top

2018 Dec. 12

シャレオツ腕時計

スイスの新進高級時計ブランド「RAYMOND WEIL/レイモンド・ウェイル」から、世界を代表するイギリスの名門アンプメーカー「マーシャル」とのパートナーシップによる限定モデル「タンゴ マーシャル リミテッドエディション」が登場。

タンゴ マーシャル リミテッドエディション

ミュージック&アートをインスピレーションの源とし、著名な音楽家や有名音楽レーベルとのコラボレーションモデルを展開する「RAYMOND WEIL」のミュージック コラボレート コレクションから、世界中のギタリストに愛用されるアンプブランド「マーシャル」とのパートナーシップから生まれた限定タイムピースが誕生した。

タンゴ マーシャル リミテッドエディション

この「タンゴ マーシャル リミテッドエディション」は、伝統的なマーシャルテイストを踏襲。ヴィンテージ感のあるチェック模様のスピーカーグリルクロスをイメージした文字盤、ゴールドノブを模したインダイアルや、ダイアル外周部に施されたホワイトのパイピングなど、歴史ある「マーシャル」の特徴を反映した、クラシックな存在感を放つ美しいデザインへと仕上げられた。

タンゴ マーシャル リミテッド エディション/21万600円(税込)
タンゴ マーシャル リミテッド エディション/21万600円(税込)

ケースバックには限定シリアルナンバーと、アイコニックなマーシャルのロゴを刻印。この特別なタイムピースは、世界限定1000本で、マーシャル定番のアンプをイメージしたスペシャルボックスに収めて提供される。価格は、21万600円(税込)。

タンゴ マーシャル リミテッド エディション/21万600円(税込)

「GRAND SEIKO/グランドセイコー」から「HIROKO HAYASHI」とコラボした「エレガンスコレクション」限定モデルが登場。

200本限定でリリースされる。

HIROKO HAYASHI コラボレーション限定モデル/75万円(税別)
HIROKO HAYASHI コラボレーション限定モデル/75万円(税別)

日本を代表する時計ブランド「GRAND SEIKO」と、遊び心と独自の価値観を持ったオトナのためのレザーブランド「HIROKO HAYASHI」のコラボが実現。世界で活躍する2つのジャパンブランドの魅力を詰め込んだ限定モデルが誕生した。

ケースデザインは、サイドアーチにセッティングされた美しいダイヤモンドが特徴で、ダイアルは2色のグレージュカラーにより4分割されたデザイン。アクセントとなるオレンジの秒針が今の自分を表し、過去と未来の時間軸を行ったり来たりするイメージ。時を刻むことが楽しくなりそうな「HIROKO HAYASHI」の世界観が表現されている。そして、ストラップは「HIROKO HAYASHI」のアイコンであるレザーを2種類用意。デザイナーの林ヒロ子オススメは、ダイアルを挟み込み、上下で異なるデザインを施した1本。高貴な印象のブルーグレーを基調に、12時側にはベージュを、6時側にはシルバーを重ねたカラーリングで、相対する人と自身とでは別の見え方になる。

HIROKO HAYASHI コラボレーション限定モデル/75万円(税別)

もう1本は、網目状に立体感を施した「HIROKO HAYASHI」らしいデザイン。シャンパンゴールドのカラーが手元を華やかに彩る。

HIROKO HAYASHI コラボレーション限定モデル/75万円(税別)

また、この限定モデルにだけ特別に「HIROKO HAYASHI」のオリジナルレザーで作った、瞳のイメージを刺繍したウオッチケースが付属する。

HIROKO HAYASHI コラボレーション限定モデル/75万円(税別)

エレガントでシックなスタイルの限定モデル。余裕ある女性の魅力をより一層引き出してくれるアイテムは、ホリデーギフトにもピッタリだ。

堅牢で信頼性に富む、プラクティカルな機械式時計を展開する「BALL WATCH/ボール ウォッチ」のフラッグシップ・コレクション「エンジニア ハイドロカーボン」より、「サブマリン ウォーフェア」が登場。

サブマリン ウォーフェア/26万5000円(税別)
サブマリン ウォーフェア/26万5000円(税別)

アメリカを創業地とする「BALL WATCH」では、過去に南北戦争時代に開発された潜水艇の名を持つ「アリゲーター」、アメリカ海軍最初の潜水艦「ハンレー」など、深海での使用を目的としたダイバーズウオッチを開発してきた。

今年の12月にリリースされる「サブマリン ウォーフェア」は「潜水艦」を意味し、従来モデルよりも視認性や耐磁性にこだわり開発された。精悍なマットブラック文字盤、シンプルなシンメトリック・デザイン、反射防止処理済みのサファイアガラスは視認性を高め、時計内部のムーブメントを固定、保護するインナーケースに特殊素材のミューメタルを時計業界で初めて採用し、80,000A/m(1000ガウス) という高い耐磁性を実現している。

サブマリン ウォーフェア/26万5000円(税別)

一般に、デジタル機器は強い磁気を発するが、80,000A/mの高耐磁性を持つミューメタルによって、スマホのスピーカー部分に密着させてもムーブメントに影響を及ぼすことはなく、高い精度が保たれる。

また、「BALL WATCH」のアイデンティティとも形容すべきセーフティロック・クラウンシステムをこのモデルでも搭載。時刻調整後にリュウズを最後までねじ込まないとプロテクションプレートをロックできない構造のため、ねじ込み忘れを防ぐと同時にリュウズの保護の役割を果たしている。

サブマリン ウォーフェア/26万5000円(税別)
サブマリン ウォーフェア/26万5000円(税別)

針やダイアル外周のインデックスには、「BALL WATCH」独自の自発光マイクロ・ガスライトを計16個装備。従来の夜光塗料の約70倍もの輝度を誇り、10年以上に渡って発光が持続するため、暗闇でも圧倒的な視認性を確保している。

サブマリン ウォーフェア/26万5000円(税別)

最後は、2018年に創業165年を迎えたスイスウオッチブランド「TISSOT/ティソ」。1940年代の美学をモダンに再解釈した特別なモデル「ティソ ヘリテージ 2018」をリリース。「ティソ ヘリテージ 2018」は、1943年に発表されたスモールセコンドを搭載した腕時計にインスピレーションを得て制作されたモデル。オリジナルは、ケース素材にニッケルクロム合金を採用し、「TISSOT」にのみ供給された27mmキャリバーを搭載したモデル。

ティソ ヘリテージ 2018/11万8800円(税込)
ティソ ヘリテージ 2018/11万8800円(税込)

「ティソ ヘリテージ 2018」は、そのモデルに思いを馳せ、手巻きメカニカルムーブメントを踏襲し、過去へのオマージュをデザインに取り入れながらも、今日のテクノロジーを駆使して現代へとアップデートされた最高レベルのクオリティを実現したタイムピースに仕上がった。

ティソ ヘリテージ 2018/11万8800円(税込)

繊細なヘアライン仕上げが施されたダイアルにはヘリテージロゴが添えられ、気品漂うリーフ針が絶妙にフィット。ハイエンドウオッチに多く見る「ボックス」型に仕上げた無反射コーティング加工サファイアクリスタルガラス風防が、ヴィンテージな趣に現代的な側面を与えている。

ティソ ヘリテージ 2018/11万8800円(税込)

天然植物から抽出したタンニンなめしによるレザーストラップは使えば使うほど馴染み、艶や風合いの変化を楽しめる。ディテールにこだわったリッチな仕上げは、かつての時代の美学を今に伝えている。

ティソ ヘリテージ 2018/11万8800円(税込)
ティソ ヘリテージ 2018/11万8800円(税込)

 
Touch the heartstrings | Facebookページも宣伝


 
backnumber
 
<< Back Next >>
backnumber
 
pagetop