top

2018 Mar. 10

Bugatti Chiron Sport

今日は「Bugatti/ブガッティ」のお話。

「Bugatti」から2016年の「ジュネーブモーターショー」で登場した超弩級のスーパースポーツ「Chiron」を軽量化し、ハンドリング性能と俊敏性をさらに向上させたバージョンの「Chiron Sport」が登場した。

Chiron Sport
Chiron Sport
Chiron Sport
Chiron Sport

ワインディングロードでより優れたダイナミクスを提供し、「Chiron」以上のスポーツドライビング体験を求めるユーザーの声に応じて開発されたのが「Chiron Sport」。重要視されたのは、究極のパフォーマンス、加速性能、最高速度、ラグジュアリーな装備、快適性、日常の使い勝手を融合した、「Chiron」独自のキャラクターに一切手を加えないことがテーマであった。

まず、「Chiron Sport」の足回りには、新開発したダイナミックハンドリングパッケージを搭載。「Chiron」より平均で10パーセント硬いサスペンション設定とし、「ハンドリングモード」時のみに機能する設定とすることで、「EBモード」との違いを明確に感じることが可能となった。

また、リアに左右の駆動輪に個別にトルク配分するダイナミックトルクベクタリングを採用。あらゆるドライビングモードで効果を発揮し、特にタイトコーナーでのパフォーマンスと俊敏性を飛躍的に向上させた。

エクステリアでは、「Course」と名付けられた「Chiron Sport」専用の軽量アロイホイールと、新型の軽量4本出しエキゾーストディフューザーが「Chiron」との識別点ポイントになっている。

Chiron Sport
Chiron Sport

また、市販モデル初のカーボンファイバー製ウィンドスクリーンワイパーを採用。従来のワイパーに比べて77パーセント、1.4kgの軽量化を果たすとともに、形状が変わったことで空力性能も向上した。

Chiron Sport

さらに、カーボンファイバーはスタビライザーやインタークーラーカバーにも使用され、軽量ガラス製リアウインドウなどと相まってトータルで約18kgボディの軽量化に成功。この結果、コーナリングスピードがアップし、イタリア南部のナルド ハンドリングサーキットでは「Chiron」よりも5秒速いラップタイムを記録している。

ボディカラーはクラシックなツートンカラーがベースとなり、Aカラーと呼ばれるボディ後方はグレーカーボン、Bカラーと呼ばれるフロント部は発表時のイタリアンレッドの他、フレンチレーシングブルー、シルバー基調のグリラファール、ダークグレーのガンパウダーを設定。

サイドラインの大きな特徴であるアルミ合金製C型トリムストリップはBカラーにペイントされる。また、エンジンの気筒数を表すレッドの「16」が、ブラックのラジエターグリルに描かれ、パワーユニットの独自性をアピールしている。

Chiron Sport
Chiron Sport

インテリアはブラックが基調。エンジンスターターボタン、ステアリングホイールのドライビングモード選択ノブなど全てのコントロール類をブラックアルマイト仕上げとした他、ステアリングホイールとセレクターレバーをスエードレザー、ルーフライナーやラゲージコンパートメントをアルカンターラ、シートやインストルメントクラスターをスムースレザー、ダッシュボードやステアリングコラムをカーボンファイバーという、厳選した素材を使用して仕上げている。

Chiron Sport
Chiron Sport
Chiron Sport
Chiron Sport

最高出力1,500ps、最大トルク1,600Nmを発生する8リッターW16クワッドターボ エンジン、0-100km加速2.5秒未満、最高速度420km/hのパフォーマンスに変更なし。

Chiron Sport

「Chiron Sport」は、明らかに軽快性が増し、俊敏性は新たなレベルに達している。とりわけタイトコーナーでの俊敏性が向上した結果、ワインディングロードやハンドリングサーキットにおけるエモーショナルな走りが一層高められている。

本体価格は「Chiron」より25万ユーロアップした約265万ユーロに設定。輸送費、関税、税、手数料を含む米国市場での価格は326万ドルと発表され、納車は2018年末から開始される予定である。

Chiron Sport
Chiron Sport

余談ながら、究極のコンフォートベビーカーもご紹介。

オランダのモビリティブランドである「Bugaboo/バガブー」が、オリジナルベビーカーをリリースしたのは1999年。それから約20年、究極のコンフォートベビーカー「Bugaboo Fox/バガブー フォックス」が登場。

Bugaboo Fox

軽量で丈夫、人間工学に基づいた設計は子供にもパパやママにも優しい。カラーやパーツも豊富で、都会でもアウトドアにもピッタリなベビーカーだ。

Bugaboo Fox
Bugaboo Fox

「Bugaboo」が「Bugaboo史上最高」と謳う「Bugaboo Fox」は、子供がいても自分たちのライフスタイルを大事にしたいパパやママにピッタリのベビーカー。旅行、ショッピング、アウトドアレジャーなど、子供と一緒に楽しみたいパパやママの心身をサポートする優れもの。

Bugaboo Fox

「Bugaboo Fox」は、新しくなったセントラルジョイントサスペンションを採用。街中から雪道まで、どんな路面でも子供にとって最高のスムーズさと、安定感のある走行を実現。余分な力のいらない押し心地とハンドル操作が可能。

Bugaboo Fox

人間工学に基づいたデザインと頭をサポートするクッション性の高いパッドにより、子供は安心して寝ていることができる。また、頑丈な素材を使用しながらも、軽量で気軽に持ち運べることも特徴の1つ。シンプルな操作で折り畳みができ自立するので、クルマに収納するときや階段を上り下りする際でも安心である。

Bugaboo Fox

ハイシート設計のため、子供を乗せたり降ろしたりするのに最適な高さを実現。子供の様子が確認し易く、コミュニケーションしやすい設計。車体下部には大きめの荷物入れを備え、高い実用性をもつ。

耐久性も高く、摩耗したり破れるパーツは簡単に取り外せる仕組み。必要なパーツを交換するだけで簡単にリフレッシュできる。ファブリックやハンドルグリップ、ホイールキャップには豊富なバリエーションを揃え、季節や新しい赤ちゃんに合わせてコーディネートが楽しめる。なお、価格は14万1900円〜(税別)。

Bugaboo Fox

 
Touch the heartstrings | Facebookページも宣伝


 
backnumber
 
<< Back Next >>
backnumber
 
pagetop