top

2018 Aug. 8

電動アシスト自転車あれこれ

ヤマハ発動機から、デザイン性と本格的な走行性能を備えた24型シティタイプの電動アシスト自転車「PASシティ-V」が、9月13日より発売される。

PASシティ-V

「PASシティ-V」は、通勤や街乗りなどで使いやすい上質感のあるデザインを備え、気軽にスポーティな走行感覚を楽しめる24型コンパクトモデル。直線的でシャープなラインが特徴的なV型フレームを採用。軽量・コンパクトで取り回しがよく、通勤ファッションでの乗り降りもしやすい設計になっている。また、都市部の街並みにも馴染むオトナの上質感を意識したカラーとグラフィックを採用し、レトロスポーティなデザインに仕上げている。

PASシティ-V
PASシティ-V

走行面では、オンロードでの走り心地を重視したタイヤを装着するとともに、本格的な走りを楽しめる内装5段変速をPASシリーズコンパクトモデルとして初採用。内装変速機は取り扱いがしやすく、中・長距離の通勤・通学にも快適に使用できる。

PASシティ-V
PASシティ-V

また、ギアポジションに合わせてきめ細やかな制御を実現する「S.P.E.C.5」や、トリプルセンサーシステム、便利な時計機能など表示メニューの充実した液晶5ファンクションメーターなど、PASシリーズの特長はそのまま継承している。

PASシティ-V
PASシティ-V
PASシティ-V

カラーはシルバー、グリーン、レッドの3色を設定。価格は12万6360円。

PASシティ-V
PASシティ-V
PASシティ-V

ちなみに、今年の春には、スポーティタイプの電動アシスト自転車「PAS ヴィエンタ5」「PAS ブレイス」2018年モデルが登場。

PAS ブレイス
PAS ヴィエンタ5

「PAS ヴィエンタ5」は、スポーティでトップチューブが低く、乗り降りしやすいフレームに、快適で爽快感ある街乗りを楽しめる内装5段変速や、通勤や買い物などにも使いやすいサークル錠を採用。スポーティなデザインと実用性を両立させている。価格は13万9320円。

PAS ヴィエンタ5

一方、「PAS ブレイス」は、スポーティなアルミ製ダイヤモンドフレームに、フロントサスペンション、フロントディスクブレーキ、内装8段変速機を搭載。通勤や週末のサイクリングなどの長距離走行も快適に楽しめる本格派スポーティモデル。価格は17万1720円。

PAS ブレイス
PAS ブレイス

2018年モデルは、各モデルが持つ個性やスポーティなイメージに合う新色を採用。「PAS ヴィエンタ5」は「ビターオレンジ」、また、「PAS ブレイス」は「アースブルー」および「リッチレッド」を新色として設定。各モデル、既存色と合わせ4色を用意。

「パナソニック サイクルテック」からは、エントリーユーザー向け電動アシスト自転車スポーティーモデル「VELOSTAR/ベロスター」シリーズ2機種を9月上旬より発売する。新機種は、クロスバイクタイプで軽快な走りを楽しむ「ベロスター」、そして、小径タイヤで取り回しのよい「ベロスター・ミニ」の2モデル。通勤・通学に使用しつつ、単なる移動時間をスポーツを楽しむ時間へと変えることで、サイクルスポーツのエントリーユーザー市場の拡大を図る。

ベロスター

「ベロスター」シリーズは、スタイリッシュなデザインに、外装7段変速を搭載。高速巡行性に優れた700×38Cタイヤを採用した「ベロスター」は市街地のアップダウンを軽く登りきることができ、20インチタイヤを採用した「ベロスター・ミニ」は、高速ギヤにより小径タイヤながらも軽快な走りを実現する。

ベロスター・ミニ

また、持ち運びが楽な容量8Ahの軽量リチウムイオンバッテリーを搭載し、1回の満充電で「ベロスタ」ーは28km、「ベロスター・ミニ」は31kmのアシスト走行が可能。さらに、どこでもスッキリ置ける新開発のスタンド式小型専用充電器を採用し、約4.5時間で充電を完了する。

カラーは「ベロスター」がホワイト、ブラック、レッド、そして、「ベロスター・ミニ」はオリーブ、ブラック、オレンジの各3色を設定。価格は9万5000円(税抜)。

電動アシスト自転車と聞くと、何となく10万円以上はするチョイと高価なものというイメージが強いが、39,800円(税別)という価格の電動アシスト自転車が「イトーヨーカドー」より登場。見た目のオシャレさはもちろん、機能性も文句なし。そして、お財布に優しい上に乗り心地も最高の電動アシスト自転車「サイクー」

サイクー

握りやすさにこだわったハンドルや、座り心地の良いサドルでとことんノンストレスな乗りやすさにこだわりました。付属のライトがついてこの価格は、「イトーヨーカドー」だからこそ実現できたもので、サイドにさりげなく入ったブランドロゴやラインもスタイリッシュなムード満点。

サイクー
サイクー

鮮やかな赤、青、グリーンを始め、ベーシックな白と黒の展開もあり、好みに合わせて選べるカラー展開も魅力の1つ。

サイクー

余計なスペックをそぎ落とし、とことんシンプルなデザインにこだわった作りなので、通勤を始めとするオンのシーンでもオシャレに乗りこなせるのが嬉しいポイント。スーツスタイルとももちろん相性抜群。また、近場へのお出かけやショッピングなども、電動アシスト自転車があればとっても楽チン。オフの日の過ごし方の幅がぐっと広がること間違いない。

サイクー
サイクー

また、この電動アシスト自転車の大きな魅力として、必要なスペックだけ自由にカスタマイズできるということにある。シンプルなまま使用してもよし、より便利さを追求したい方のニーズにも応え、別売りのかごや泥除けなどを別途付け加えることが可能。例えば、前カゴと泥除けのパーツを付け加えても、48,710円(税抜き)というコストパフォーマンスの良さも見逃せない。

サイクー
サイクー
サイクー

自転車専門店の「あさひ」からは、男子児童向け新ブランド「DRIDE」より、マウンテンバイクの新モデル「DRIDE-XX」の販売を開始した。

DRIDE-XX

新モデルは、どんな悪路でも走行できる4WD自動車をイメージした存在感のあるデザインが特徴。カンガルーバーをモチーフにアルミ素材で作られたオリジナルハンドルバーには、スピードウォッチなど、様々なオプションパーツが装着できる。

DRIDE-XX

リア6段変速、サスペンション付きフロントフォークと、シリーズ最大サイズの2.25幅のタイヤを採用し、快適でアクティブな走行をサポート。チューブ下のフェンダーとリアフェンダーが水、泥、石のはねを防ぐ。

DRIDE-XX
DRIDE-XX

カラーはタフブラック、ネイビー、オレンジの3色を用意。価格は22型・24型が2万7980円、26型が2万9980円。

DRIDE-XX

最後に登場するのは、軽キャンパーや50cc四輪ミニカーなどを製造・販売する「ブレイズ」から、公道走行可能な折りたたみ電動バイク「ブレイズスマートEV」

ブレイズスマートEV
ブレイズスマートEV

「ブレイズスマートEV」は、わずか5秒で折りたためる電動バイク。重量は18kg、折りたたみ時のサイズは全長600×ハンドル部350×高さ1200mmと超コンパクト。

女性でも気軽に持ち運べるほか、軽自動車からワンボックスカーまでスムーズに積み込み可能。

ブレイズスマートEV

家庭用コンセントで3.5時間充電すれば約30km走行でき、また、高出力モーターで最高速度は30km/h、十分な加速トルクで坂道でもパワフルな走りを実現する。その他、前後ディスクブレーキ、LEDヘッドライト、Bluetoothスピーカー、クルーズコントロール、USBポートなどを装備。

ブレイズスマートEV

カラーはブラック、ホワイト、レッド、グリーンの4色がラインナップされており、価格は18万1090円。ナンバー登録および配送料3万8000円+税を含む。

ブレイズスマートEV

 
Touch the heartstrings | Facebookページも宣伝


 
backnumber
 
<< Back Next >>
backnumber
 
pagetop