top

2018 Jun. 5

メイクアップからの

「GIORGIO ARMANI beauty/ジョルジオ アルマーニ ビューティ」から、6月6日に新メイクアップシリーズ「NEO NUDE/ネオヌード」が発売される。

NEO NUDE

「肌作りのマエストロ」であるアルマーニが新たに打ち出す「NEO NUDE」シリーズは、「崇高なほどの完璧さ」と「何も手を加えていないナチュラルさ」の相反する美しさを両立する究極の「ノーメイクアップ」メイクアップがコンセプト。スッピン風のメイクアップとは一線を画す、極上の質感と品格のある仕上がりは、もともとの素肌が美しかったように錯覚させる完璧に作り込まれたナチュラルなヌードスキン。

NEO NUDE

全6色展開の「ネオヌード リキッド パウダー」は、肌に溶け込んで一体化する次世代のフェイスパウダー。10年の歳月をかけて開発された2つの特許テクノロジー搭載により、リキッドファンデーションと同様の仕上がりを初めてパウダー状にすることに成功。リキッドファンデーション特有のなめらかさや伸びの良さ、密着感、艶やかでナチュラルな仕上がりをパウダーファンデーションが持つ機能性や手軽さと融合させたテクスチャーはまさに新感覚。

ネオヌード リキッド パウダー(全6色/レフィル6,000円、セット価格8,000円)
ネオヌード リキッド パウダー(全6色/レフィル6,000円、セット価格8,000円)

パウダーファンデーションとして単体で使えるのはもちろん、リキッドファンデーションの仕上がりを高めるフィニッシングパウダーとして、さらに、シェーディングやブロンザーとしても使用可能。

別売りの「カブキ ブラシ」を使えば、磨き上げたようなオーラを放つ、きめ細かなフィニッシュに仕上がること間違いない。

カブキ ブラシ/3,900円
カブキ ブラシ/3,900円

フェイスカラーには3種のリキッドがラインアップ。「ネオヌード ブラッシュ」は瑞々しいチークカラーで、極めてナチュラルな発色で、肌が内側から上気したようにヘルシーな血色感をプラスする。

ネオヌード ブラッシュ #30/5,200円
ネオヌード ブラッシュ #30/5,200円

ネオヌード ブラッシュ #50/5,200円
ネオヌード ブラッシュ #50/5,200円

ネオヌード ブラッシュ #51/5,200円
ネオヌード ブラッシュ #51/5,200円

また、ニュートラルブラウンの「ネオヌード コントゥア」は、シェードカラーとして頬骨や鼻筋、フェイスラインに馴染ませれば立体的な骨格の美しさが強調できる。

ネオヌード コントゥア #20/5,200円
ネオヌード コントゥア #20/5,200円

そして、「ネオヌード ハイライター」は、ペールシャンパンカラーのハイライター。上品なグローヴェールが目元、頬、口元、顎先などに柔らかい光を与え、フレッシュなツヤとメリハリのある立体感を生み出す。

ネオヌード ハイライター #10/5,200円
ネオヌード ハイライター #10/5,200円

さらに、「エクスタシー バーム」は、グロスの輝きとバームのトリートメント効果を1本で実現するリップバーム。ウォータリーオイルとケッパー果実エキスが唇を乾燥から守り、シャインオイルが光を反射して自然なツヤをオン。トップフィリング テクノロジー採用のとろけるようになめらかなテクスチャーが、唇本来の美しさを際立たせ、ミラーのような輝きのある仕上がりへ導く。カラーは透明感のあるシアーピンク、ほんのり血色感をプラスするローズ、かすかな深みを与えるプラムの全3色。

エクスタシー バーム 1、エクスタシー バーム 2、エクスタシー バーム 3/4,200円
エクスタシー バーム 1、エクスタシー バーム 2、エクスタシー バーム 3/4,200円

メイクアップがバッチリ決まったら、表参道にある「エンポリオ アルマーニ カフェ」で、季節限定メニューの「旬のメロンたっぷりのラグジュアリーパフェ」を楽しみたい。期間は6月末まで大丈夫。

旬のメロンたっぷりのラグジュアリーパフェ/税込1,800円、カフェセット/税込2,300円
旬のメロンたっぷりのラグジュアリーパフェ/税込1,800円、カフェセット/税込2,300円

3月の登場と同時に瞬く間に店頭での大人気メニューとなった「季節のパフェ」。4作目となる6月のパフェは、旬のメロンをたっぷり使った、味はもちろん、見た目も上品な仕上がりのパフェ。年間を通して楽しめるフルーツの代表格ともいえるメロンだが、実は、旬は6月と言われている。

そんな旬のメロンを引き立てるのは、「季節のパフェ」に毎回使われるアルマーニらしいイタリア食材。6月のパフェには、イタリア産のワイン「モスカート・ダスティ」から作られたゼリーを使用。モスカートとは「マスカット」を意味し、文字通りマスカットで作られたやや甘口のワインを使用したゼリーは、梅雨の時期にピッタリの爽やかな風味が特徴。さらに、アーモンドミルクのジェラートや生姜のグラニテを合わせることで、奥行きのあるパフェに仕上がっている。

旬のメロンたっぷりのラグジュアリーパフェ/税込1,800円、カフェセット/税込2,300円
旬のメロンたっぷりのラグジュアリーパフェ/税込1,800円、カフェセット/税込2,300円

ビジュアルももちろん、アルマーニらしいラグジュアリーな仕上がりはチョイと嬉しい。淡いカラーグラデーションのパフェの上にはビビッドな花びらを散りばめ、可憐な雰囲気を醸し出す。

梅雨の憂鬱な気分も吹き飛ぶ、爽やかなメロンパフェをぜひ味わってほしい。

ちなみに、「表参道ヒルズ」のレストラン・カフェ10店舗では、6月15日から8月31日までの期間限定で「大人のかき氷」をテーマに各店が趣向を凝らしたオリジナリティー溢れる「かき氷」が登場する。

今年は美容にも嬉しいスーパーフードが入った「かき氷」や、高級ワインを使った「かき氷」など、オトナも満足できる豪華でワンランク上の「かき氷」が主流。

グラス ピレ オ ショコラ サレ/税込1,388円
グラス ピレ オ ショコラ サレ/税込1,388円 ジャン=ポール・エヴァン

シュアーベからの贈り物/税込1,580円 シュペッツレ カフェ&ワイン
シュアーベからの贈り物/税込1,580円 シュペッツレ カフェ&ワイン

マンゴー&ピタヤかき氷税込800円 タリーズコーヒー
マンゴー&ピタヤかき氷税込800円 タリーズコーヒー

グラス・ピレ(フレーズシトロン/アプリコピスターシュ)/税込1,512円 ユーゴ アンド ヴィクトール
グラス・ピレ(フレーズシトロン/アプリコピスターシュ)/税込1,512円 ユーゴ アンド ヴィクトール

ル・ロゼ・ド・グラニテ/税込1,296円 ワインショップ・エノテカ&バー
ル・ロゼ・ド・グラニテ/税込1,296円 ワインショップ・エノテカ&バー

雪花氷ふわふわマンゴーかき氷/税込1,296円 蔭山樓
雪花氷ふわふわマンゴーかき氷/税込1,296円 蔭山樓

本館地下2階のコスメキッチン「アダプテーション」には、甘酸っぱいマンゴーと国産レモンを使用したイエローシェイブアイスに、スーパーフードのビーポーレンやバジルシードをトッピングした美容にも嬉しい「かき氷」が表参道ヒルズ限定で登場。

マンゴーとフレッシュハーブ、シャンパンビネガーのリモーネ/税込1,166円
マンゴーとフレッシュハーブ、シャンパンビネガーのリモーネ/税込1,166円

有機つぶあんと和三盆、さつまいもの「和」氷/税込1,382円
有機つぶあんと和三盆、さつまいもの「和」氷/税込1,382円

また、本館3階の「バール ア ヴァン パルタージェ」では、季節の旬なフルーツと、フルーツピューレを凍らせてシャンパン入りシロップをかけたオトナな「かき氷」が「表参道ヒルズ」限定10食限定で登場する。

季節のフルーツムース かき氷/税込1,296円
季節のフルーツムース かき氷/税込1,296円

辛味と風味が自慢の北海道芽室町山川農園の山わさび「山川わさび」を用いた変わり種「かき氷」が食べられるのは、本館3階にあるやさい家「めい」。メロン半玉を丸ごと使った器に、シェーブした氷と大きめにカットされた赤肉のメロンがてんこ盛り。

北海道山川農園の山川わさびと赤肉メロンのかき氷/1,296円
北海道山川農園の山川わさびと赤肉メロンのかき氷/1,296円

さらに、本館3階の「37 ローストビーフ」で20食限定で登場するのは、爽やかな甘みのライチとサッパリした酸味のグレープフルーツを合わせたグラニテ。ブルーのグラデーションをつけた見た目は「大人のブルーハワイ」。フレッシュグレープフルーツのジュレで一層爽やかな味わいに仕上げている。

ライチとグレープフルーツのグラニテ/税込842円
ライチとグレープフルーツのグラニテ/税込842円

ディナータイムの締めくくりや優雅なカフェタイムやショッピングの合間の休憩に、この時期の「表参道ヒルズ」でしか食べられない絶品「かき氷」をご賞味下さい。

余談ながら、世界的に知られるパリの3つ星レストラン「Le Cinq/ル・サンク」において、副料理長を務めた日本人シェフの田熊一衛が、6月13日にパティスリーショップ「Libre/リーブル」を東京の白金にオープンする。

Libre
Libre

ミシュランの3つ星を獲得し続けている「Le Cinq」のスーシェフ(副料理長)としてメニュー開発を担当していた田熊。

田熊一衛

「Le Cinq」は、5つ星ホテルのさらに上のランク「パラス」の称号を持つパリの最高級ホテルの1つ「フォーシーズンズ・ジョルジュ・サンク」内にあるミシュラン3つ星のレストラン。ここで田熊は、フランスのみならず世界中の美食家を虜にしてきた人物。

フォーシーズンズ・ジョルジュ・サンク
Le Cinq
Le Cinq
Le Cinq

そんなフレンチシェフである田熊が、日本帰国後に最初に選んだのはパティスリー。その理由は、まずは客に3つ星の技を手軽に感じてほしかったからという。田熊がフランスで培ってきた3つ星の技を惜しげもなく注ぎ込み完成させた「Libre」の菓子は、味で満足させるのもちろんのこと、「新しい何か」を創造し、常に独創的な知覚・触覚・聴覚と、人間の五感すべてを刺激する新感覚の洋菓子となっている。

「Libre」を象徴するスイーツ「Fleure/フリュレ」は、田熊がパリ在住時代に考案した、まるで本物の果実のような見た目が特徴的な「新感覚スイーツ」。

フリュレ/税抜900円
フリュレ/税抜900円

甘さを抑えたチョコレートで形づくられた果実を割ると、中からは選りすぐりのフルーツを使用したソースと果肉の入ったヨーグルトジェラートが溢れ出す。季節ごとに限定のフレーバーを展開し、6月は「マンゴーベース+宇和島のブラットオレンジ」「イチゴベース+石垣島のスナックパイン」「ココナッツベース+宝島のバナナ」の3種類が登場。着色料・化学調味料は一切使用しておらず、100%ナチュラルな素材で作っている。

18時からはレストラン営業となり、コース料理(税抜8,500円)のみ展開。

コース料理
コース料理
コース料理

スイーツ同様、思わずうっとりと眺めてしまうほど美しいビジュアルに、本場で培った確かな味を楽しめるコースとなっている。また、21時以降はバータイムとしての営業も予定する。

一方、今年4月にオープンした国内4店舗目にして関西エリア初進出となった「ダンデライオン・チョコレート京都東山一念坂店」は、「CACAO BAR」「Bean to Bar チョコレート カフェ&ギフトショップ」の複合店舗を6月8日に正式オープンさせる。これは、「ダンデライオン・チョコレート」が世界に先駆け京都で初めて展開する新業態。

ダンデライオン・チョコレート京都東山一念坂店
ダンデライオン・チョコレート京都東山一念坂店

カカオを丸ごと味わえる世界初の「CACAO BAR」は、チョコレートの使用だけに留まらず、焙煎したカカオ豆を砕いたナッツのように芳醇な味わいのニブや、カカオの実の中にあるカカオ豆を包み込む白い果肉部分のカカオパルプなど、シングルオリジンのカカオを丸ごと使用し、その個性と魅力を余すところなく引き出したデザートと、アルコールとの斬新なペアリングが楽しめるバーである。

ダンデライオン・チョコレート京都東山一念坂店

「Banana Miso Bar」は、白味噌のキャラメルとバナナムースを使用した冷たいケーキにチョコレートソルベを添えた一皿。

Banana Miso Bar/2,800円(税別)
Banana Miso Bar/2,800円(税別)

ペアリングのカクテルには「ポルチーニ・ネグローニ」と、ノンアルコールカクテルの「オレンジと玄米茶のトニック」を用意。この他、カカオを多角的に使用した、パルプソルベ、ニブアイスクリーム、チョコレートアイスクリームの3種のフローズンデザート「Bean to Bar Ice Cream」も登場する。

今後は、「ダンデライオン・チョコレート」が提案するカカオデザートとドリンクのペアリングを、じっくりと味わえるコース「3 COURSE TASTING」も展開予定。 Bean to Bar にこだわる「ダンデライオン・チョコレート」だからこそ引き出せるカカオの新しい魅力を堪能することが出来る。

 
Touch the heartstrings | Facebookページも宣伝


 
backnumber
 
<< Back Next >>
backnumber
 
pagetop