top

2018 Dec. 21

ガレット・デ・ロワ

「PIERRE HERME PARIS/ピエール・エルメ・パリ」は、シルバーウェアのトップブランド「Christofle/クリストフル」とコラボし、2019年の幕開けに相応しい2つの「ガレット・デ・ロワ」の新作「Galette Medelice/ガレット メデリス」と定番の「Galette aux Amandes/ガレット オ ザマンド」の予約を開始。店頭では、12月30日から2019年1月20日まで販売する。

ガレット・デ・ロワ

14世紀から続くフランスの伝統菓子であり、「エピファニー」を祝う日に食される「ガレット・デ・ロワ」。1月6日の「エピファニー」は、和気あいあいとスイーツを堪能する一家団欒の伝統行事として楽しまれている。「ガレット・デ・ロワ」の中に潜む「フェーヴ」と呼ばれるフィギアを当てた人は、その日1日、王様または王女になり、パートナーに王冠を被せ、幸せを分かち合うことができ、そして、その幸運は1年続くともいわれている。

今回の「ガレット・デ・ロワ 2019」では、「PIERRE HERME PARIS」は「Christofle」とコラボ。ガレット1点につき1点付く、2019年限定の特別「フェーヴ」のデザインは、「Christofle」で愛されているフランス人デザイナーのアンドレ・プットマンが考案した初のジュエリーコレクション「Idole」のスターリングシルバーリングを模倣。

2019年限定フェーヴ
2019年限定フェーヴ

シンプルな輪郭をあえて不均整にした「Idole」は、2005年に「Christofle」が発売開始し、今も人気のコレクション。誓約と永遠性のシンボルであるリング型の「フェーヴ」には表裏に「PIERRE HERME Christofle」「2019」と印されている。

そして、今回、特別記念企画として限定で10名に「Christofle x PIERRE HERME」の文字を刻印したメダル型「フェーヴ」が当たる。メダル型フェーヴ当選者には、アンドレ・プットマンがデザインした「Christofle」の「Vertigo」コレクションのビジネスカードトレーをプレゼント。「Christofle」の対象店舗へ同封された引換チケットを持っていくと、プレゼントが受け取れる。

限定10点 メダル型フェーヴ
限定10点 メダル型フェーヴ

2019年限定「フェーヴ」と王冠を添えて販売される「ガレット・デ・ロワ」は、サクサクとした完璧な逆折込パイ生地と、柔らかなアーモンドクリームとのコントラストが効いた仕上がり。

ガレット オ ザマンド/3,672円(税込)
ガレット オ ザマンド/3,672円(税込)

定番の「ガレット オ ザマンド」に加えて登場する、新作の「ガレット メデリス」は、こんがりきつね色に焼けたパートフィユテが、レモン入りアーモンドクリームとプラリネフィユテと融合。

ガレット メデリス/4,104円(税込)
ガレット メデリス/4,104円(税込)

炒ったピエモンテ産ヘーゼルナッツの香ばしさをレモンの酸味が引き立てる一方、サクサクしたパートフィユテが、カリカリしたプラリネと呼応し合って、ワクワク感いっぱいの味覚を生む。また、「Christofle」の銀製品を彷彿とさせるシルバーのマカロンコックが添えられている。

一方、「A.O.P(原産地名称保護)」認定のフランス産発酵バター「ECHIRE/エシレ」の専門店「エシレ・メゾン デュ ブール」から、新年を祝うフランスの伝統菓子「エシレのガレット・デ・ロワ」が登場。2019年1月2日から1月14日まで期間限定で販売される。

エシレ・メゾン デュ ブール

「エシレのガレット・デ・ロワ」は、エシレバターを100%使ったパイ生地でアーモンドクリームを包み焼き上げた一品。広げたバターに生地を織り込む「アンヴェルセ」という製法を用い、しっかり丁寧に生地を伸ばすことで、ハラハラサクサクとした繊細なパイの食感を生み出している。

エシレのガレット・デ・ロワ

「ガレット・デ・ロワ」のお楽しみの1つが、「フェーヴ」と呼ばれる小さな陶器。紙の王冠が乗ったパイの中にこの「フェーヴ」が隠されており、これを当てた人はその日1日王冠をかぶり、 王様、王女様として皆から祝福され、その1年幸せになれるとされている。「エシレのガレット・デ・ロワ」には、可愛いホルスタイン牛が「ECHIRE」のネームプレートを抱えた、オリジナルフェーヴが隠されている。

可愛いホルスタイン牛

しっとりとした味わい深いアーモンドクリームと、エシレ バターの香るパイ生地との絶妙なバランスを新年早々に堪能するのもオシャレだ。

 
Touch the heartstrings | Facebookページも宣伝


 
backnumber
 
<< Back Next >>
backnumber
 
pagetop