top

2018 Nov. 3

ティファニーあれこれ

今日はサクッと「Tiffany & Co./ティファニー」ネタあれこれ。

「Tiffany & Co.」から、クリスマスに向けた日本限定のホワイトテディベア「リターン トゥ ティファニー ラブ テディベア」が登場。11月10日より、全国のティファニー ブティックおよび公式ウェブサイトにおいて、800個限定で発売される。

リターン トゥ ティファニー ラブ テディベア

「Tiffany & Co.」と世界で初めてテディベアを製作したとされるドイツのぬいぐるみブランド「Steiff/シュタイフ」とのコラボレーションによって誕生した「リターン トゥ ティファニー ラブ テディベア」。この愛らしいテディベアに、日本限定のホワイトカラーが登場。

クリスマスのために特別に用意されたテディベアは、ホワイトのボディにティファニーブルーの手足をあしらい、胸元にはリターン トゥ ティファニー ラブタグを飾っている。幼い子供たちのハートを優しく包み込むこと間違いない。価格は、56,000円+税。

プレゼントにはかなりオシャレなアイテムである。

また、ジュエリー「Tiffany T」コレクションより新作のペンダントが登場。

ニューヨークの都市のパワー、エネルギー、そして、大胆さを表現した「Tiffany T」コレクション。クリーンでストレート、そして、高くそびえ、真実を語るニューヨークのスカイラインのように、ブランドの頭文字である「T」の文字を再解釈し、軽やかにモダンなエレガンスを表現した。

そして、新たに加わる新作はサークル型のペンダント「Tiffany T TWO ペンダント」。エレガントなラウンド型のモチーフには、最大限の輝きを放つラウンドブリリアントカットのダイヤモンドで象徴的な「T」を表現している。

ティファニー T TWO ペンダント
ティファニー T TWO ペンダント
18Kイエローゴールドxダイヤモンド/39万5,000円
18Kローズゴールドxダイヤモンド、18Kホワイトゴールドxダイヤモンド/各55万5,000円

ベースのカラーは、「18Kイエローゴールド」「ホワイトゴールド」「ローズゴール」の3色。単独で身に着けるのはもちろん、他のペンダントとの組み合わせたレイヤードスタイルを楽しむこともできる。

さらに、オリジナルのブレスレットのデザインを再解釈したのは「ティファニー T スクエア ペンダント」。エレガントなバゲットカットのダイヤモンドを煌めかせた、シャープで繊細な仕上がりが魅力のアイテム。

ティファニー T スクエア ペンダント/各21万円
ティファニー T スクエア ペンダント/各21万円

「Tiffany & Co.」の新しいフレグランス「ティファニー オードパルファム インテンス」は、3つのサイズで全国発売中。「Tiffany & Co.」のシグネチャーフレグランス「ティファニー オードパルファム」を、さらに芳醇で深みのある香りに仕上げた「ティファニー オードパルファム インテンス」は、オリジナルの香りの特徴であるアイリスを贅沢に使用するとともに、アンバーと温かみのあるバニラのような香りをもたらすベンゾインをブレンド。

ティファニー オードパルファム インテンス

楽観性や力強さ、そして、喜びなど、ブランドのピュアなエッセンスとメッセージ「All you need is love.(愛こそがすべて)」が閉じ込められている。

また、オリジナルの香りと同様に、世界的に有名なマスター調香師ダニエラ・アンドリエが調香。よりパワフルに仕上げたフローラルムスクの香りを、温かみのある官能的なアコードで包み込むことによって、フレグランスとしてさらに一歩前進させた。

オリジナルの香りの特徴であるアイリスフラワーの香りを高めて、さらに深みのある印象に仕上げている。ラストノートは、アンバーとベンゾインにより一層華やかに仕上がっている。

ティファニー オードパルファム インテンス 30mL/9,400円、50mL/1万3,200円、75mL/1万6,500円
ティファニー オードパルファム インテンス 30mL/9,400円、50mL/1万3,200円、75mL/1万6,500円

ファセットカットを施した美しいガラスボトルは、「Tiffany & Co.」オリジナルのダイヤモンドカットからインスピレーションを得ており、深みのあるブルーの光を放つボトルのネックには輝くシルバーのアクセントとともに、「Tiffany & Co.」のロゴを刻印。ギフトとしても最適なアイテムとなっている。

 
Tiff IntenseEDP SPLIT
 
Touch the heartstrings | Facebookページも宣伝


 
backnumber
 
<< Back Next >>
backnumber
 
pagetop