top

2017 Mar. 10

サクラのイベント

チョイと寒い日はあるが、季節は確実に春に向かっている。そう、サクラの季節である。風情あるサクラは日本人の大好物。サクラをテーマにしたイベントは各地で大盛況。

「東京スカイツリータウン」の春休みイベントが4月9日まで開催中。期間中、「東京スカイツリータウン」ではサクラを眺めながら楽しめる様々なイベントや春限定商品、グルメを展開する。

東京スカイツリータウン

東京スカイツリー館内にサクラが舞う
サクラの特別演出を行い、天望デッキがサクラ色に染まる館内装飾を実施。花をテーマにした体験型デジタルアート展「FLOWERS by NAKED 2017」のメイン作品「桜彩」とコラボレートしたサクラを設置するほか、夜になると特別な光の演出が施され、幻想的なお花見の空間を作り上げる。

桜彩
桜彩

特別ライティング「舞」も点灯
「東京スカイツリー」を世界一高いサクラに見立てた特別ライティング「舞」を期間中点灯。サクラの花びらが舞う美しさを表現して、「東京スカイツリー」自体がピンク色の濃淡で彩られる。

舞

サクラの花びらのように白色の交点照明が煌いて、遠くからでも春の雰囲気を感じることができる。

サクラグルメフェア
館内各所では、サクラをモチーフにした限定メニューやスイーツを展開する「サクラ グルメフェア」を開催。 しっとり柔らかな生地でクリームとお餅を巻いたサクラ薫るロールケーキや、サクラ味のソフトクリームをどら焼きの皮で包んだスイーツなど、春を感じられる味覚が楽しめる。

浅草梅園「桜・どらソフト」(東京ソラマチ限定) 400円
浅草梅園「桜・どらソフト」(東京ソラマチ限定) 400円

nana's green tea「桜と餅の金箔ロールケーキ」734円
nana's green tea「桜と餅の金箔ロールケーキ」734円

「ドラえもん KACHI KOCHI Cafe」オープン
ドラえもん KACHI KOCHI Cafe
ドラえもんの新作映画「ドラえもん のび太と南極カチコチ大冒険」の公開を記念して、期間限定カフェ「ドラえもん KACHI KOCHI Cafe」がオープン。

ドラえもん のび太と南極カチコチ大冒険
ドラえもん のび太と南極カチコチ大冒険

南極を舞台にした映画の世界観で演出されたカフェで、チョイとオシャレな限定オリジナルメニューが提供される。

カチコチ南極「ドラ」イカレー ミニサラダ付き 1,650円
カチコチ南極「ドラ」イカレー ミニサラダ付き 1,650円

他にも、「すみだ水族館」でペンギンプロジェクションマッピングや、コニカミノルタプラネタリウム「天空」での「天の川アイランド・ヒーリング」などが開催。

ペンギンプロジェクションマッピング
ペンギンプロジェクションマッピング

天の川アイランド・ヒーリング
天の川アイランド・ヒーリング

この期間の「スカイツリータウン」はサクラ満開である。

スカイツリータウン
スカイツリータウン

白金台の「八芳園」では、庭園内のサクラと共に粋な春を過ごすイベント「Spring Festival 粋 2017」が3月18日から4月9日まで開催される。

Spring Festival 粋 2017

別館「白鳳館」が一般開放され、期間限定で「満開茶屋」がオープンする。ここではサクラが咲き誇る景観とともに、「精進料理」をベースとした特別料理を味わうことができる。さらに、日本庭園を一望できる本館窓側会場では、「新しい精進料理」をテーマにしたお花見弁当を堪能することが可能。外でのお花見散策とは一味違うサクラ景色を贅沢な料理と一緒に楽しんでみるのもオシャレだ。

満開茶屋「SHOJIN」
満開茶屋「SHOJIN」

桜雲高座
桜雲高座

「八芳園」の庭園には、河津桜・吉野桜・八重桜・しだれ桜・御衣桜といった5種類のサクラが咲き乱れる。それぞれ形や色味が絶妙に違い、比べて見るのも楽しさの1つ。期間中は、日没から22:30頃まで夜間のライトアップを実施。昼とはまた違う妖艶な景色は、ステキな春を感じさせてくれること間違いない。

ライトアップ

また、夜桜と音楽を同時に楽しめる「粋Night」は音楽好きにおススメ。DJ/サウンド・プロデューサーとして人気の沖野修也、DJ KAWASAKIが「八芳園」を占拠し、日本庭園でプレイを披露。さらに、会場ではシャンパーニュ「ペリエ・ジュエ」が提供され、贅沢にも夜桜を背景にカッコイイ音楽と美味しいお酒を楽しむことができる。

粋NIGHT 2017 SPRING with Perrier-Jouet
粋NIGHT 2017 SPRING with Perrier-Jouet

そして、会場にオリジナル櫓「KAGURA」を設け、日本の春を全身で堪能できる一大イベント「桜花爛漫祭」も開催される。今年は江戸文化「屋台料理」をテーマに、「八芳園」スタイルで食べ放題&飲み放題のビュッフェを提供するほか、桜鯛を使った「旬の味七変化」なども展開。さらに、日本の伝統舞踊である阿波踊りのパフォーマンスも行われ、会場を盛り上げる。

桜花爛漫祭

3月24日から4月9日までの期間、都内有数のサクラの名所として知られる中目黒の目黒川沿いで花見とアートを同時に楽しめる「Sakura Pink/サクラ ピンク」展が開催される。

「Sakura Pink/サクラ ピンク」展

川沿いに咲き誇るソメイヨシノがはらはらと舞い散り川に流れていく様は、目を見張る美しさ。今回のイベントは、この美しいサクラを眺めながら注目の実力派アーティストがサクラをイメージした「ピンク」をテーマに創作した作品を楽しめるという趣向。

中目黒の目黒川沿い
中目黒の目黒川沿い

ユーモラスな作品で注目の木彫家の田島享央己、ミクロの折り鶴アーティスト小野川直樹、ポップでアイロニーな作品で注目される内田有、雑誌「VOGUE」の誌面も飾る切絵アーティストriyaなど、油彩画、陶磁器、コラージュ作品など様々な表現方法の総勢40名以上の作家によるサクラとアートの競演を堪能することができる。

また、同時に地下カフェギャラリー「SPACE M」では、内田有個展「bloom!」を開催。ガラスを主な素材とし、鋳造技法でアイスキャンディーをモチーフに制作した約15点のポップでアイロニックな作品群が展示される予定。中でも注目の白くまのキャラクターが溶けたアイスキャンディー[cool it]シリーズでは、現代の大量消費社会に潜む矛盾を表現する。

bloom!

六本木の「アークヒルズ」では毎年恒例の「さくらまつり 2017」が3月31日から4月2日まで開催される。サクラ色に染まる「アークヒルズ」で楽しむお花見のほか、特別に一般公開される「ルーフガーデン」、レストランのシェフが腕をふるう屋台グルメなども見どころてんこ盛り。

さくらまつり 2017
さくらまつり 2017

アークヒルズのシンボルでもあるサクラ並木は、周辺施設を合わせると約220本/全長約1kmにわたりソメイヨシノが一斉に咲き誇る。このイベントは春の風物詩となっており、都心で歩きながら花見を楽しめる名所の1つとして有名。

さくらまつり 2017

また、サウスタワーから「アークヒルズ」に続くブリッジは、スペイン坂のサクラ並木を見下ろすことの出来る隠れたお花見スポット。ここではサクラを地上から見上げるだけでなく、ブリッジから見下ろすことができ、サクラを違う角度から味わうことができるのが特徴。都会の喧騒から逃れ、閑静な場所でサクラを楽しんでみるのも風流だ。

また、夜間はライトアップされ、一層幻想的な雰囲気を醸し出す。スペイン坂に掛かるライトアップされたサクラトンネルは、絶好の撮影スポット。美しいサクラやガーデンの緑など、春の息吹が満載の「アークヒルズ」で、思い出に残る時間を過ごしたいものだ。

さくらまつり 2017

さらに、「アーク・カラヤン広場」には素足で上がれる芝生エリアが登場し、家族や友人、同僚とピクニックやお花見を楽しめる空間が広がる。

期間中は「アークヒルズ」「アークヒルズサウスタワー」「アークヒルズ仙石山森タワー」から全13店舗のグルメ屋台が集結。肉まん、たこ焼きなど食べ歩きにぴったりのワンハンドフードから、店舗よりもリーズナブルに味わうことができるパエリアやピザなどの贅沢メニューまで幅広く用意される。

ウルフギャング・バッグ ピッツァバー MIXピザ 400円、3カット 1,000円
ウルフギャング・バッグ ピッツァバー MIXピザ 400円、3カット 1,000円

戸田亘のお好み焼 さんて寛 スジチーズ 700円
戸田亘のお好み焼 さんて寛 スジチーズ 700円

バビーズ ニューヨーク アークヒルズ LOW&SLOW OLD TEXAS BBQ BURGER 1,000円
バビーズ ニューヨーク アークヒルズ LOW&SLOW OLD TEXAS BBQ BURGER 1,000円

スぺイン バレンシアナバル ブリーチョ パエリア 500円
スぺイン バレンシアナバル ブリーチョ パエリア 500円

中国名菜 陳麻婆豆腐 肉まん 400円
中国名菜 陳麻婆豆腐 肉まん 400円

アークヒルズカフェ たこ焼き 400円
アークヒルズカフェ たこ焼き 400円

そして、様々な花が集まる「フルールマルシェ」も要チェック。農家が自分たちで育てた花々を直接販売するこのイベントでは、人気のミニ胡蝶蘭やマム・ナデシコなどカラフルな花々のほか、一足早く母の日にちなんだカーネーションの可愛らしいアレンジなども販売され、サクラだけでなく多様な花も楽しめる。

フルールマルシェ

一方、神奈川県相模原市の「さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト」では、3月25日より「さがみ湖サクラまつり 2017」が開催される。これは、「さがみ湖リゾート」ならではの起伏に富んだ地形を活かし、どこまでも広がるサクラを鑑賞できるイベント。都心からわずか1時間のさがみ湖の森を約2,500本のサクラが彩る。

さがみ湖サクラまつり 2017

今回は、約500本のサクラ並木が400mに渡って続く新スポット「サクラの天の川」が新登場。サクラを鑑賞するために新設された約400mの散策ルートの両脇に約500本のサクラが立ち並び、頭上で花を付けた枝が交差し、ピンク色のトンネルの様な美しい光景を演出する。また、散策ルートにはリフトが併設しており、リフトに乗りながらサクラ並木を見下ろす特別な花見を体験することもできる。

さがみ湖サクラまつり 2017
さがみ湖サクラまつり 2017

夜は関東最大600万球のイルミネーションと、約2,500本のソメイヨシノを中心としたサクラが競演する「夜桜イルミリオン」へと変貌。

夜桜イルミリオン

華やかなイルミネーションの光と、ライトアップされたサクラはそれぞれの美しさを一層際立たせ、幻想的な雰囲気を醸し出す。

また、山頂にオープン予定の鳥肌コロシアム「マッスルモンスター」からの眺望はまさに絶景。眼下にサクラを見下ろしながらアスレチックに挑戦することもでき、足元に広がる起伏に富んだ敷地に広がるサクラは「さがみ湖リゾート」ならではの魅力。

マッスルモンスター

さらに、園内ではサクラと共にヤマブキやスイセンなど様々な花も見頃を迎え、楽しさ倍増である。

さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト

最後に登場するのは京都。世界遺産であり、京都を代表するサクラの名所である元離宮二条城では、3月24日から4月16日まで「二条城サクラまつり 2017 桜の宴  Directed by NAKED」を開催。大政奉還150周年を記念し、クリエイティブカンパニーの「NAKED/ネイキッド」とコラボ。初の試みとなる、ストーリー性あるサクラのライトアップやプロジェクションマッピングが実施される。

二条城サクラまつり 2017

日本の伝統芸能「能」で描かれる「桜の精霊」をモチーフに、照明とプロジェクションマッピングで表現。彼らが東大手門から城内へ誘うストーリーが描かれる。クライマックスではプロジェクションマッピングと照明によって、彼らの姿をサクラ並木から床面までダイナミックに映し出す。

二条城サクラまつり 2017

そんな大迫力のサクラ鑑賞のみならず、会場には飲食エリアも登場し、サクラを五感で楽しむお花見体験が可能となっている。

二条城サクラまつり 2017

今日は、サクラのイベント中心にお届けしたが、明日からは「サクラ」をイメージしたスイーツあれこれをお届けする予定。またまた甘いもの攻撃である。

Touch the heartstrings | Facebookページも宣伝


 
backnumber
 
<< Back Next >>
backnumber
 
pagetop