマンスSUVとなっており、先に発表されているSUVの「F-FACE」の下にラインアップされる5人乗りモデルに仕上げられている。

E-PACE

「E-PACE」は、このクラスのモデルの中では並外れた室内空間を有しており、5人が快適に座ることができ、インテグラルリンク式リア・サスペンションの採用によって実現したという広いラゲッジスペースには、ビーカーやゴルフクラブセット、大型のスーツケースも積み込むことも可能。

E-PACE

また、スロットル、オートマチックトランスミッション、ステアリングなどをドライバーの好みに合わせて設定可能な「コンフィギュラブル・ダイナミクス」や、自動緊急ブレーキシステムやレーンキープアシスト、交通標識認識といった最先端の安全性能とドライバー支援システムを備え、さらに、「E-PACE」ではフロントウィンドウに大きくフルカラーで鮮明に表示される「JAGUAR」初の次世代ヘッドアップディスプレイ(HUD)テクノロジーを搭載するなど、最新の装備が充実しているのも特徴。

E-PACE

なお、発表されて間もない「E-PACE」について、すでに日本向けの「JAGUAR」の公式サイトにて価格を含む概要が掲載されており、ベースモデル「E-PACE」の価格は451万円より、スポーティなスタイルの内外装に仕上げられた「E-PACE R-DYNAMIC」が504万円より、そして、デビューから1年のみ販売される特別モデルの「E-PACE FIRST EDITION」が738万円と表記されており、この中からエンジンの種類や性能、装備などを選択・追加していくパターンになるようだ。

Touch the heartstrings | Facebookページも宣伝


 
backnumber
 
<< Back Next >>
backnumber
 
pagetop