top

2018 Feb. 19

2018 春の話題作

サンパウロの眩しい日差しの中で、2人の少年と1人の少女の繊細な関係性を瑞々しく映し出した青春映画「The Way He Looks/彼の見つめる先に」が、3月10日より、新宿シネマカリテほか全国の劇場にて順次公開される。

The Way He Looks

この作品のベースとなったのは、監督・脚本のダニエル・ヒベイロが2010年に手がけた短編映画「I Don't Want to Go Back Alone/今日はひとりで帰りたくない」。この短編が各国の映画祭に出品された際に熱狂的な人気を博したことで、長編映画化される運びとなった。

The Way He Looks

そんな作品で鮮烈に描かれるのは、大人の入り口に立つティーンエイジャーの揺れ動く感情。人を好きになる気持ち、自我の芽生え、そして、はじめてのキス。

The Way He Looks

第64回ベルリン国際映画祭において、国際批評家連盟賞とテディ賞をダブル受賞、2015年のアカデミー賞外国語映画賞ではブラジル代表作品に選ばれ、2014年の映画シーンを代表する青春映画の1本となった作品が、今回、満を持して日本公開される。

目の見えない主人公の少年レオは、いささか過保護な両親と、優しい祖母、そして、いつも側にいてくれる幼なじみのジョヴァンナに囲まれて暮らすごく普通の高校生。

The Way He Looks
The Way He Looks

ある日、クラスに転校生のガブリエルがやってくるが、レオとジョヴァンナは、目が見えないことをからかったりしない彼と自然に親しくなっていく。 ふとしたきっかけで、一緒に過ごす時間が増えてゆくレオとガブリエル。映画館に行ったり、自転車に乗ってみたりと、明るく奔放なガブリエルは、今までレオが経験したことのない新しい世界を見せてくれる。

The Way He Looks
The Way He Looks
The Way He Looks

やがてレオはガブリエルに恋をし、ジョヴァンナの心には親密な2人への嫉妬の気持ちが宿る…。ベル・アンド・セバスチャンの名曲「トゥー・マッチ・ラヴ」に乗せて綴るひと夏の物語。

The Way He Looks
The Way He Looks
The Way He Looks
The Way He Looks

 
映画「彼の見つめる先に」予告編

同じ夢を見た男女、幻想的な愛と孤独の物語。ハンガリー映画「心と体と」が、4月14日より新宿シネマカリテほか全国にて順次公開される。

On Body and Soul

物語の舞台は、ハンガリーのブダペスト郊外の食肉処理場。主人公は、コミュニケーションが苦手で職場になじめない代理職員のマーリア。もう1人の主人公であり、片手が不自由な上司のエンドレは、彼女を気に掛けるが、2人はうまく噛み合わない。

On Body and Soul

そんな不器用な2人が急接近するきっかけは、「同じ夢を見た」ことだった。情緒漂う雪山で神々しさすら放つ「鹿」の夢。なぜ2人は同じ夢を見たのか?現実と夢が混じり合う幻想的なタッチで描く、孤独な男女の少し不思議で刺激的なラブストーリー。

On Body and Soul
On Body and Soul

監督を務めたのは、長編デビュー作「私の20世紀」がカンヌ国際映画祭でカメラドール(最優秀新人賞)を受賞した、ハンガリーの鬼才イルディコー・エニェディ。彼女が長いブランクを経て製作した18年ぶりの長編映画となるこの作品は、ベルリン国際映画祭において最高賞の金熊賞を含む4冠を達成。

イルディコー・エニェディ

さらに、米国アカデミー賞外国語映画賞を争うショートリスト(9作品)に選出された他、ヨーロッパ映画賞で主演のアレクサンドラ・ボルベーイが最優秀女優賞を獲得するなど、賞レースで快進撃を続けている。

アレクサンドラ・ボルベーイ

 
映画「心と体と」予告編

マーク・ウェブ監督映画「The Only Living Boy in New York/さよなら、僕のマンハッタン」が、4月14日より全国の劇場で公開される。

The Only Living Boy in New York

「(500)日のサマー」や「アメイジング・スパイダーマン」シリーズの他、家族の素晴らしさを描いた感動作「gifted/ギフテッド」を世に送り出してきたマーク・ウェブ

Marc Webb

「さよなら、僕のマンハッタン」は、彼が長編デビューする前に脚本と出会い、映画化を熱望してきた青春ドラマ。およそ10年の時を経て今回待望の映画化となった。なお、ハイセンスな音楽使いで知られる彼は、今回の作品の劇中曲としてサイモン&ガーファンクルの楽曲を取り入れた。

サイモン&ガーファンクル

主人公は、大学卒業を機に親元からニューヨークのロウアー・イーストサイドに引っ越したトーマス。同じアパートに住む風変わりな隣人の小説家のW.F.ジェラルドと出会い、彼から人生のアドバイスを受けることになる。

The Only Living Boy in New York

ある日、想いを寄せるミミと行ったナイトクラブで、父と愛人ジョハンナの密会を目撃してしまう。

The Only Living Boy in New York
The Only Living Boy in New York

W.Fの助言を受けながらジョハンナを父から引き離そうと躍起になるうちに、彼女の底知れない魅力に溺れていく。退屈な日々に舞い降りた2つの出会いが、彼が予想もしていなかった自身と家族の物語に直面することになる…。

The Only Living Boy in New York
The Only Living Boy in New York
The Only Living Boy in New York
The Only Living Boy in New York

主人公トーマスを演じるのは「グリーンルーム」「アサシン クリード」、そして、2018年冬に公開が控えている大ヒットファンタジー大作の続編「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」に主人公の兄役で出演が決定したイギリス人の新鋭俳優カラム・ターナー

The Only Living Boy in New York

その他、出版社を経営する父親に「007」シリーズ元ボンドのピアース・ブロスナン、母親に「セックス・アンド・ザ・シティ」シリーズのシンシア・ニクソン、主人公の隣人の小説家に「キングスマン:ゴールデン・サークル」のジェフ・ブリッジスなど、豪華キャスト陣が集結している。

The Only Living Boy in New York

 
映画「さよなら、僕のマンハッタン」予告

1950年代のロンドンが舞台の映画「Phantom Thread/ファントム・スレッド」が、5月26日により全国で公開される。

主人公は、イギリスのファッションの中心的存在として社交界から脚光を浴びる、オートクチュールの仕立て屋レイノルズ・ウッドコック。

Phantom Thread

ある日、レイノルズは若きウェイトレスのアルマと出会い、互いに惹かれ合う。レイノルズはアルマをミューズとして迎え入れ、魅惑的な美の世界に誘い込む。

Phantom Thread

しかし、アルマの出現により、完璧で規律的だったレイノルズの日常に変化が訪れる。やがて2人が辿り着く究極の愛の形を描いた作品となっており、作品の中に登場する美しいファッションや、静かな狂気を秘めた愛の駆け引き、こだわりの映像美が見所となっている。

Phantom Thread
Phantom Thread
Phantom Thread
Phantom Thread

主演は、役作りを徹底して行うことで有名、そして、史上最多となるアカデミー主演男優賞を3度受賞したダニエル・デイ=ルイス

Phantom Thread

「マイ・レフトフット」では、先天的な重度の脳性小児麻痺に冒され唯一動かせる左足で作品を残したアイルランドの画家を演じ、スティーヴン・スピルバーグ監督作品の「リンカーン」では、史上最も愛された大統領と言われるリンカーン大統領が、国の将来を左右する重要な決断に苦悩し奔走する様子を演じる。そして、「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」では、石油王に登りつめた男が欲望に満ちた争いにまみれ、破滅への道へ追い込まれていく様を熱演した。

There Will Be Blood

そして、繊細でエキセントリックな演技を見せた「ファントム・スレッド」では、4度目のアカデミー賞獲得に期待がかかるが、残念ながら今回の作品で俳優業の引退を表明している。

なお、ダニエル・デイ=ルイスは90年代後半より、「ギャング・オブ・ニューヨーク」に主演するまでの期間にも引退(俳優活動を休止)しており、マーティン・スコセッシに説得されて俳優に戻るまでの期間、イタリアの伝説的なシューズ職人ステファノ ベーメルに弟子入りしてシューズ職人として活動していたという。

個人的には、「NINE/ナイン」でのスランプに陥った映画監督グイド・コンティニ役の演技と存在感が印象的。

NINE

監督を手掛けたのは「ブギーナイツ」「マグノリア」「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」「インヒアレント・ヴァイ」のポール・トーマス・アンダーソン。自身の監督作品では脚本も手掛けている。過去、社会における人々の関係性や、親子の関係性、心の葛藤を描いた作品を多数発表してきた。

ポール・トーマス・アンダーソン

「パンチドランク・ラブ」ではカンヌ国際映画祭の監督賞、「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」でベルリン国際映画祭の銀熊賞、「ザ・マスター」でヴェネツィア国際映画祭の銀獅子賞を受賞。3大映画祭全てで監督賞を受賞した稀有な経歴を持っている。

特にダニエル・デイ=ルイスとタッグを組んだ「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」は、ポール・トーマス・アンダーソンの最高傑作との呼び声も高い社会派作品。それだけに「ファントム・スレッド」でも期待は高まるのだが、今回の作品もファッション業界を舞台にした男女の愛を描き、新境地を開いたと言われている。ちなみに、アカデミー監督賞にもノミネートされている。

Phantom Thread
Phantom Thread
Phantom Thread

また、アカデミー賞作曲賞にノミネートされたのはレディオヘッドのメンバー、ジョニー・グリーンウッド。今までに監督作品を複数手掛け、「ファントム・スレッド」ではフルオーケストラの美しい音楽で作品を盛り上げている。

Phantom Thread
Phantom Thread
Phantom Thread

第90回アカデミー賞では、作品、監督、主演男優、助演女優、衣装デザイン、作曲の6部門にノミネートされている話題作である。

 
映画「ファントム・スレッド」予告
 
Touch the heartstrings | Facebookページも宣伝


 
backnumber
 
<< Back Next >>
backnumber
 
pagetop
 
 
s