top

2018 Dec. 2

梅酒と地ビール

東京の銀座にて、期間限定ショップ「The CHOYA BAR Cocktail Tour 2018/ザ チョーヤ バー 銀座 カクテルツアー 2018」がオープン。

The CHOYA BAR Cocktail Tour 2018

当初は11月30日までの予定だったが、好評につき12月30日まで期間を延長することが決定。

「The CHOYA BAR Cocktail Tour 2018」では、日本発祥の伝統的リキュール「梅酒」を使用した50種類以上のカクテルを提供。プロのバーテンダーによりアレンジされた、いつもよりリッチな梅酒カクテルを楽しむことができる。

The CHOYA BAR Cocktail Tour 2018

おすすめメニューは、「ザ・チョーヤ」ベースでアレンジした12月限定カクテル。スパークリングワインや冷凍梅を使用した「The CHOYA ゴールドスパークリング」、ブラックベリーやローズマリーを浮かべた「The CHOYA イルミネーション」、ピーチネクターでアレンジを加えた「The CHOYA ベリーニ」の全3種がラインナップ。どれも年の瀬に相応しい華やかな見た目の一杯に仕上がっている。

The CHOYA BAR Cocktail Tour 2018

他にも、「ザ・チョーヤ」をベースに、ハイボールやレモンサワーをはじめ、ほうじ茶やサツマイモなどを組み合わせた斬新なカクテルも数多く用意されており、さらに、急速冷凍し鮮度を保った「紀州産完熟南高梅」の実を活用したカクテルも提供される。

The CHOYA BAR Cocktail Tour 2018

また、「ザ・チョーヤ」シリーズの飲み比べ「ザ・チョーヤ フライト」や、アルコールが苦手な方でも楽しめるノンアルコールのモクテルなどもズラリと勢揃いする。

The CHOYA BAR Cocktail Tour 2018
The CHOYA BAR Cocktail Tour 2018

さらに、一般市場に出回ることのない熟度が高い特別な梅を使用したフードも用意。この機会に、新たな「梅酒」の魅力を見つけてみるのもオシャレだ。

The CHOYA BAR Cocktail Tour 2018
The CHOYA BAR Cocktail Tour 2018

価格は、オリジナルカクテルメニュー/680円+税〜、そして、飲み放題付きコースプラン/4,000円(税込)〜となっている。

神奈川の厚木の地ビールメーカー「Sankt Gallen/サンクトガーレン」より、正月限定「一升瓶ビール」が、12月末までの期間限定で登場。

一升瓶ビール

「一升瓶ビール」は、名前の通り一升瓶入りの1.8Lビールのこと。お正月限定バージョンは、お祝い事にぴったりの華やかな水引飾りが付いた、人が集う年末年始に最適な仕様となっている。

「一升」と「一生」を掛けて、「一升(一生)分の感謝を込めて」などの願いが込められているところもこのビールのこだわり。シンプルなビールの「金」とコク深い黒ビールの「黒」の2種類が登場する。

一升瓶ビール
一升瓶ビール

価格は、店頭/2,376円(税込)、直営ネットショップ 1本/3,000円(送料・税込)、2本 4,760円(送料・税込)、6本/14,250円(税込)。※数量を超えた場合、早期販売終了となる場合有り、興味ある方はお早めに発注を…。

また、「サンクトガーレン」からワイン並の高アルコールを持ち、ワインのように長期熟成するビール「麦のワイン」が2種類登場。先月のボジョレー・ヌーボー解禁日に、各8,000本限定で発売された。

麦のワイン

発売されたのは、「悪魔」と名づけられた大麦ワインと、「天使」の小麦ワインの2種。「麦のワイン」は、19世紀イギリスを発祥に持つビールの1種。

寒冷でブドウを栽培が出来なかったイギリス人が、フランスワインの人気に嫉妬して造ったと言われる説もある。

通常の2.5倍以上の麦芽を使用しており、麦汁の濃度の高い部分だけを使っているため、濃厚で蜜のようにとろりとした口当たりが特徴。アルコールはどちらも約10%で、通常のビールの約2倍にあたる。ワインのように5年間熟成させることが出来、うまく熟成できるとドライフルーツのような複雑な甘味を感じることもできるという。

麦のワイン
麦のワイン2種セット/2,910円

なお、通常ビールは新鮮な出来たてのもののほうが喜ばれるが、麦のワインは逆。ビールファンの間では古いほど価値が高いとされるほど。そのために購入して熟成させ、前年のものと飲み比べをして楽しむのがオススメ。

さらに、「いちじく」を使ったフルーツビール「ウィンターフルーツタルトエール」が登場。

ウィンターフルーツタルトエール

12月6日よりボトルが発売されるが、2019年1月頃までの限定展開を予定。

「ウィンターフルーツタルトエール」のメインとなる「いちじく」は、「サンクトガーレン」が春夏限定で製造しているフルーツビール「湘南ゴールド」のオレンジと同じ産地神奈川の足柄地区で作られたもの。樹上で完熟した朝採りの「いちじく」をその日のうちに出荷。完熟した「いちじく」の果肉は、若もぎされたものとは一線を画す美味しさ。果肉はねっとりと柔らかく、優しい甘味が感じられる。

ウィンターフルーツタルトエール

ビールには「あしがらいちじく」を約110kgを使用。さらに「いちじく」と相性の良いリンゴを加えることで、爽やかな酸味を添えている。アクセントになるのは、少量の生姜とシナモン。スパイシーな香りがフルーツの甘みを引き立ててくれる。

ウィンターフルーツタルトエール
ウィンターフルーツタルトエール
ウィンターフルーツタルトエール

ベースのビールには、カラメル麦芽を起用。まるで、焼いたタルト生地にような香ばしい風味が特徴。「いちじく」の果実を贅沢に並べて焼き上げたタルトをイメージした「ウィンターフルーツタルトエール」、冬限定のビールなので気になる人は要チェック。

ウィンターフルーツタルトエール
ウィンターフルーツタルトエー ル330ml/429円+税

 
Touch the heartstrings | Facebookページも宣伝


 
backnumber
 
<< Back Next >>
backnumber
 
pagetop