top

2018 May. 11

新作家具あれこれ

日本国内で企画開発から製造までの工程を一貫して手掛けている家具ブランド「Ritzwell/リッツウェル」は、1992年の創業以来、独自の思想をベースに、上質な素材、磨き抜かれた職人の技、真摯な探究心に支えられた上質な家具作りを追求し続けている。

Ritzwell

構想から3年、日本伝統の「蛇腹戸(じゃばらど)」を引き戸に採用した新作サイドボード「JABARA」は、「Ritzwell」の新たな「顔」となるアイテムとして6月15日に発売される。

JABARA

販売開始に先駆け、すでに4月には世界最大級のデザイン賞「レッド・ドットデザイン賞」を受賞し、今後、「レッド・ドットミュージアム」でも「JABARA」は展示されることになっており、さらに、先日まで開催されていた「ミラノサローネ」にも出展された。

レッド・ドットデザイン賞

デザインを手掛けたのは「Ritzwell」のクリエイティブディレクター兼デザイナーの宮本晋作。日本の文化、夏の町家に見られる葦戸(よしど)や、京都・嵯峨野の竹林に見られるような日本の直線美がミニマルなデザインに生かされた。

無垢材を一本一本細く切り分け、表面に丸みを持たせて生まれる凹凸は、職人の技と感性でより美しく仕上げられ、組み合わされたレザーの質感も相まってプロダクト全体に幻想的な陰影と温もりある奥深い表情を生み出している。

JABARA
JABARA

タイムレスでミニマルな形でありながら、温もりを感じさせ、凛とした佇まいを見せる「JABARA」。指先で触れる木の感触や、蛇腹戸がスライドする程よい重さ、木と木が擦れ合う音さえも、どこか懐かしい心地良さとして人々の五感に訴えかける。

JABARA

一方、天童木工からは2018年新作家具が登場。高い成形技術が使用された、美しい佇まいが魅力的なプロダクトが揃う。

天童木工

天童木工の独自技術である、軟質針葉樹を圧密化し成形合板に応用する技術、それが「Roll Press Wood(RPW)」。これを活用した国産スギ圧密材を用いた成形合板家具が登場する。

チェア・テーブル「bambi」は、その名が示す通り、まるで小鹿を思わせる軽快な佇まいを持つ家具シリーズ。強度が保たれた成形合板を用いることで、必要最低限の部材で構成されている。

bambi チェア/5万8000円(税別)
bambi チェア/5万8000円(税別)

bambi テーブル/20万5000円(税別)
bambi テーブル/20万5000円(税別) φ900×H700mm

bambi テーブル/23万2000円(税別)
bambi テーブル/23万2000円(税別) W1500×D850×H700mm

「コマ入れ」を用いた成形合板によるフレームが特徴となり、チェア、テーブルともにシンプルでありながら個性際立つスタイルとなっている。カフェスペースといった、人が集まる場所でも使いやすい、空間に馴染むルックスが魅力的。テーブルは長方形と円形の2種類の形状をラインナップ。

そして、成形合板によるアートのような佇まいが印象的なコートハンガー「Ten」

コートハンガー「Ten」/15万5000円(税別)
コートハンガー「Ten」/15万5000円(税別)

「コートをかける・トレーを配置する・自立する」という目的のために、フレームが有機的に変形したような形状をしている。4本のフレームと2つのトレーによる簡潔な構成で、空間に彩りを添える。

また、今崎務デザインによるチェア・テーブルのシリーズのエレガントなラインのチェアは、成形合板の高度な技術が投入されており、部分的に厚みを変える「不等厚成形」「コマ入れ成形」の2つの技術がフレームに用いられ、優雅さと強さを両立させている。アームチェアのアーム部分には「エンドレス成形」技術を採用。なめらかな曲線が全体のデザインのアクセントになっている。

今崎務デザイン
今崎務デザイン チェア・テーブル
チェア/8万7000円〜(税別)
アームチェア/9万6000円〜(税別)
テーブル/25万5000円(税別)W1800×D900×H700mm
テーブル/28万2000円(税別)W2100×D900×H700mm

チェアのデザインは、1980年代にとある銀行の特別会議室に納められたチェアがもとになっており、そのデザインを今崎がリ・デザイン。美しい家具が時を経て現代に甦ったタイムマシン的な側面をも持つプロダクト。そして、テーブルは長方形で、異なるサイズを2種類ラインナップ。設置する場所のスペースに合わせて選択できる。

小林幹也がデザインを手掛け、まるで樽を思わせるシンプルな佇まいが印象的なスギ圧密材の豊かな表情を活かした円筒型デザインのスツール「TARU」は、成形合板によって製作され、中は空洞。見た目よりも軽く、側面に開口部(手掛け)を設けることで、持ち運びしやすい設計になっている。

TARU
「TARU」
スツール/9万8000円(税別)
スツール(張地あり)/10万2000円〜(税別)
テーブル/28万5000円(税別)

特徴的な半円柱型の脚を持つテーブルは、並べた際には1つの円柱計のベースのようになる。複数台並べて、公共施設のような広いスペースでの使用も考慮されている。

川上元美デザインのアームチェア&テーブル「STICK」。まるで杖のような繊細なフレームが特徴のアームチェアは、部分的に厚みを変える「不等厚成形」により、軽快な印象と確かな強度を実現。また、シンプルなつくりのテーブルも脚先に向かってテーパーがつけられ、軽快さ溢れるルックスを持つ。

アームチェア
「STICK」アームチェア/【スギ】7万9000円、【ホワイトビーチ】7万5000円(全て税別)
「STICK」アームチェア(張地あり)/|【スギ】8万4000円〜、【ホワイトビーチ】8万円〜(全て税別)

「STICK」テーブル/【スギ】15万円 【ホワイトビーチ】13万5000円(全て税別)
「STICK」テーブル/【スギ】15万円 【ホワイトビーチ】13万5000円(全て税別)

「STICK」テーブル/【スギ】13万5000円 【ホワイトビーチ】12万3000円(全て税別)
「STICK」テーブル/【スギ】13万5000円 【ホワイトビーチ】12万3000円(全て税別)

使用される木材はスギ圧密材とホワイトビーチの2種類をラインナップ。スギ圧密材のほうはRPWを活用しており、軽やかなフォルムとスギの個性的な木目が特徴。

スウェーデン発祥の「IKEA/イケア」がロサンゼルスを拠点とする人気ブランド「STAMPD」を手掛けるデザイナーのクリス・スタンプとコラボし、限定コレクション「SPANST/スペンスト」を発売。

SPANST

「SPANST」は、都市型ライフスタイルとストリートファッションにフォーカス。人それぞれの千差万別な個性を表現するために、身につけるだけでなく、家の中でもお気に入りのアイテムを飾って楽しんでほしいという願いを込めている。

コレクションには、メッシュ製のワードローブや透明なシューズボックス、スケートボードとフットウェアを同時にディスプレイ収納できるラックなどをラインナップ。思い入れのあるアイテムに「特別な置き場所」をもたらす商品が揃う。

SPANST
SPANST
SPANST

その他、USB充電ができ、壁に立てかけられるLEDスティックライト、パーカー、キャッフ゜など、今まで「IKEA」になかった新アイテムが登場する。

SPANST

 
Touch the heartstrings | Facebookページも宣伝


 
backnumber
 
<< Back Next >>
backnumber
 
pagetop