top

2017 Nov. 15

プロトタイプ&レースカー

「Lamborghini/ランボルギーニ」は、「MIT/マサチューセッツ工科大学」の化学物質学科と機械工学科の2つの研究所とのコラボレーションにより開発された「Lamborghini」の将来像を示すエレクトリック・ハイパーカーのデザインコンセプトモデルとなる「Lamborghini of the Terzo Millennio/テルツォ・ミッレニオ」のプロトタイプを発表した。

Lamborghini of the Terzo Millennio

MTIのキャンパスで開催されたイベント「EmTech MIT Conference」にて出席者とMITコミュニティ向けに展示されたという未来的な外観が特徴的な「Terzo Millennio」は、先見性のあるデザインや、エネルギー貯蔵システムなどの最新技術などが取り入れられており、「Lamborghini」の次世代の電動スーパーカーの在り方を提案するコンセプトとなっている。

Lamborghini of the Terzo Millennio
Lamborghini of the Terzo Millennio
Lamborghini of the Terzo Millennio
Lamborghini of the Terzo Millennio

今回発表された「Terzo Millennio」は、1年前から「Lamborghini」が「MIT」と提携し、共同で研究開発を行う「MIT-Italyプログラム」の一環として設計されたコンセプトモデルとなっており、EVハイパーカーコンセプトの技術的な注目点の1つに、エネルギー貯蔵システムとして「スーパーキャパシタ」を用いることが挙げられる。

「スーパーキャパシタ」は、電気二重層キャパシタの総称で、有機電解液とアルミや炭素を原料とした簡単な構造となっており、一般的な電池のように重金属を使用しないため環境負荷が少ないだけでなく、充放電時のエネルギーロスも少なく、電池では不可能な瞬時の充放電が可能。寿命はとても長く、一般的な電池の100倍程度になるといわれている。

Lamborghini of the Terzo Millennio

これをエネルギー源に、4つのホイールそれぞれに電気モーターを組み込んだ4輪駆動を採用。4輪それぞれを個別にトルク制御する。

Lamborghini of the Terzo Millennio

技術的なチャレンジはそれだけでなはく、「Lamborghini」がこれまでも積極的に取り組んできたカーボンファイバー技術をこのコンプトで発展させる狙いもある。新たな取り組みとして「自己回復」の概念に基づき、治癒化学物質を利用することでボディが自ら監視・修復する機能を盛り込んだ。

Lamborghini of the Terzo Millennio

これによりカーボンファイバーに生じる亀裂・損傷の危険を減少させられるので、カーボンファイバーの使用パートをさらに増やすことができ、さらなるボディの軽量化が可能になる。ボディのスタイリングは、これまで培ってきた空気力学を応用したまったく新しいアーキテクチャーで、鍛造コンポジット技術をベースにしたモノコックシャシーと組み合わせた。デザイン面での特徴として、前後のライトのY字型モチーフが挙げられる。

Lamborghini of the Terzo Millennio
Lamborghini of the Terzo Millennio

実際のところ、これらの技術が開発され、実用化され市販車に反映されるまでにはまだまだ時間がかかるのが現実。今回発表された「Terzo Millennio」が一般向けに市販されることはほとんど可能性がないが、「MIT」とともに本格的な研究開発が行われていることもあり、将来的には「Lamborghini」のスーパーカーにこのような最先端技術が投入されていくことは間違いない…と、思う。

「Bentley/ベントレー」から、新型「コンチネンタルGT」をベースにしたレースカーとなる「コンチネンタルGT3」が発表された。

コンチネンタルGT3

2018年6月よりレース関係などの顧客向けに販売が開始されるという新型の「コンチネンタルGT3」は、新開発の直噴4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力は550HP以上。市販モデルの「コンチネンタルGT」の2244kgと比べ、大幅に下回る1300kg以下に抑えられている。

コンチネンタルGT3

今回発表された新型の「コンチネンタルGT3」は、最新の市販モデルとなる第三世代の「コンチネンタルGT」をベースに、「Bentley」のテクニカルパートナーである英国のモータースポーツ関連企業「M-Sport」のデザイナーや技術者とともに、「Bentley」の社内チームのエンジニアらによって開発された。

コンチネンタルGT3

デザイン面は、各所が空気力学を重視した形状となっており、サスペンションとブレーキシステムはこのモデルのための特注品となっており、性能面という以外でも、市販の「コンチネンタルGT」と異なる攻撃的でスポーティな外装デザインも印象的。

コンチネンタルGT3
コンチネンタルGT3

ちなみに、新型の「コンチネンタルGT3」は、イタリア・モンツァで開催される2018年の「ブランパンGTシリーズ耐久カップ」のオープニングラウンドでレースデビューを予定している。

「Aston Martin/アストン・マーティン」からステキなマシン?が登場。

ドイツの高性能バイシクルブランド「ストーク バイシクル」とのコラボによって生み出されたロードバイク「Storck Fascenario.3 Aston Martin Edition」を107台限定で発売することが発表された。

Storck Fascenario.3 Aston Martin Edition

ストークの創業者マーカス・ストークが手がけるロードバイクは、機能性を徹底的に追求していることで有名。そんな彼が「Aston Martin」のビスポーク部門「Q by Aston Martin」とコラボレーションすることによって誕生したのがこの限定モデル。

Storck Fascenario.3 Aston Martin Edition

マーカス・ストークは、「自動車ブランドとのコラボレーションモデルとしては、おそらく最高のロードバイクと言っていいでしょう」と太鼓判を押す。

カーボンファイバー製フレームの重量はわずか770g。ブレーキやホイールにもカーボンファイバーが用いられた効果で、ロードバイク全体でも5.9kgという軽さが特徴。デザインは、「Aston Martin」を彷彿とさせる、美しく洗練されたものに仕上がっている。なお、タイヤはピレリ製の高性能仕様「Pゼロ・ヴェロ」が装着されている。

Storck Fascenario.3 Aston Martin Edition

「Q by Aston Martin」が担当したカラーリングは「Argentum Nero」と呼ばれ、光の当たり具合によって、光沢のあるグレーからグリーン、シルバーへとわずかに変化して見える。このペイントは今後発表されるストークとコラボしたクルマにも採用される予定。

Storck Fascenario.3 Aston Martin Edition

まだ、価格は発表されていないが、チョイとお高くなりそうな気配がプンプン。

一方、「Mercedes-AMG/メルセデス-AMG」とドイツの自転車ブランド「ROTWILD」とのコラボレーションから造られた3台目のロードバイク「ROTWILD R.S2 Limited Edition Mercedes-AMG GT R bicycle」が登場。

ROTWILD R.S2 Limited Edition Mercedes-AMG GT R bicycle
ROTWILD R.S2 Limited Edition Mercedes-AMG GT R bicycle

同じ愛称を持つスポーツカー「Mercedes-AMG GT R」からインスパイアされており、同車のボディ・カラーを思わせる「ヘル・グリーン」とブラックで塗られたフレームをはじめ、ホイール、ハンドルバー、シートポストは全てカーボンファイバー製。

ROTWILD R.S2 Limited Edition Mercedes-AMG GT R bicycle
ROTWILD R.S2 Limited Edition Mercedes-AMG GT R bicycle
ROTWILD R.S2 Limited Edition Mercedes-AMG GT R bicycle

シマノの油圧式ディスク・ブレーキと11×2速トランスミッションを備えており、販売台数は限定50台のみで、7109ユーロ(約94万円)という価格は、「Mercedes-AMG GT R」が「グリーン・ヘル」と呼ばれるニュルブルクリンク北コースで記録した7分10秒09のラップタイムに因んでいる。

ROTWILD R.S2 Limited Edition Mercedes-AMG GT R bicycle
ROTWILD R.S2 Limited Edition Mercedes-AMG GT R bicycle
ROTWILD R.S2 Limited Edition Mercedes-AMG GT R bicycle

最後に登場するのは「McLaren」から「P1」の発売5周年を記念した企画で、「McLaren P1」をさらに小型化し、代替燃料による動力を用いた「足けり乗用」モデル。

McLaren

このモデルは乗車した子どもの足のパワーによって駆動する。メーカー推奨は3歳未満。カラーは「McLaren P1」らしいボルケーノ・イエローで、12月よりオンラインでの購入が可能。イギリスでの価格は35.99ポンド、約5400円。

McLaren
McLaren

あと1ケ月チョイでクリスマス。お子様へのプレゼントにいかが?

 
The new McLaren P1?: Embracing alternative fuels
 
Touch the heartstrings | Facebookページも宣伝


 
backnumber
 
<< Back Next >>
backnumber
 
pagetop