top

2018 Mar. 2

Atelier SABON

中目黒駅から徒歩3分ほどの目黒川沿いの景観に恵まれた場所に見えてくるのは、ガラス張りのサンルームが心地良い一軒家のようなオシャレなショップ。

今年の1月下旬にオープンした、日本に上陸して10年になるイスラエル発のナチュラルコスメブランド「SABON/サボン」のコンセプトショップ「Atelier SABON/アトリエ サボン」は、キッチンやリビングルーム、バスルームなど、まるで一軒家のように設えられた店内では、いろんなシーンに合わせたアイテムをセレクトできるようになっている。

Atelier SABON

イスラエルのアーティスト2人によって始まったブランドは、ハンドメイドソープから始まり、死海の塩を使ったアイテムなどを次々と発表。現在では500種類以上の商品が揃うブランドにまで成長した。

SABON

今回誕生したコンセプトショップでは、そんな「SABON」の世界観を随所に詰め込み、全身でブランドを体感できるようなショップとなっており、また、ブランドで取り扱っているほぼ全アイテムが手に入るというのも特長の1つ。

Atelier SABON

「Atelier SABON」の店内は、7つのスペースから構成されている。

まずはキッチン。大理石のソープカウンターが広がり、1つ1つハンドメイドで作られたカラフルなソープが並んでいる。カウンターで話をしながら、自分に合ったソープを選べるというのもこのショップならではの魅力。

Atelier SABON
Atelier SABON

続いてソファースペース。リビングルームのようなゆったりとした空間は、心地良い香りに包まれリラックス度満点。

買い物をしている最中にちょっと休憩するも良し、商品を選ぶ際のスペースとして使うも良し。他の店舗では体験できないような場所が広がる。

Atelier SABON
Atelier SABON

また、まるで書斎のように設えられたライブラリスペースは、男女ともにリラックスできる最もシックな空間。アート作品のような「SABON」のアイテムが、色や作品性、デザインにあわせて細部まで考えられて陳列されている。まるで1枚の絵画のようなスペースに入り込むだけで、ブランドの世界観を十分に味わえること間違いない。

Atelier SABON
Atelier SABON

そして、明るく清潔感のあるバスルームは、バスブランドである「SABON」の魅力がギュッと詰め込まれたような部屋になっている。一歩踏み込んだだけで、感性が揺さぶられるような空間では、アイテムの香りだけでなくテクスチャーを触ることもできるので、五感で製品を堪能することが可能。置いてあるタオルなどもすべて「SABON」のもの。新たなアイテムの発見につながるかもしれない。

Atelier SABON
Atelier SABON

クラシックに統一されたリビングルームは、季節によって空間がチェンジしていくという場所。四季折々はもちろんイベント時期なども含めて、「SABON」を一番感じられるスペースになっている。

さらに、アロマティックコーナーでは、「SABON」ならではの独自の香りを楽しめ、香り豊かなラインナップが体感できる。

Atelier SABON

最後は自然光が差し込む屋内テラス。リビングとともに季節やイベントに合わせてテーマがチェンジされ、世界観を反映させた空間になっている。

Atelier SABON
Atelier SABON

「Atelier SABON」の入り口を入ってすぐの場所には、ここしか販売されていない限定キャンドル(28,000円)がラインナップ。飽きがこないようにデザインされたクラシカルなキャンドルは、「SABON」のアロマで人気の高い「タイムレススパーク」の香りを採用。アトリエを代表するアイテムになっている。

Atelier SABON
Atelier SABON

部屋の細部までこだわりが詰め込まれたショップでは、ライフシーンに寄り添った商品や空間を今後も提案し続ける。それぞれの空間にテーマはあれど、時期によってはベッドルームを作ったり、すべて男性仕様にしたりとさまざまな施策を打っていく予定という。絵画を選びにいくような感覚で、自分の部屋とリンクさせながら使いたいアイテムを選ぶ。それこそが、「Atelier SABON」が提案する形といえる。

Atelier SABON

豊富なアイテム数が揃うため、男性から女性、そして、女性から男性へのプレゼントを購入するのにもおススメ。ホワイトデーのプレゼントなどにはセンスが香る贈り物になりそうだ。

「Atelier SABON」限定のイベントなども随時開催予定。今後の情報に要注目。

 
Touch the heartstrings | Facebookページも宣伝


 
backnumber
 
<< Back Next >>
backnumber
 
pagetop
 
 
s