top

2017 Nov. 1

時計とアクセサリー

ラルフ・ローレン自身が所有するヴィンテージカー1938年型の「ブガッティ」をインスピレーションソースとした「ラルフ ローレン オートモーティブ コレクション」のデスククロックがチョイと注目を集めている。

1938年型の「ブガッティ」

2009年に初の時計コレクションを世に送り出したラルフ ローレン。そして、「ラルフ ローレン オートモーティブ コレクション」のデスククロックは、時代を超越して今なお魅力溢れるディテールが詰まった逸品。

ラルフ ローレン オートモーティブ コレクション

ポリッシュ&ブラッシュ加工で仕上げたSSベゼルと、美しい木目を持つクスノキ材を使用したケースが、伝説的な名車である「ブガッティ」の洗練された内装を想起させ、さらに、マットブラックのダイアルに配されたアラビア数字のインデックスが、ヴィンテージカーのダッシュボードを彷彿とさせる。

ラルフ ローレン オートモーティブ コレクション

ウッディなインテリアやダークトーンでまとめた空間のアクセントとして映え、デスクに置けば、洗練されたヴィンテージモダンな印象を演出できる。これからのホリデーシーズンのギフトとしても相応しい品格のあるタイムピースとして、プレゼントされれば喜ぶこと間違いなし。なお、価格は15万円(税別)。

スイスの熟練職人ベルナール・ファーブル「プラネット ダブル・アクシス・ウォッチワインダー」を製作。腕時計を美しく回転させる様子に思わず目を奪われ、まるでオブジェのようでありながら、自動巻き式腕時計のゼンマイを最適な状態に巻き上げるこれまでにないウォッチワインダーである。

プラネット ダブル・アクシス・ウォッチワインダー

ベルナール・ファーブルは、スイスの時計づくりの中心地の1つヌーシャテルのウオッチメイカーたちのためにオーダーメイドのアクセサリーの発案や製作、プロデュースを行ない、これまでにも「ウブロ」や「ショパール」「ピアジェ」など名だたるビッグネームとも仕事をしてきた人物。

ベルナール・ファーブル

そんな彼がデザインしたのが、ガラスドーム越しに動きを眺めることができる独創的なウォッチワインダー。ベースにはプログラムを設定するスイッチが隠され、9つのプログラムを選択ができるうえ、付属のUSBケーブルによって充電が可能となっている。

プラネット ダブル・アクシス・ウォッチワインダー

静音性も実現した高効率なモーターは、1回の充電でスタンダードなプログラムであれば約3カ月間稼働する。自分の大切な腕時計のゼンマイを巻き上げるための実用性を備えたオブジェ。そのステキな姿をぜひ手元で楽しみたいものだ。

 
Bernard Favre

「BRIEFING/ブリーフィング」「TOFF & LOADSTONEトフ アンド ロードストーン」それぞれに別注したウォッチ・アクセサリーケースのスペシャルセットが登場。既製品のカラーバリエーションではなく、ゼロから作られた特別なアイテムで、旅行はもちろん、さまざまなシーンで使えるよう仕上がっている。

「BRIEFING」の方は、コヨーテブラウンをまとったスポーティなルックスが特徴。時計を巻き付ける芯材や内装にはソフトな素材を使用しており、外装には「BRIEFING」の定番素材である1050デニールのパリスティックナイロンが用いられている。

BRIEFING
BRIEFING
BRIEFING

一方、「TOFF & LOADSTONE」のケースは、ネイビーがベースカラー。「TOFF & LOADSTONE」の人気の所以である真鍮鋳物の金具とタンニンなめしの山羊革を使用したシックな印象のケース。

TOFF & LOADSTONE
TOFF & LOADSTONE
TOFF & LOADSTONE

時計用クションは2つ付属。このクッションを取り除き、ポーチのような使い方も可能。また、リングホルダーや小さなアクセサリーの収納に便利なポケットなど機能性も高い。

このスペシャルセットがあれば、どこでも大切な時計やアクセサリーを持ち運べ、オシャレを存分に楽しめる。ちなみに、価格は2つセットで3万7800円。

2007年にオープンし、2014年に改装・拡張された「ブレゲ ブティック銀座」

ブレゲ ブティック銀座

その10周年を記念した10本限定のスペシャルエディション「クラシック5175"銀座アニバーサリー"スペシャルエディション」が発表された。

クラシック5175"銀座アニバーサリー"スペシャルエディション
クラシック5175"銀座アニバーサリー"スペシャルエディション

このスペシャルエディションは、「クラシック」コレクションに新色藍色の「グラン・フー」エナメルダイアルを添えたもの。

直径38mmホワイトゴールドケースのサイド部分には、繊細なフルート模様をあしらい、そして、藍色の「グランフー」エナメルダイヤルには、先端に穴の開いた歴史あるブレゲ針を配し、テイストを調和。長い秒針を取り入れて視認性を高めている。

クラシック5175"銀座アニバーサリー"スペシャルエディション

この定番な顔にしてわずかに10本というレアモデルの価格は、290万円(税別)。

また、独創的な機構を用いた「A.LANGE&SOHNE/A.ランゲ&ゾーネ」「リヒャルト・ランゲ・ジャンピングセコンド」に、世界100本限定のピンクゴールドエディションが発表された。

リヒャルト・ランゲ・ジャンピングセコンド

まるでクオーツ時計のように、1秒ずつステップ運針するユニークな機構を搭載した「リヒャルト・ランゲ・ジャンピングセコンド」だが、昨年発表されたプラチナエディションに続き、今年はピンクゴールドエディションが追加。

このタイムピースの主役は、最小時計単位の「秒」。その特徴を印象付けるように、レギュレーターダイアルの上部に一番大きな秒サークルを配置。そこではブルーの秒針が1分間に60回、カチッカチッと進んでいく。

リヒャルト・ランゲ・ジャンピングセコンド
リヒャルト・ランゲ・ジャンピングセコンド

そして、最大42時間のパワーリザーブが10時間以下になると、「時」「分」「秒」の3つのサークルが交わる小さな三角窓が赤色になるという仕掛けもシャレオツ。

リヒャルト・ランゲ・ジャンピングセコンド

メカニズムを魅せるサファイアクリスタルのケースバックでは、ゼロリセット機構をフィーチャー。リュウズを引くと、偏心錘付きテンプが停止。秒針が瞬時に帰零し、その後は時報で正確に時刻合わせできる。価格は、799万円(税別)。

Touch the heartstrings | Facebookページも宣伝


 
backnumber
 
<< Back Next >>
backnumber
 
pagetop