top

2017 Jul. 17

Range Rover Velar

現在、「Land Rover/ランドローバー」は大きく3つのラインがある。1つは「Range Rover/レンジローバー」シリーズ。そして、多用途性を追求した「Discovery/ディスカバリー」シリーズ。そして、ランドローバーの耐久性やオフロード性能の象徴ともいえる「Defender/ディフェンダー」である。

Range Rover
Range Rover

Discovery
Discovery

Defender
Defender

「Land Rover」ブランドのトップラインナップ、「Range Rover」シリーズの4つ目のモデル、「Range Rover Velar/レンジローバー ヴェラール」が発表された。

Range Rover Velar
Range Rover Velar

今回登場した「Velar」は、その「Range Rover」シリーズの中にあり、フラッグシップの「Range Rover」に続く「Range Rover Sport/レンジローバー スポーツ」と、「Range Rover Evoque/レンジローバー イヴォーク」のあいだに位置するモデルである。

Range Rover Sport
Range Rover Sport

Range Rover Evoque
Range Rover Evoque

日本に導入されるエンジンは全4種類。まず、ガソリンは2リッター直列4気筒が最高出力250ps/最大トルク365Nmと、300ps/400Nmの2機種、そして、最高出力380ps、最大トルク450Nmを発生する3リッターV型6気筒スーパーチャージドというラインナップ。ディーゼルは、最高出力180ps、最大トルク430Nmを得る2リッター直列4気筒となっている。4気筒のエンジンは、「ジャガー・ランドローバー」が設計から生産まで手がけ、生産のために新工場まで建設したインジニウムエンジンで、ガソリン仕様の導入は日本初(ディーゼルは導入済み)となる。

Range Rover Velar

これら4つのエンジンに、「Velar」「Velar S」「Velar SE」「Velar HSE」「Velar Rダイナミック」「Velar Rダイナミック S」「Velar Rダイナミック SE」「Velar Rダイナミック HSE」の8つのグレードを掛け合わせた合計32モデル、さらに、V6エンジンの限定モデル「Velar ファーストエディション」を加え、33モデルもの幅広い仕様で展開する。

Range Rover Velar
Range Rover Velar

エクステリアデザインは「リダクショニズム」、いわゆる引き算の美学をコンセプトにデザイン。長いリアのオーバーハングやスラントしたフロントエンドなど、これまでのレンジローバーのデザインモチーフを用いることでエレガントさを演出。また、ボンネットやクラムシェルルーフによりモダンなデザインを表現する。

Range Rover Velar
Range Rover Velar
Range Rover Velar

「リダクショニズム」を表現した一例は、ドアハンドル。「Land Rover」初のドアパネル格納式のデプロイアブル ドアハンドルを採用。空力学的にも有効であるとともに、サイドのデザインをすっきりと見せる効果がある。

Range Rover Velar

インテリアでは大きく4つのディスプレイを採用。センターには10.2インチの2つのタッチスクリーンからなる最新のインフォテインメント システム「タッチプロ デュオ」が配され、下側の画面わきには2つのリアルなダイヤルが置かれる。このダイヤルとタッチスクリーンとで空調コントロールやラジオのチューニングなど、さまざまな操作をフレキシブルに行うことが可能。このタッチスクリーンは画面を消すことができ、その場合には、すべてがブラックアウトし、2つのダイヤルのみが残ることで、あらゆるものが削ぎ落とされたデザインを演出する。

Range Rover Velar
Range Rover Velar
Range Rover Velar
Range Rover Velar

また、TFTバーチャルインストルメントパネルと、ヘッドアップディスプレイも採用。特にヘッドアップディスプレイは日本に導入されるのは初であり、これまでETCの電波との干渉で日本では設定できなかったのが、今回初めて導入された。

インテリアトリムでは、従来のレザー素材に加え、自動車業界としては初採用となる「Kvadrat/クヴァドラ」社とのコラボで誕生したモダンで耐久性に優れたプレミアムテキスタイルが選択可能となった。

Range Rover Velar

「Velar」では利便性も追求された。ラゲッジスペースは673リッターから最大1,731リッターを確保。電子制御エアサスペンション仕様では、荷物の積み下ろし時に車高の調整が可能なオートマチックアクセスハイト機能が搭載され、リアのみ50mmアップ、あるいはダウンさせることができ、荷物の積み下ろしをしやすくしている。また、乗降時には、エンジンを切るかシートベルトを外すと10mm下がり、ドアを開けるとさらに30mm下がり乗降性が向上するなど、エアサスペンションの特色を活かしている。

Range Rover Velar

そのほか、足で操作するだけで開閉可能なパワーテールゲート(オプション)や、ジャガー「Fペイス」で初採用されたアクティビティキーもオプション設定。これはリストバンド型のキーで、通常のキーをクルマの中に入れたままでも、ドアを閉め、リアゲートの文字の「R」付近にかざすとロック、アンロックが可能というもの。ロックした際、車内にあるキーは無効となる。

Range Rover Velar

さて、当然ヴェラールも悪路走破性を含め高い走破性を備えている。その機能の1つはインテリジェントドライブラインダイナミック。通常は、発進時から最大の安定性が得られるようにトルクを50:50で配分。そのうえで、オンロードで最高のパフォーマンスを発揮させるために、リア100%配分から、路面状況に応じてフロント100%の配分までコントロールする。

また、路面の状況に合わせてエンジン、ギアボックス、ディファレンシャル、サスペンションなどを最適に設定するテレインレスポンスを標準装備。

Range Rover Velar
Range Rover Velar

さらに、走行状況をモニターし、自動的に最適な車両設定にするテレインレスポンス2 オートもファーストエディション以外にオプション設定された。そして、アプローチアングルは28.89度、デパーチャーアングルは29.50度、最大渡河水深650mm(エアサスペンション搭載車両)を誇っている。

Range Rover Velar

「Land Rover」は世界で唯一のプレミアムSUVスペシャリストであり、独創的で革新的、パワフルなデザインとプレミアムな優雅さ、そして、他に例を見ないオールラウンダーな走破性を併せ持つ。さらに、その「Land Rover」のトップラインナップが「Range Rover」ファミリーで、高級感、テクノロジー、機能といった側面から世界のプレミアムSUVを1969年以降形成してきた。

間もなく50周年を迎えるその「Range Rover」の歴史に新たな一章を築くのが、「Range Rover Velar」といえる。ちなみに、価格は699万円から1,526万円までバリエーション豊富。

Range Rover Velar

Touch the heartstrings | Facebookページも宣伝


 
backnumber
 
<< Back Next >>
backnumber
 
pagetop