top

2018 Jun. 3

またまたパテック

1941年に誕生して以来、「PATEK PHILIPPE/パテック・フィリップ」永久カレンダー搭載クロノグラフは、同社の「顔」として、その完璧なフェイスを受け継いできた。

270P 永久カレンダー搭載クロノグラフ/2038万円(税別)

近年では、2011年に18KWGモデルが発表され、2015年には18KRGバージョンが加わり、そして、今年、最高級素材のプラチナモデルの登場に至った。2018年の新作誕生により、既存の5270ではじまるシリーズはすべてディスコン(製造中止)となる。そして、2018年の「永久カレンダー搭載クロノグラフ」は、今後、多くのマニアの記憶に残るアイテムになること間違いない。

270P 永久カレンダー搭載クロノグラフ/2038万円(税別)
270P 永久カレンダー搭載クロノグラフ/2038万円(税別)

プラチナケースとゴールド・オパーリン・ダイアルの組み合わせによるヴィンテージライクな美しさは、「PATEK PHILIPPE」の歴史そのものを感じさせる。気取らない最上級。もうベスト・オブ・ベストといえる逸品である。

3つのインダイアルは、3時位置が30分積算計、9時位置がスモールセコンド、6時位置が指針式デイト表示および月齢表示。7時位置の表示窓は昼夜表示、5時位置の表示窓は閏年表示。ほかに12時位置下の2つの小窓で曜日と月を表示する。これほど複雑な情報を、しかもタキメーターまで記しながら美しいバランスで表現している。

270P 永久カレンダー搭載クロノグラフ/2038万円(税別)

アラビア数字インデックスをダイアルの上半分に留め、下半分を大きく使ってインダイアルを配置する潔さ。こういう竹を割ったようなブレない判断が、直球ど真ん中の剛速球でユーザーの心をズバッと射抜く。しかも、数字書体も細かく使い分けてチャーミングな一面を出しており、何とも愛くるしい限りである。ステップドケースの膨よかなケースラインはもう悩ましい限り。金属の曲面をいかに美しく魅せるかをよく知っており、その研鑽を続けてきたブランドが、しかも高額モデルであることからコストを厭わない自由さと相乗して、こんなにも美しく輝きを見せつける。

270P 永久カレンダー搭載クロノグラフ/2038万円(税別)

ケースサイド6時位置のダイヤモンドは、プラチナケースであることの証。その左のプッシュピースは、ムーンフェイズの調整用。このようにプッシュピースがケース各所に計4個付いている。

270P 永久カレンダー搭載クロノグラフ/2038万円(税別)
270P 永久カレンダー搭載クロノグラフ/2038万円(税別)

さらに、2015年に発表された18KRGケースの「永久カレンダー搭載クロノグラフ」が「PATEK PHILIPPE」のエクスクルーシブな「ドロップ・リンク」のブレスレットを装着して登場。5連のピースからなるブレスレットは、しなやかな装着感が特徴、そして、永久カレンダーの調整ボタンをブレスレットのエンドピースに収めている。

5270/1 永久カレンダー搭載クロノグラフ/2100万円(税別)

フェイスは、従来のシルバー・オパーリン文字盤から、エボニー・ブラック・ソレイユ文字盤へ変更。ローズゴールドのバーインデックス、リーフ型針と明快なコントラストを成し、インデックスの判読性を高めている。

5270/1 永久カレンダー搭載クロノグラフ/2100万円(税別)
5270/1 永久カレンダー搭載クロノグラフ/2100万円(税別)
5270/1 永久カレンダー搭載クロノグラフ/2100万円(税別)

このモデルの登場により、従来のアリゲーターストラップ付き18KRGモデルはディスコン(製造中止)となり、「永久カレンダー搭載クロノグラフ」の18KRGモデルはこのモデルに1本化される。ちなみに、ブレスレットまでゴールド無垢の仕上がりで、けっこうの重量感がある。

5270/1 永久カレンダー搭載クロノグラフ/2100万円(税別)
5270/1 永久カレンダー搭載クロノグラフ/2100万円(税別)

5270/1 永久カレンダー搭載クロノグラフ/2100万円(税別)

また、2015年に誕生した18KWGの「カラトラバ・パイロット・トラベルタイム」に、18KRGとブラウン・ソレイユ・ブラック・グラデーション文字盤を組み合わせた新バージョンが登場。それに合わせて、ケース径を既存サイズから4.5mm縮小した婦人用「カラトラバ・パイロット・トラベルタイム」が誕生し、このモデルをペアで身に着けられるようになった。

カラトラバ・パイロット・トラベルタイム

保守的なデザインが多いペアモデルのなかで、ひと際目を引く「カラトラバ・パイロット・トラベルタイム」。2人が揃うとかなりのインパクトであることは間違いない。

このトラベルタイムの操作は非常に簡潔。10時位置のプッシュピースを押すと、時針が1時間後退。8時位置のプッシュピースを押すと、時針が1時間前進。たとえば、海外に行ったときに時差分だけをポンポンと押せばいい。しかも間違ったら、その分を戻せばいい。つまり、分かりやすい。そして、この時はホームタイムを示すスケルトン針は動かない。このプッシュピースには誤操作防止のため、通常はロックがかかっており、ロックを解除するには、プッシュピースを反時計回りに1/4回転。逆にロックするには時計回りに1/4回転。必要にして十分な構造である。

5524 カラトラバ・パイロット・トラベルタイム/519万円(税別)
5524 カラトラバ・パイロット・トラベルタイム/519万円(税別)

5524 カラトラバ・パイロット・トラベルタイム/519万円(税別)

3時位置と9時位置の丸い小窓は、昼夜表示。これによってホームタイムとローカルタイムの昼夜(AM/PM)を示す。ちなみに、異なったタイムゾーンを示す必要がないときは、針を重ねておけばスッキリする。

カラトラバ・パイロット・トラベルタイム

これらトラベルタイム機能は婦人用もまったく同様。また、婦人用に搭載されているムーブメントも男性用とまったく同じ。ムーブメントの直径が31mm。これをギリギリでカバーして、ケース径37.5mmを実現している。

7234 カラトラバ・パイロット・トラベルタイム/470万円(税別)
7234 カラトラバ・パイロット・トラベルタイム/470万円(税別)

7234 カラトラバ・パイロット・トラベルタイム/470万円(税別)

こんなリッチな「カラトラバ・パイロット・トラベルタイム」をペアモデルにするカップルは、かなりイケている。

 
Touch the heartstrings | Facebookページも宣伝


 
backnumber
 
<< Back Next >>
backnumber
 
pagetop