top

2017 May. 1

ユニーク映画イベントと新作

横浜の商業施設「マリン アンド ウォーク ヨコハマ」では、5月2日から6日の5日間、野外映画イベント「SEASIDE CINEMA 夜の海辺にたたずむ映画館」を開催する。

SEASIDE CINEMA 夜の海辺にたたずむ映画館

会期中は、横浜「みなとみらい」の夜景と海を感じる特別なロケーションの中に設置されたスクリーンで、「名作」「傑作」映画を見ながら、「マリン アンド ウォーク ヨコハマ」内の飲食店舗のテイクアウトメニューを楽しめる。

上映作品は、日本軍捕虜収容所という極限状況に置かれた人間たちの相克を描いた異色のヒューマンドラマ「戦場のメリークリスマス」や、一匹のトラとともに救命ボートで漂流することになった少年パイのたどる運命を描く「ライフ・オブ・パイ」、リチャード・リンクレイターによる音楽コメディ映画「スクール・オブ・ロック」など、海と音楽をテーマとした作品が日替わりで上映される。

戦場のメリークリスマス
ライフ・オブ・パイ
スクール・オブ・ロック

フードメニューも充実のラインナップ。オーストラリア発の専門店「パイ ホリック」のパイや、「COMMUNITY MILL/SODA BAR」の映画にぴったりのホットドッグセット、「A16」の釜焼きピザなど、野外での映画鑑賞を彩るメニューの数々が用意されている。

パイ ホリック
COMMUNITY MILL/SODA BAR
A16

■上映ラインナップ
5/2 ロスト・バケーション/うみやまあひだ
5/3 スクール・オブ・ロック
5/4 キャデラックレコード
5/5 ライフ・オブ・パイ
5/6 戦場のメリークリスマス

6月24日からは、「角川シネマ新宿」などで「おとなの大映祭」が開催される。

市川雷蔵、勝新太郎、船越英二、京マチ子、山本富士子、若尾文子、中村玉緒、渥美マリ他、昭和を代表する映画俳優を数多く輩出した映画会社の大映株式会社。

その設立75周年を記念した「おとなの大映祭」では、「おとな」をテーマにした作品群がラインナップする。

おとなの大映祭

セレクションは、大映作品を彩った数多くの中から、女性が主人公の「女優主演」の作品に特化。日本の映画史を彩る女優達の艶やかで美しい姿を存分に楽しむことができる作品群に、旧映画への造詣の深さにかかわらず映画ファンなら惹きこまれてしまうこと間違いない。

卍/若尾文子
卍/若尾文子

女の賭場/江波杏子
女の賭場/江波杏子

高校生ブルース/関根恵子
高校生ブルース/関根恵子

太陽は見た/渥美マリ
太陽は見た/渥美マリ

今回の映画祭のほか、12月には「大映女優祭」、2018年春には「大映男優祭」も開催予定。大映作品を心ゆくまで堪能できる1年になりそうだ。

■上映ラインナップ
若尾文子 「卍」「十代の性典」「不倫」
江波杏子 「女賭博師」シリーズ 5本
関根恵子(高橋惠子) 「レモンセックス」路線作品3作
渥美マリ 「軟体動物」シリーズ2作

谷崎潤一郎原作「痴人の愛」
1949年度版 京マチ子×宇野重吉×森雅之
1960年度版 叶順子×船越英二×田宮二郎
1967年度版 安田(大楠)道代×小沢昭一×田村正和

痴人の愛/京マチ子
痴人の愛/京マチ子

また、8月12日から25日までの期間、「ヒューマントラストシネマ渋谷」では、「変態(メタモルフォーゼ)アニメーションナイト 2017」が開催。その後、全国で順次上映が予定されている。「変態アニメーションナイト」は、心に突き刺さり、身体の奥底も震わせる、短編アニメーションの祭典。1度見たら忘れられないようなインパクトを持つ、見逃せない「変な」短編アニメーションが紹介される。

変態(メタモルフォーゼ)アニメーションナイト 2017

今回のテーマは、「ポップに狂ってる」。これまでの上映と比べると、見た目が可愛らしかったりポップだったりするものが多いが、変態なのは間違いない、今まで以上に厄介な作品が勢揃い。特報映像やメインビジュアルには、一見可愛いキャラクターが不思議なアニメーションで現れ、好奇心を掻き立てる内容となっている。

上映作品は、ピーター・ミラード「ピーターとアルファベット 6人の神様」やロバート・モーガン「この写真の片隅に」など。

その他の上映作品は、5月中をメドに発表される予定。

上映ラインナップ
ピーター・ミラード
「ピーターとアルファベット 6人の神様」(イギリス/2017年/7分)
ロバート・モーガン
「この写真の片隅に」(イギリス/1997年/13分)
エイミー・ロックハート
「ジェシカ」(アメリカ/2014年/6分)
ダナ・シンク「愛・ボール」シリーズ
「愛・ボール」「炎・ボール」「命・ボール」ほか(アメリカ/2013-2015年/10分)

 
変態アニメーションナイト2017

孤高の海賊「ジャック・スパロウ」など個性的な登場人物が人気の「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ待望の5作目「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」が、7月1日に公開される。

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

その公開を記念して、「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」のフィルム・コンサートが日本初上陸。7月1日と2日の東京公演を皮切りに、名古屋・大阪・福岡など全国で15公演が開催される。

フィルム・コンサート

会場では、迫力ある映像で巨大スクリーン上に映し出される映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」全編を、オーケストラのライブ演奏と共に楽しめる。セリフや効果音はオリジナル映画そのままに、フルオーケストラが音楽パートを観客の目の前で生演奏してくれるという贅沢なコンサートである。

フィルム・コンサート

中でも、7月1日と2日に「東京国際フォーラム」で行われる2公演は、「サラウンド サウンド・スペシャル」と称した特別公演。25台を超えるスピーカーが客席を囲み、立体的で臨場感に溢れた音像空間を演出するという国内初の試みとなっている。

また、「東京芸術劇場(豊島区)」「みなとみらいホール(横浜市)」「所沢市民文化センターミューズ(所沢市)」の3会場では、弦楽器を増員したオーケストラ編成での公演を実施。こちらはクラシック専用ホールならではの美しい響きを思う存分堪能できる演出。

全国ツアースケジュール
7/1&7/2 東京国際フォーラム ホールA
7/7 神戸国際会館
7/8 愛知県芸術劇場 大ホール
7/9 静岡市民文化会館
7/14 横浜みなとみらいホール 大ホール
7/15 所沢市民文化センター MUSE アークホール
7/17 宇都宮市文化会館
7/21 福岡シンフォニーホール(アクロス福岡)
7/22 広島上野学園ホール
7/29 ホクト文化ホール(長野県県民文化会館)
7/30 本多の森ホール(旧 石川厚生年金会館)
8/5 大阪 フェスティバルホール
8/11&8/12 東京芸術劇場 コンサートホール

チョイと先だが、この秋、9月15日から公開予定の「Alien:Covenant/エイリアン コヴェナント」

Alien:Covenant

太古の昔、岩山と激流しか見当たらない惑星。その地表に降り立った人型異星人が半球形の容器に満たされた黒い液体を飲むと、その体は急激に溶解し始め、自らのDNAを惑星に拡散させるという、かなり印象的なオープニングで話題になった、「エイリアン」の前日譚として2012年に公開された「Prometheus/プロメテウス」

Prometheus

「エイリアン コヴェナント」は、「プロメテウス」から10年後の世界が舞台。滅び行く地球から脱出し、カップルで構成された乗り組み員たちを乗せ、人類の植民地を探す「コヴェナント」号。その後、彼らは未知の惑星を発見。そこには広大な大自然、小麦まである楽園と思われる場所だったが、鳥も動物もいない…というところからストーリーが展開される。

Alien:Covenant

実際のところ、そこには暗く危険な世界が広がっていた。想像を超える脅威がそこにはあると知った彼らは、命からがら逃げ出さなければならない。「楽園」が恐るべき真の姿を現してく…。映画のタイトルに「エイリアン」が使用された今回の作品では、「エイリアン」誕生の秘密は明かされるのだろうか?

 
Alien:Covenant

主人公はキャサリン・ウォーターストン演じるダニエルズ。彼女が発する「新しい生命の誕生よ」というセリフは一体何を意味しているのか?

Alien:Covenant

また、プロメテウス号の乗組員でアンドロイドのデヴィットを演じたマイケル・ファスベンダーが続投し、他にもジェームズ・フランコ、ダニー・マクブライドやデミアン・ビチル、エイミー・サイメッツ、カルメン・イジョゴ、ビリー・クラダップらが出演する。

Alien:Covenant

メガホンをとるのはリドリー・スコット。「エイリアン」「ブレードランナー 」と、今なお語り継がれる歴史的名作から、賞レースを賑わせた「ブラックホーク・ダウン」「グラディエーター」、そして、近年では「オデッセイ」など多くの話題作を世に送り出している巨匠である。

Alien:Covenant

「Alien:Covenant」は、自身で作り上げてきた世界に戻ってきた作品。また、今回の作品は「プロメテウス」から始まる3部作の2作目という位置づけという。大きな脅威、驚き、衝撃を見せてくれるだろう、新たな神話に注目が集まる。

Touch the heartstrings | Facebookページも宣伝


 
backnumber
 
<< Back Next >>
backnumber
 
pagetop