top

2018 Dec. 14

ランニングシューズ

「PUMA/プーマ」が、初めてコンピューター機能を搭載した1980年代のランニングシューズ「RS コンピューター」を復刻。

RS コンピューター

ランナーのパフォーマンスを分析するために、1986年に誕生した「RS コンピューター」は、踵に内蔵されたコンピューターチップにランナーのタイム・距離・消費カロリーを自動的に記録。さらに、ピンコードを使用して、パソコンにデータ転送も可能という革新的な技術で、当時話題を呼んだ。

RS コンピューター/75,000円+税 ※全世界86足限定
RS コンピューター/75,000円+税 ※全世界86足限定

また、シューズはレザーをアッパーに採用した高級感溢れる佇まいも魅力。パッド付きの履き口、弾力性に富んだアウトソールによって、足に負担をかけにくい履き心地の良さも兼ね揃えている。

RS コンピューター/75,000円+税 ※全世界86足限定

今回復刻される「RS コンピューター」では、そのデザインをそのままに、新しい機能を追加。接続には、ケーブルを必要としない Bluetoothを採用。

RS コンピューター/75,000円+税 ※全世界86足限定

また、パソコンの代わりに、スマホのアプリで気軽にパフォーマンスをチェックすることもできる。なお、復刻シューズは、全世界で86足の限定生産。シュータンの裏側には、シリアルナンバーが刻印されている。

一方、「NIKE/ナイキ」からは、日本独自のデザインが施されたスニーカー「EKIDEN PACK」が登場。12月20日より発売開始となる。

EKIDEN PACK

5つのシューズからなる「EKIDEN PACK」は、お正月の風物詩である駅伝から着想を得てデザインされている。アッパーは、ホワイトをベースに蛍光レッドのスウォッシュを配し、日本の国旗を連想させるカラーリングに仕上げた。ミッドソールには、銀箔を散らした和紙をインスピレーション源に、シルバーの斑点をデザイン。また、アクセントとして、日本伝統の藍染をイメージしたインディゴカラーが施されている。

EKIDEN PACK

マラソン2時間の壁に挑戦した「Breaking 2」に合わせて開発された「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%」は、世界最速のマラソンランナーがベストな走りを実現する支えとなることを目的にデザインされた。これは、超軽量で柔らかく、最大85%のエネルギーリターンを実現するナイキ ズームX フォームと、推進力を感じさせるフルレングスの曲線のカーボンファイバープレートによって実現されており、当時のナイキの最速レーシングシューズと比較してランニングエコノミーが平均で4%高まっている。

ズーム ヴェイパーフライ 4% フライニット/28,080円(税込)
ズーム ヴェイパーフライ 4% フライニット/28,080円(税込)

「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ4% フライニット」は、これまでの画期的な特徴はそのままに、軽量なフライニットをアッパーに用い、2018年9月に発売されて以来、多くのアスリートに愛用され、結果を出しているモデル。今年10月にシカゴマラソンで大迫傑選手が着用し、2:05:50で日本記録を更新、また、エリウド・キプチョゲ選手は「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ4% フライニット」をベースにしたシューズを着用し、9月にベルリンマラソンで世界記録を樹立した。

ズームフライ フライニット/17,280円(税込)
ズームフライ フライニット/17,280円(税込)

その他、一般ランナーなど日々の練習にも適した「ナイキ エア ズーム ペガサス 35」や、薄型のクッショニングシステムを採用し、反発性にも優れた「ナイキ エア ズーム スピード ライバル 6」がラインナップ。また、「ナイキ ズームフライ SP/19,440円(税込)」も発売予定。

エア ズーム ペガサス 35/12,960円(税込)
エア ズーム ペガサス 35/12,960円(税込)

エア ズーム スピード ライバル 6/9,180円(税込)
エア ズーム スピード ライバル 6/9,180円(税込)

また、「Reebok/リーボック」のユニセックススニーカー「RUN.R 96/ランR 96」の新色が登場。

RUN.R 96/24,840円(税込)
RUN.R 96/24,840円(税込)

「RUN.R 96」は、90年代のランニングシューズに使われたリーボック独自のテクノロジーに、現代的なデザインを融合させたスニーカー。パーツ毎に分離したノコギリ刃のようなフォルムのソールが最大の特徴で、90年代に発表されたものの商品化に至らなかった幻のプロトタイプモデル「PUMP EVO」に採用された「スプリット ツーリング」と呼ばれるアウトソールが搭載されている。

RUN.R 96/24,840円(税込)

これまでのモデルは、そのほとんどがワントーンのシンプルなカラーリングでリリースされていたが、今回の2019年春夏モデルは、より多くのカラーをまとって登場。メッシュとラバーの異種素材を組み合わせたアッパー部分は白と黒をベースに差し色として赤を加え、レトロモダンな雰囲気を放つ一足に仕上がっている。

RUN.R 96/24,840円(税込)

余談ながら、「adidas Originals/アディダス オリジナルス」とアニメ「ドラゴンボールZ」とのコラボレーション「adidas Originals by Dragonball Z/アディダス オリジナルス バイ ドラゴンボールZ」の最終章、「神龍」からインスパイアされた2モデルが登場。12月22より発売される。

adidas Originals by Dragonball Z

「adidas Originals by Dragonball Z」では、「ドラゴンボールZ」を代表する3つの戦いに着目し、それぞれの戦いに登場するヒーローと悪役のメインキャラクターをフィーチャーした計8モデルのシューズを展開。孫悟空とフリーザをイメージした第1弾にはじまり、孫悟飯、セル、ベジータ、魔人ブウと続々と繰り広げてきた。

adidas Originals by Dragonball Z
adidas Originals by Dragonball Z

最終章では、7つのドラゴンボールを集めると出現する「神龍」からインスパイアされた2モデルを発売。グリーンとゴールドのアッパーでは、最新のプライムニット(Primeknit)によって鱗を表。また、ゴールドのアクセントが施されたヒール部分は、下腹部をイメージしたデザイン。

EQT SUPPORT MID DBD97056/20,000円+税
EQT SUPPORT MID DBD97056/20,000円+税

なお、直営店限定でブラックとゴールドのカラーリングも展開。いずれのモデルにおいても、「神龍」の刺繍を施し、ミッドソールにはEQTを採用している。

EQT SUPPORT MID DBDB2933/20,000円+税 ※直営店限定
EQT SUPPORT MID DBDB2933/20,000円+税 ※直営店限定

 
Touch the heartstrings | Facebookページも宣伝


 
backnumber
 
<< Back Next >>
backnumber
 
pagetop