top

2018 May. 2

ライフスタイルアイテム

「Bang & Olufsen/バング&オルフセン」から、Bluetoothスピーカー「Beoplay P6」が登場。

Beoplay P6
Beoplay P6/4万9990円

どのような部屋であっても、リッチでパワフルなサウンドを360全方位に広げるBluetoothスピーカーの「Beoplay P6」は、美しいデザインと高音質、さらに、防滴・防塵性能を備え、あらゆる部屋で使用できる設計になっている。

Beoplay P6

手で掴めるほどのコンパクトなサイズながら、全帯域でハイクオリティーなサウンドを繰り出す優れもの。

スピーカーの心臓部には、ウーファー用36Wクラスを1基、フルレンジドライバー用の30Wクラスの計3基のアンプを搭載し、最大出力は215Wを誇っている。

システムを司るのは、「Bang & Olufsen」独自のアルゴリズムが用いられた「DSP(デジタル・シグナル・プロセッサー)」。効率的に電力をコントロールすることで、連続再生時間16時間という長時間再生を実現。

Beoplay P6

デザインはセシリエ・マンツが手掛け、あらゆるインテリアと調和するデザインに仕上がっている。なめらかなアルミニウムの表面のおかげで、どの角度からでも掴むことができる。表面のアルミニウムには360度サウンドが拡散するよう、計算された特徴的なホールパターンが組み合わせられている。

Beoplay P6
Beoplay P6/4万9990円

また、2重の本革ストラップが本体とのコントラストとなり、デザインに温もりを与えている。防滴・防塵性能も備え、使用する部屋を選ばない。

ボタンはアルミニウムのケースと一体化されており、すっきりとした印象にまとめられている。そして、インターフェースの一部として、ワンタッチでスマート機能を作動させることが可能。SiriやGoogleアシスタントへのアクセスや、電話、BeoplayアプリのプリセットされたTone touch音楽を自分好みに調節することができる。

Beoplay P6

一方、JBLからはBluetoothスピーカー「JBL SMARTBASE」が登場。高音質なJBLサウンドを愉しめるBluetoothスピーカーとしてだけでなく、スマホ車載ホルダーにもなり、スマホのアプリが使いやすいよう設計されている。

JBL SMARTBASE

なお、発売日は2018年5月下旬。

独自の27mm径フルレンジスピーカーを2基搭載し、サイズを超えたサウンドの広がりと奥行きがある高音質を実現。車載オーディオも開発しているJBLの強みが発揮されている。ホルダーとしては、スマホで「ADAS(運転支援システム)」や、簡易ドライブレコーダー、運転ナビなどのアプリを使用する際に適する設計になっている。スマホをダッシュボードにしっかりと固定できる粘着式フラップや、スマホのカメラ位置を考慮したデザインを採用している。

JBL SMARTBASE

本体底面には、粘着&吸盤構造で取り付けた後も角度調節ができる機構が便利。また、裏面には電力供給専用のUSBポートを搭載しているので、手持ちの充電用ケーブルを接続すればスマホを充電しながらアプリを使用できる。

JBL SMARTBASE

独自のノイズキャンセル技術により、走行中や風の音などの悪条件下でもノイズを最小限に抑え、クリアな音質でハンズフリー通話が可能。Bluetooth接続経由で、SiriやGoogle Nowにも対応しているため、検索やナビゲーションが音声で操作できる。ドライバーにとって便利な機能である。

さらに、スマホを置くだけで充電が可能なQi規格ワイヤレス充電対応のモデルもラインナップ。ケーブルが必要ないので、充電の煩わしさから解放される。長時間の使用でもバッテリーの残量を気にする必要はない。

JBL SMARTBASE Qi対応モデル/1万9880円(税別)、ノーマルモデル/1万4880円(税別)
JBL SMARTBASE Qi対応モデル/1万9880円(税別)、ノーマルモデル/1万4880円(税別)

本体の電源供給には付属のシガーソケットアダプタを使用。加えて日本限定仕様として、自宅でも使えるようACアダプタを同梱。車内だけでなく、デスクに設置してスマホの充電やBluetoothスピーカーとしても使えるのが嬉しい。

ドライブにピッタリの春、好きな音楽を聴きながらのドライブは楽しいぞ。

余談ながら、家具業界に革命を起こすべく、様々なプロジェクトを進めてきた家具ベンチャーの「KAMARQ/カマルク」と、スタートアップ・スタジオの「QUANTUM」、デザインスタジオの「artless」が共同開発したのが、「天気を感じる」IoTサイネージ、天気アイコンの光方と色で天気予報を透明パネルに映し出す「QM weather.」

QM weather.

スマホアプリから天気予報を表示したい地域を設定すると、自動的にインターネットの天気予報を取得。アイコンの点灯・点滅、光の色で天気を表現する。

直感的に天気・気温の予報が確認でき、天気に合わせた装いのコーディネートや傘が必要かどうかが確認できる。デザイン性も高く、自宅オフィスやホテル、飲食店、アパレル店舗など、あらゆる空間に馴染むプロダクトとして設置可能。

QM weather.

ちなみに、ドイツのノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンターが主催する、60年以上続く国際的なデザインアワード「Red Dot Design Award」。世界59カ国から6300点以上の応募作品がった2018年度において、優秀な作品に贈られる「Red Dot」Winnerを「QM weather.」が受賞した。

QM version
QM version
自然現象を起こす「原子」、ネット上の情報を伝える「PIXEL」。最小単位のモチーフとして「ドット」をデザインエレメントにしたアイテム。天気のアイコンは、サイズの異なるドットの集合体で形成されており、光を受けることでフワリと浮遊する光の彫刻として現れる。

Digital Habits version
Digital Habits version
天気のビッグデータを、ピースフルでミニマルなアイコンで表現。輪郭はなく、未来的な技巧を感じさせる透明なマトリックスに刺繍したかのように見せている。底面からの光がアイコンの様々なパターンや傾斜角に当たることで、様々な方向に光を反射させ、より輝きと明るさを生み出す。

京源 version
京源 version
日本古来森羅万象を日本人の美意識と感性で創り上げてきた「紋」。晴は「日足」、曇りは「雲」を、雨は「傘」を、「雪」は結晶をセレクトしデザインされている。

artless version
artless version
「QM weather.」ロゴのピリオドを思わせる、ドットを印象的にあしらったアイコン。さりげなく、そっと生活に寄り添えるような佇まいになればと、ラインで構成したアイコンに、artlessオリジナルのタイプフェイスでテキストを添えた。

 
Touch the heartstrings | Facebookページも宣伝


 
backnumber
 
<< Back Next >>
backnumber
 
pagetop