top

2017 Nov. 3

パン、お茶、朝食

11月12日、高級食パン専門店「嵜本(さきもと)」が大阪の難波にオープン。

嵜本(さきもと)
嵜本(さきもと)

約2年の開発期間を要したという同店の看板商品は、香り・甘み・口にいれた時の歯切れの良さなど、独自のこだわりを大切にした食パン。店内では、職人が1つ1つ丁寧に焼きあげる食パンと、それに良く合う手作りジャムを提供する。

嵜本(さきもと)

オープン時に用意されているラインナップは、「極美(ごくび)」「極生(ごくなま)」の2種類。「極美」は、クセのない北アメリカ産の小麦を使用した歯切れがよく、もっちりした食感が魅力の食パン。卵・乳不使用のため、小麦本来の優しい香りとほのかな甘さが楽しめる。

極美”ナチュラル”食ハ゜ン
極美"ナチュラル"食ハ゜ン

一方、「極生」は、北アメリカ産と北海道産の小麦をブレンドした生地に、淡路島牛乳や北海道産生クリーム、厳選したバターや蜂蜜の芳醇なコクを閉じ込めた一品。

極生”ミルクハ゛ター”食ハ゜ン
極生"ミルクハ゛ター"食ハ゜ン

トーストしたりジャムを合わせたい時は「極美」、繊細な口当たりをシンプルにそのまま食べたいときは「極生」と、その日の気分やライススタイルにあわせた食べ分けがオススメ。

その他、12月から2018年春にかけて「極葡萄食パン」「黒糖山型食パン」「豆腐と和三盆のはんなり食パン」「マスカルポーネと蜂蜜の食パン」など、厳選した素材と食パンを組み合わせた食パンも販売される予定。

極葡萄食ハ゜ン
極葡萄食ハ゜ン

マスカルホ゜ーネと蜂蜜の食ハ゜ン
マスカルホ゜ーネと蜂蜜の食ハ゜ン

なお、店舗の向かいにはジャム専門の姉妹店「&jam/アンドジャム」が11月17日にオープンし、併設のカフェスペースでは、「嵜本」の食パンを使ったジャムトーストが味わえる。

&jam
&jam

ジャムのラインナップは、様々なフルーツをベースに、ハーブやスパイスを加えた「フルーツ」、淡路島牛乳と北海道産生クリームをたっぷりと使用した「ミルク」、 淡路島牛乳と北海道産生クリームに和の食材を組み合わせた「ジャポニズム」と、3つのシリーズを軸に展開される。

■フルーツ
フルーツ
フルーツ
フルーツ

■ミルク
ミルク
ミルク
ミルク

■ジャポニズム
ジャポニズム
ジャポニズム

「フルーツ」からはストロベリーガーネット、ブルーベリーサファイア、「ミルク」からはラムレーズンパール、「ジャポニズム」からは黒ごま真珠など、その時々の食卓を彩る全16種のバリエーション豊かなジャムがラインナップ。価格は各680円(税込)〜

カフェスペースでは、それぞれのジャムを1つずつ味わうのはもちろん、ジャムを組み合わせてオリジナルのカスタマイズトーストを楽しむのもオススメ。パン好きには有り難いショップである。

カフェメニュー
■ジャムトースト(ラインナップから好みのジャムを3種類セレクト)
価格/480円(税込)
■ジャム&バタートースト(好みのジャムを3種類セレクト及びバター/有塩バター・エシレバターから1種類セレクト)
価格/580円(税込)〜

また、11月3日には日本全国の高品質な煎茶のみを取り揃えたシングルオリジン煎茶専門店「煎茶堂東京」が東京の銀座5丁目にオープンする。「煎茶堂東京」は、銀座に訪れる国内外の人々に向けて高品質な煎茶とその楽しみ方を提案し、単一農園から生まれた単一品種の煎茶「シングルオリジン茶」を販売する物販店舗。

煎茶堂東京

今年の1月に三軒茶屋にオープンした系列カフェ「東京茶寮」で提供されるお茶を家庭内でも楽しむことができ、日本人に馴染みの深い煎茶を、現代のライフスタイルに合わせた新しい形で提案していく。

煎茶堂東京

「煎茶堂東京」では、既存の急須に比べて、より簡単にお茶を淹れられる「透明急須」を発売する。これは、「究極にシンプルにお茶を淹れられる」ことをコンセプトにデザインされた1人前サイズの急須。

透明急須

ガラスのように透明な本体は、特別な技術による極厚の樹脂で成形されているため、「割れない」「熱くない」「省スペース」という機能性に富んでいる。取っ手や蓋もなく、より容易にお茶を淹れることが可能。

透明急須

また、茶葉のパッケージは、それぞれのカラーリングで表現。独自のアルゴリズムによって「シングルオリジン煎茶」を数値化し、茶葉をそれぞれ色彩表現に置き換える試みを実施。茶葉の情報から算出された独自のカラーがパッケージに採用されている。

煎茶堂東京

オーストラリアのシドニー発のオールデイカジュアルダイニングで、「世界一の朝食」を提供することでも知られている「bills」が、遂に関西に初上陸。

関西エリア第1号店となる店舗は、JR大阪駅直結の「LUCUA 1100/ルクア イーレ」7Fに11月3日にオープン。

bills

「bills 大阪」は、日本では8店舗目。関西エリアの中心地であるJR大阪駅に直結している「LUCUA 1100」に誕生することから、多くの人々のライフスタイルの一部になるような店舗を目指していく。

オフィスワーカー、ファミリー、そして、観光客まで、あらゆる人々にとっての「Third Place=自宅とオフィス、その間にいつもある場所」をコンセプトに展開する。

大阪店限定メニュー3種を展開

店内では、大阪店限定メニュー3種を展開。たこ焼きをイメージした「bills たこ焼き ドーナッツ w/ ホワイトチョコレート、ラズベリー&バニラクリーム、ドライパイナップル、抹茶」、また、イカ焼きからヒントを得た「タコのグリル w/ ジャガイモのムース、チャイブオイル、カラスミ」、そして、5種類のチップスと2種類のディップソースで味わえる「タピオカチップス w/ コリアンダーヨーグルト、タラマサラータ」といった、遊び心たっぷりに大阪名物を表現する一品がラインナップ。

bills ‘たこ焼き’ ドーナッツ w/ ホワイトチョコレート、ラズベリー&バニラクリーム、ドライパイナップル、抹茶 800円+税
'たこ焼き' ドーナッツ w/ ホワイトチョコレート、ラズベリー&バニラクリーム、ドライパイナップル、抹茶 800円+税

タコのグリル w/ ジャガイモのムース、チャイブオイル、カラスミ 1,300円+税
タコのグリル w/ ジャガイモのムース、チャイブオイル、カラスミ 1,300円+税

タピオカチップス w/ コリアンダーヨーグルト、タラマサラータ 700円+税
タピオカチップス w/ コリアンダーヨーグルト、タラマサラータ 700円+税

その他、「オーガニックスクランブルエッグ」「リコッタパンケーキ」といった「bills」を象徴するメニューはもちろん、「ブレックファーストサラダ」「フライドチキンサンドイッチ」「ステーキのグリル」など、これまで世界中の食のトレンドを牽引してきたアイコニックなメニューも勢揃い。

リコッタパンケーキ
ブレックファーストサラダ
パンケーキ

なお、内装はセピア色をベースとした落ち着いた雰囲気で、ビル・グレンジャーがこだわり抜いたインテリアやお気に入りのアーティストによるアートワークを散りばめた居心地の良い空間。

さらに、ショップにはバーカウンターが設けられ、「bills」がお勧めするオリジナルカクテルなどのアルコールを楽しむことができる。

Touch the heartstrings | Facebookページも宣伝


 
backnumber
 
<< Back Next >>
backnumber
 
pagetop