top

2017 May. 10

オシャレバッグあれこれ

「FURLA/フルラ」は、1927年に皮革業に精通した実業家アルド・フルラネッがアクセサリー関連のレザーを扱った企業を創業。その後、ブランドを立ち上げ現在でもイタリア特有の家族経営ブランドとして人気を誇っている。

FURLA

1955年、ボローニャに小さなショップをオープンし、レザーグッズなどの販売をスタート。70年代初頭にブランド「FURLA」をスタート、イタリア国内に販売網を広げ、80年代には海外にも進出。

以後、イタリアの皮革職人が伝統的な技と最高の素材を駆使して作るコレクションが人気で、フェミニンな雰囲気にエレガンスさと程よいカジュアル感が備わっている。また、品質の割りに比較的安価な価格帯でお手頃感があることも魅力の1つ。

FURLA

バッグ、財布、時計といったアクセサリーを中心に、靴も展開するコレクションを発表する一方、デザイナーや企業とのコラボもよく発表しており、そして、若手アーティストの支援も積極的に行い、1999年からスタートした芸術賞「フルラ・ペル・ラルテ」は、若手アーティストの登竜門となっている。その他、インテルと共同で女性向けパソコンバッグを限定販売するなど、さまざまな取り組みを行っている。

そんな「FURLA」から、3月に発売したシャクヤクモチーフの「ブランド90周年記念コレクション」に続く第2弾が5月中旬より登場。

ブランド90周年記念コレクション

今回は、メトロポリスのフラップとボディを組み合わせられるカスタマイズモデルの新作として全9種のフラップと全5色のボディカラーが展開。これらはそれぞれに1920年代から2000年代までブランドのこれまでの旅路を振り返り、各年代の色使いや音楽といった要素を落とし込んだデザインに仕上がっている。

ブランド90周年記念コレクション

スコット・フィッツジェラルド著書の「グレート・ギャツビー」は、1920年代のアメリカ・ニューヨークを舞台に、その当時の煌びやかな世界を描いている。1920年代をイメージしたフラップには、その華やかさをまとうかのように、シルバーカラーのベルベット地をベースにゴールドのスタッズと輝くビジューを施した。

1920年代イメージ ベルベット 25,000円+税
1920年代イメージ ベルベット 25,000円+税

1930年代イメージ PVC、ミンクファー 25,000円+税
1930年代イメージ PVC、ミンクファー 25,000円+税

赤と白のチェックパターンに、ポルカドットのリボンプリント、そして、縁取るようにあしらわれたボーダーのフリル。1940年代をイメージしたフラップは、リズミカルでポップな仕上がり。スウィングが流行し、音楽に合わせて踊るダンスミュージックに誰もが熱狂したこの時代を象徴するかのような趣が感じられる。

1940年代イメージ 牛革・スパンコール 25,000円+税
1940年代イメージ 牛革・スパンコール 25,000円+税

1950年代イメージ 牛革・スタッズ 25,000円+税
1950年代イメージ 牛革・スタッズ 25,000円+税

1950年代イメージ 牛革・スタッズ 25,000円+税
1950年代イメージ 牛革・スタッズ 25,000円+税

モノトーンのユニオンジャックの真ん中に、「FURLA」のロゴ入りレコード。これらは、1960年代を象徴するデザインとして採用された。UKロックの草分け「ザ・ビートルズ」が世界を席巻したこの時代に相応しく、まるで英国でブームとなったモッズスタイルを彷彿させるデザイン。

1960年代イメージ 牛革・スタッズ 25,000円+税
1960年代イメージ 牛革・スタッズ 25,000円+税

1960年代イメージ 牛革・スタッズ 25,000円+税
1960年代イメージ 牛革・スタッズ 25,000円+税

1970年代イメージ メタリックスエード・スタッズ 25,000円+税
1970年代イメージ メタリックスエード・スタッズ 25,000円+税

パンクロックとニューウェブの登場により、反骨的なファッションが流行した1980年代。その時代を想わせるフラップには、黒の牛革をベースにピンやスタッズ、無造作に取り付けられたハートのエンブレムなどが配されている。

1980年代イメージ 牛革・スタッズ 25,000円+税
1980年代イメージ 牛革・スタッズ 25,000円+税

1980年代イメージ 牛革・スタッズ 25,000円+税
1980年代イメージ 牛革・スタッズ 25,000円+税

1990年代イメージ 牛革・PVC・チェーンメタル 25,000円+税
1990年代イメージ 牛革・PVC・チェーンメタル 25,000円+税

1990年代イメージ 牛革・PVC・チェーンメタル 25,000円+税
1990年代イメージ 牛革・PVC・チェーンメタル 25,000円+税

新世紀に向けて最先端のテクノロジーが表現された2000年代を象徴するフラップ。ラミネート加工が施されたシルバーカラーに、ボルトのようなスタッズ、そして、キラキラ輝くラインストーンが配され、それはまるでロボットさながらの様相を呈する。近未来的な装いには、90年間の時を経て培われてきた「FURLA」の技術が濃縮されている。

2000年代イメージ 牛革・スタッズ 25,000円+税
2000年代イメージ 牛革・スタッズ 25,000円+税

「BURBERRY/バーバリー」から、ブランドのアイコンであるヘリテージ・トレンチコートに着想を得たデザインのメンズ・ウィメンズに向けた新バッグ「DK88コレクション」が登場。

DK88コレクション
DK88コレクション

1856年のイギリスで当時21歳だったトーマス・バーバリーによって創立された「BURBERRY」。1879年には、農民が汚れを防ぐために服の上に羽織っていた上着をヒントに「ギャバジン」といわれる耐久性・防水性に優れた新素材を発明。1888年には特許を取得し、1917年までその製造権を独占した。

1895年の「ボーア戦争」の際、トレンチコートの前身となるイギリス人士官用の「タイロッケンコート(ひもでロックするという意味のボタンのないコート)」を製造。

タイロッケンコート

1901年に最初のカタログを発行した際、公募により「名誉・高潔・勇気」を意味する「甲冑の騎士 (Equestrian Knight) 」のマークをレーベルデザインとして使用開始。なお、「Prorsum(プローサム)の旗はラテン語で「前へ」を意味している。

BURBERRY

そして、1914年に第一次世界大戦が勃発。軍部の要請により塹壕(トレンチ)での戦闘に合わせてタイロッケンコートに修正を加え、手榴弾や剣・水筒をぶら下げるD字型リングをコートに止め金として取り付けたトレンチコートを製造し、英国陸海軍に正式採用された。大戦中に50万着以上着用され、終戦後には市民に広まった。

BURBERRY

「BURBERRY」のトレンチコートは各界から深く愛され、元英首相ウィンストン・チャーチル、作家アーサー・コナン・ドイル、喜劇俳優ピーター・セラーズ、女優キャサリン・ヘプバーン、ラッパーのジャ・ルールら数々の著名人が愛用。また、映画「ティファニーで朝食を」でオードリー・ヘプバーンが着用し、日本でも宝塚歌劇団の男役がしばしば舞台上で着用している。

Breakfast at Tiffany’s

キャメル地に黒・白・赤で構成された「BURBERRY」のチェックは、細くて清楚な色合いが特徴で、「ヘイマーケットチェック」または「バーバリークラシックチェック」として知られている。

BURBERRY

このチェック模様は、1924年に「BURBERRY」のトレンチコートの裏地に使用されたのが最初。当時のイギリスでは「ウインドーペーン(窓ガラスの意)」といわれるタータンが多く使用されており、バーバリー・チェックは「カントリー・タータン」と呼ばれる柄からアレンジしたもので、公募で決定。現在は「バーバリーチェック」として登録商標となっているが、1967年に初めて裏地以外で傘やスカーフやバッグなどを含む各種アイテムに展開された。

「DK88コレクション」の素材は、トレンチコートに使用されているコットンギャバジン生地の織り模様をグレインレザーにエンボスしたオリジナルの「トレンチレザー」を採用。コート同様、耐久性に優れており、魅力が増す経年変化も楽しめる。

DK88コレクション

また、シリーズ名の「DK88」とは、トレンチコートに使われているギャバジンの撥水性の高さを「DUCK(あひる)」の羽に例えた「DK」と、コートの定番カラーであるハニー色を意味するコード「88」を掛け合わせたもの。シリーズ名にもトレンチコートのエッセンスが感じられる。

サイズは、様々なシーンに合わせて選べる豊富なラインナップ。ミドルサイズのハンドバッグから、ボウリングバッグ、円筒形のバレルバッグまで、そして、メンズからはビジネスシーンに使えるドキュメントケース、ドクターズバッグのほか、旅行用のラゲージバッグも登場。

ラゲッジバッグ 378,000円
ラゲッジバッグ 378,000円

トップハンドルバッグ ラージ 345,600円
トップハンドルバッグ ラージ 345,600円

トップハンドルバッグ 280,800円
トップハンドルバッグ 280,800円

バレルバッグ 226,800円
バレルバッグ 226,800円

サッチェル 194,400円
サッチェル 194,400円

ドクターズバッグ 324,000円
ドクターズバッグ 324,000円

色のバリエーションも、ブラックやネイビーなどのベーシックカラーのほか、春らしいピンクやイエロー、グリーン、レッド、パープルなど様々なカラーが揃う。

一方、イタリアを代表する高級ファッションブランドを展開するアパレル企業「PRADA/プラダ」からは、新シリーズ「My Character/マイ キャラクター」が登場。 メンズ・ウィメンズから初登場となる「My Character」シリーズは、大胆なロゴがポイント。レッドやオレンジ、イエローなど様々なカラーで「PRADA」のロゴを大胆に配したバッグやポーチなどが勢揃い。

My Character

ちなみに、5月17日から30日までは、「大丸京都店」でウィメンズの期間限定ショップがオープン。大胆なデザインロゴを配した「My Character」シリーズからバックパックやポーチなどが展開される。

バックパック 170,000円、176,000円(予定価格)
バックパック 170,000円、176,000円(予定価格)

軽やかな素材で仕上げたトートバッグは、ポップなストラップがポイント。カラフルなバッグは、シティだけでなく、バケーション先でも活躍間違いなし。さらに、デニム素材で仕上げたバッグや小物も店頭に並ぶ。

トートバック 109,000円(予定価格)
トートバック 109,000円(予定価格)

デニム素材で仕上げたバッグや小物

なお、今回の期間限定ショップには登場しないが、メンズラインも注目。特に、「レターチャーム」はオリジナルのカスタマイズが楽しめる万能アイテム。様々なカラーコンビネーションとディテールを配したアルファベット26文字のレターチャームを、バックパックなどに付ければ、オリジナルのカスタマイズが完成。

レターチャーム 各20,000円(予定価格)
レターチャーム 各20,000円(予定価格)

カラーは、レッド・オレンジ・イエローといった鮮やかな色合いのほか、ネイビー・カーキ・ダークグレーといったシックなものもシャレオツ。ラインを配したデザインは、スポーティーで軽快な印象。

最近の海外有名ブランドのバッグは、何となくド派手になってきている気がするのはワタシだけであろうか…。

Touch the heartstrings | Facebookページも宣伝


 
backnumber
 
<< Back Next >>
backnumber
 
pagetop