top

2018 Jan. 2

博物館と美術館

上野の「東京国立博物館」では、1月2日から1月28日までの期間、新春イベント「博物館に初もうで」を開催。

博物館に初もうで

「博物館に初もうで」は、2018年の干支にちなみ「犬」をテーマにした作品特集の展示を開催。また、国宝・重要文化財の新春特別公開や吉祥模様の名品の展示など、新年を思う存分に味わえるイベントとなってる。

「朝顔狗子図杉戸」(部分) 円山応挙筆 江戸時代・天明4年(1784)
「朝顔狗子図杉戸」(部分) 円山応挙筆 江戸時代・天明4年(1784)

2018年の干支である「犬」は、世界中でも最も古くから人に飼われていたといわれており、今日でも多くの人々に愛され、移り行く時代の中でも様々な民族に影響を与えてきた。2018年の干支にフォーカスを当てた特集「博物館に初もうで 犬と迎える新年」では、2つのテーマが用意され、犬と人との結びつきを作品を通して理解を深めることができる。テーマは、「いぬのかたち」「いぬとくらす」

「いぬのかたち」では、古くから日本人に親しまれてきた愛くるしい子犬や、なかなかお目にかかれない異国犬の造形を展示する。

「名所江戸百景・高輪うしまち」 歌川広重筆 江戸時代・安政4年(1857)
「名所江戸百景・高輪うしまち」 歌川広重筆 江戸時代・安政4年(1857)

また、「いぬとくらす」は、歴史の中で犬の文化史的な意義をテーマとした展示特集を行う。中国絵画の中では、人里離れた生活の中で犬は生涯の友として描かれ、浮世絵の中では、都市の雑踏の中で人々に寄添う存在として描かれる。国や文化によっても描写される姿や表情は多種多様。「犬派」ではなかった人でも、数々の可愛らしい作品に思わず心を奪われてしまうかも知れない。

「博物館に初もうで」では、新年の幕明けを記念し、「京都国立博物館」の国宝「釈迦金棺出現図」が「東京国立博物館」にやってくる。平安時代後期に描かれたこの作品は、群衆の中で説法をする釈迦を壮大に描いた神々しい作品。

国宝「釈迦金棺出現図」 平安時代・11世紀
国宝「釈迦金棺出現図」 平安時代 11世紀

また、日本古筆の優品・国宝「古今和歌集(元永本) 下帖」や昨年重要文化財に指定となった「鳥獣戯画断簡」も併せて展示。

古今和歌集(元永本) 下帖
古今和歌集(元永本) 下帖

鳥獣戯画断簡
鳥獣戯画断簡

なかなか巡り合えない秀作の数々を、新年に拝みたいものである。

チョイと先だが、箱根の「ポーラ美術館」では、3月17日から7月16日までの期間、「エミール・ガレ 自然の蒐集」を開催。

エミール・ガレは、アール・ヌーヴォーを代表するフランスのガラス工芸家で、植物学や生物学、鉱物学など博物学的な知識を駆使して作品を製作したことで知られる。また、陶器・家具のデザイナーであり、さらに、アートディレクターで企業経営者の顔を併せ持つ。

Emile Galle

1878年の「パリ万国博覧会」には、ガレが独自に開発した酸化コバルトによって淡青色に発色させた「月光色」ガラスや陶器を出品し、銅賞を受賞。また、庭園装飾のための陶器で銀賞を受賞する。

月光色ガラス
月光色ガラス

また、1885年頃よりフランスのナンシーに留学中の日本人で美術に造詣の深い高島得三と交流を持ち、日本の文物や植物などの知識を得たといわれている。彼との交流が契機となり、ガレは水墨画的なぼかし表現を伴う黒褐色のガラス(のちに「悲しみの花瓶」と命名)を生み出すに至った。

悲しみの花瓶
悲しみの花瓶

1889年の「パリ万博」には大量の作品を出品、ガラス部門でグランプリ、陶器部門で金メダル、家具部門で銀賞を受賞し、装飾工芸家として国際的な評価を得た。

Emile Galle

さらに、1898年には「マルケトリ技法」や「パチネ素材」で特許を取得、1900年の「パリ万博」に大量のガラス器、家具を出品、再びグランプリを獲得し、ますます評価を高めた。

今回の「エミール・ガレ 自然の蒐集」では、「エミール・ガレ」の芸術を初期から晩年まで辿りながら、「森」と「海」という2つのキーワードを通して、彼の作品を展示する。

エミール・ガレ 自然の蒐集

会場では、日本全国の美術館から集めた約70点と、「ポーラ美術館」収蔵のコレクションから厳選した60点を合わせた約130点の作品を展示。さらに、モネの「睡蓮」などの絵画も併せて展示し、分野を超えた芸術や時代背景も紹介する。中には、クラゲやヒトデ、タツノオトシゴなど、美術作品ではあまり目にすることのない海の生き物をモチーフにした作品も出展される。

水差「ギアナの森」》1903年頃
水差「ギアナの森」1903年頃

花瓶「海馬」》1901-1903年
花瓶「海馬」1901-1903年

蜻蛉文脚付杯》1904年頃
蜻蛉文脚付杯 1904年頃

くらげ文大杯》1898-1900年
くらげ文大杯 1898-1900年

草花文耳付花器》1895年頃
草花文耳付花器 1895年頃

葡萄文栓付瓶》1900年
葡萄文栓付瓶 1900年

また、博物学の視点から作品を見る、「エミール・ガレ」ならではの楽しみ方ができる展示やイベントも用意される。

エミール・ガレ

東京大学総合研究博物館所蔵の標本資料の展示や、「さかなクン」らのトークイベントも実施され、普段の美術館とは一味違った体験をすることができる。

余談ながら、ファッション誌「ELLE」が手掛ける世界初の美容サロン「ELLE salon/エル サロン」が、1月20日に大阪の梅田にオープンする。

ELLE salon

フランスでファッション誌として誕生した「ELLE」のDNAを引き継ぐ、世界初の美容サロンとして「ELLE salon」が誕生。「モダン ウェルネス」をコンセプトに、訪れたすべての人が商品や技術を通じてリラックスできる上質な空間を提供する。

ELLE salon

店内では、カット、カラー、パーマ、トリートメントといったヘアケアはもちろん、「ELLE」の世界観を楽しめる仕掛けを用意。創刊当時の「ELLE」本誌のカバーの展示や、各席には設けられ「ipad」を通して「ELLE」のデジタル書籍、動画などの閲覧が可能。

使用されるシャンプー&トリートメントは、自然の恵みに最先端のテクノロジーを融合したもので、シャンプーはもっちりとした泡が髪にパックをしたような洗い上がりを実現し、洗浄しながら髪を補修、輝くツヤとシルクのような手触りの髪へと導く。

ELLE salon

一方、トリートメントはダメージを防ぎ、うねりを改善し、ヘアカラーの褪色も防ぎながら、毛先までツルンとしたリッチな潤いを実現する。

また、パッケージは上品なシルキーパールホワイトのベースに、シルク成分を想起させる繭のモチーフをあしらい、「ELLE」のモードでエレガントな世界観が現れており、バスタイムに華を添えるデザインとなっている。

ELLE salon

なお、「ELLE salon」は、今回オープンする大阪店を皮切りに国内へ手を広げ全国展開を予定。

 
Touch the heartstrings | Facebookページも宣伝


 
backnumber
 
<< Back Next >>
backnumber
 
pagetop
 
 
s