top

2018 Nov. 4

美味しいコーヒーを堪能

寒い季節になると、自宅でホットコーヒーを飲む頻度が増える場合が多い。しかし、本格的な美味しいコーヒーを家で作るのは、豆を挽いてドリップして…と、何かと手間が掛かってしまう。

coffee time

つまり、豆挽きからドリップまでを全自動で行ってくれ、コーヒーショップで味わえるような本格的な挽きたてコーヒーを愉しめるドリップ式のコーヒーメーカーがあれば嬉しい。

coffee time

「株式会社ラドンナ」のレトロクラシックなデザインをプロダクトのコンセプトに掲げ、また、機能性を兼備したキッチンツールブランド「Toffy/トフィー」シリーズの新ラインアップとして登場した「全自動ミル付4カップコーヒーメーカー」は、豆挽きからドリップまでを全自動で行い、ショップで味わうような本格的な挽きたてコーヒーが自宅で楽しめ、さらに、自動洗浄機能付でお手入れも簡単なドリップ式の優れものコーヒーメーカー。

Toffy 全自動ミル付4カップコーヒーメーカー/1万6880円(税別)
Toffy 全自動ミル付4カップコーヒーメーカー/1万6880円(税別)

セラミック臼式グラインダーを採用しているため、挽いた粉にムラがなく、金属臭のない香りの高い美味しいコーヒーを抽出。挽きの粗さは4段階から選ぶことができ、豆によって粗さを変え、好みの風味を見つけることができる。

Toffy 全自動ミル付4カップコーヒーメーカー/1万6880円(税別)
Toffy 全自動ミル付4カップコーヒーメーカー/1万6880円(税別)

より手軽に淹れたてのコーヒーを愉しみたい場合には、粉からの抽出も可能。また、コーヒーの量は1杯〜4杯まで選択可能で、1人でも家族でも活用できるのが有難い。ちなみに、2杯分なら約5分、4杯分なら約10分で抽出でき(ともにミルの時間含む)、その後はすぐに飲めなくても、30分の保温機能が付いているので安心。

Toffy 全自動ミル付4カップコーヒーメーカー/1万6880円(税別)

ブラックとシルバーを基調としたスタイリッシュでシンプルなデザインで、様々なインテリアにマッチすること間違いない。

価格は1万6,880円(税別)と比較的リーズナブル。

一方、カプセルコーヒー、専用コーヒーメーカー、トータルサポートによる「至福のコーヒー体験」を提供する「NESPRESSO/ネスプレッソ」から、5カ国の大地の恵みと熟練の職人技から生み出された新機軸のコーヒーシリーズ「マスターオリジン」が新たな定番ラインナップに加えられた。

NESPRESSO

単一原産国から選んだコーヒー豆のみを使用する「シングルオリジン」を実現した「NESPRESSO」の新しい定番ラインナップ「マスターオリジン」シリーズは、各国でコーヒーの生産に関わる職人(マスター)の高い技術と特別なこだわりが込められた計5種類のシリーズ。

シングルオリジン

「マスターオリジン」シリーズは、コーヒーの味わいを創るうえで、土壌や気候、標高というコーヒー豆生産国の自然環境を意味する「テロワール」だけでなく、生産者の手仕事をはじめとするコーヒーの製造プロセス(収穫・精製方法)にもフォーカスし、よりクラフツマンシップを体現するコーヒーづくりとなっている。

マスターオリジン
マスターオリジン

また、こうしたコーヒー豆の調達は、「NESPRESSO」独自のプログラムである「AAAサステイナブル・クオリティ(持続可能品質)プログラム」を通じて、生産者や農学者と培った長年の信頼関係によって実現した。

「マスターオリジン インド」は、コーヒー豆をモンスーン(季節風)とインドの熱気に慎重にさらす「モンスーン処理」を採用。

マスターオリジン インド/850円(税別) 1本10カプセル入り
マスターオリジン インド/850円(税別) 1本10カプセル入り

力強いボディに木やスパイスのような複雑な香りを持つコーヒーを生み出した。

多湿な気候のインドネシア・スマトラ島北部で精製された「マスターオリジン インドネシア」

マスターオリジン インドネシア/850円(税別) 1本10カプセル入り
マスターオリジン インドネシア/850円(税別) 1本10カプセル入り

コーヒー豆を一晩発酵させた後に人の手で水洗いすることで豆の水分量を調節する「ウェットハル(スマトラ式)と呼ばれる方法を取り入れ、青々とした熱帯雨林のようなアロマとスモーキーな香り、ベルベットのような濃厚な口当たりに仕上げられた。

「マスターオリジン コロンビア」は、コーヒーチェリーの収穫時期を、通常の摘み頃よりも約15日以上も遅らせて行なうことで、果肉の糖分がコーヒー豆の深くまで浸透。的確な収穫タイミングを見極めることができるごくわずかな生産者たちによって生み出された、ワインのような風味とフルーティーな香りが楽しめるコーヒーだ。

マスターオリジン コロンビア/850円(税別) 1本10カプセル入り
マスターオリジン コロンビア/850円(税別) 1本10カプセル入り

コーヒー豆の皮に付くミューシレージと呼ばれる粘液質を残したまま乾燥させる、特殊なブラックハニープロセスという精製方法で作られた「マスターオリジン ニカラグア」は、サテンのように滑らかな口当たりと甘い香りが調和した1杯を味わえる。

マスターオリジン ニカラグア/850円(税別) 1本10カプセル入り
マスターオリジン ニカラグア/850円(税別) 1本10カプセル入り

鮮やかな花のような香りが特徴の「マスターオリジン エチオピア」は、伝統的な高床式の「アフリカンベッド」と呼ばれる乾燥テーブルで太陽の光を贅沢に浴び、鮮やかな風味と豊かなアロマを持つコーヒーに仕上げられた。

マスターオリジン エチオピア/850円(税別) 1本10カプセル入り
マスターオリジン エチオピア/850円(税別) 1本10カプセル入り

これら「マスターオリジン」シリーズの計5種類が新たにラインナップに加わり、「NESPRESSO」が提供するカプセルコーヒーは全25種類。

新シリーズを通じて、5カ国の職人たちの情熱とこだわり、高いコーヒー精製技術が込められた至福の1杯を堪能してほしい。

ちなみに、「シングルオリジン・コーヒー」とは単一原産国から選んだコーヒー豆のみを使用したコーヒーを指すが、そのなかでも単一の国の1つの島で栽培されたコーヒーは「アイランド・コーヒー」、そして、単一農園のみで生産されたコーヒーは「エステート・コーヒー」と呼ばれている。

世界の個性豊かな土地で生産された4種類の稀少な「シングルオリジン・コーヒー エクスプロレーションズ 2018」特別ボックスが数量限定で販売される。

シングルオリジン・コーヒー エクスプロレーションズ 2018

「エクスプロレーションズ 2018」限定ボックスでは、このシングルオリジン・コーヒーの中でも特に珍しい2種類のアイランド・コーヒー「ガラパゴス・サンタ・クルス」「レプブリカ・ドミニカーナ・バジェ・デル・シバオ」と、2種類のエステート・コーヒー「ニカラグア・ラ・マリアス」「インディア・ミレモニー」の、計4種類の特別なコーヒーをセレクト。

「ガラパゴス・サンタ・クルス」はガラパゴス諸島にあるサンタ・クルス島の気候と、独自の生態系や農作への取り組みがもたらす、甘い穀物を想わせるバランスの良いフルボディな味わいが特徴のコーヒー。

ガラパゴス・サンタ・クルス
ガラパゴス・サンタ・クルス

もう1つの「レプブリカ・ドミニカーナ・バジェ・デル・シバオ」は、爽やかな青い果実やナッツを思わせる香りで、ふくよかな味わいが楽しめる。

レプブリカ・ドミニカーナ・バジェ・デル・シバオ
レプブリカ・ドミニカーナ・バジェ・デル・シバオ

また、湖と火山が織りなすニカラグアの美しく豊かな大地で育まれた「ニカラグア・ラ・マリアス」は、果実のような香りとバランスのとれたまろやかな味わいが特徴。

ニカラグア・ラ・マリアス
ニカラグア・ラ・マリアス

さらに、「インディア・ミレモニー」は、300年以上前にインドで初めてコーヒーが栽培された場所という言い伝えを持つ「ミレモニー・エステート」で育まれた、穀物のような香りとトーストしたパンの耳を想わせる香りのコーヒー。

インディア・ミレモニー
インディア・ミレモニー

異なる生産地特有の環境と生産者の技術によって育まれた、個性豊かな4つの味わいが楽しめる「エクスプロレーションズ 2018」限定ボックスは、全国のネスプレッソブティック、ネスプレッソ ミニ 松屋銀座店にて入手可能。価格は9,000円+税。

エクスプロレーションズ 2018

美味しいコーヒーはステキな空間で楽しみたい。そんな空間演出にピッタリのアイテムが、「LOUIS VUITTON/ルイ・ヴィトン」から登場。

それは、11月5日から販売される4種類のパフュームド キャンドル。インスピレーション源は、創業以来、「LOUIS VUITTON」の真髄であり続けてきた「旅」。いずれのキャンドルも時間の流れを止め、一瞬を切り取ったスナップショットさながら、炎が灯されるごとに感動が甦る香り。

パフュームド キャンドル

メゾンのインハウス・マスター・パフューマーであるジャック・キャヴァリエ=ペルトリュージュは、気分を高揚させる豊かな自然と、住まいに求められる居心地の良さの二面性を4種の香りで表現。

パフュームド キャンドル

ブランド初のパフュームド キャンドルのための容器としてデザインされたのは、ハンドメイドセラミックのユニークな形状の器。持ち運びやすさを考慮したデザインで、メゾンの象徴的な素材であるヌメ革を手縫いで仕立てたハンドルを装備。いつまでも残る旅の思い出として飾られる、異国のスーベニアのようなデザインとなっている。

パフュームド キャンドル

価格は、各2万5000円+税。

レール・ドゥ・ジャルダン/L'Air du Jardin
庭から室内へと漂うローズの初蕾の馨しさ。「5月のバラ」とも呼ばれるローズ センティフォリアを讃えるフレグランスを創造。

L'Air du Jardin/2万5,000円+税
L'Air du Jardin/2万5,000円+税

ローズは、ワックスの中で濃縮されると持ち味を失うと思われる原料の1つだが、このキャンドルにおいては自然のままに、透明感をもって優美に香り立つ。香りの軽やかさを再現することに成功した裏には、並々ならぬテクニックが隠されており、生命の再生と永遠の洗練を物語るフレグランス。

イル・ブランシュ/Ile Blanche
白いコットンのベール越しに差し込む、島の暖かい陽光。
鮮烈な清らかさを見せる海水と灼熱の太陽とのコントラスト表現するために、マテ茶の香りをオレンジ、ジャスミン・サンバック、ネロリエッセンス、カルダモンと組み合わせている。

Ile Blanche/2万5,000円+税
Ile Blanche/2万5,000円+税

花が官能に働きかけるために駆使する卓越した技巧が、シトロネラとバーベナのノートの中に深く溶け込み、煩わしい日常から数千マイルも離れた島に引き籠ったかのような、広々とした空間、果てしない広がりの印象をもたらす。

フーユ・ドール/Feuilles d'or
森の散策中に服を通して染み込んだ枯れた小灌木の匂い。ピュアな力が凝縮した香りで、鬱蒼と茂る樹林の香りからインスピレーションを得て、インドネシア産のパチョリにオマージュを捧げたフレグランス。

Feuilles d'or/2万5,000円+税
Feuilles d'or/2万5,000円+税

バージニアシダーウッドのエッセンスがその強さを和らげつつも、パチョリの芳香そのものを表現。乳香、ゼラニウム、そして、ペルー産バルサムのニュアンスに富んだ様々な個性が、空想の森へと続く幾つもの道を行き交い、安心感と究極の心地よさで包む。

ドゥオール・イル・ネージュ/Dehors Il Neige
パチパチと音を立てて燃える暖炉を背に、窓越しに眺める魅惑的な雪、そして、標高の高い土地がもたらすソフトなセンセーションを探る香り。

Dehors Il Neige/2万5,000円+税
Dehors Il Neige/2万5,000円+税

スターアニスとシナモンのブレンドが、ジンジャーブレッドと冬の祝祭気分を連想させ、乳香はカシミアブランケットの柔らかさを表現する。ミドルノートには、突き刺す様な白さや明度の高さを思わせるメタリックノートのアデルヒドをブレンドし、思わず身震いするようなミドルノートを中和するように、ラストノートではラズベリーが香る。

余談ながら、ヴィトン関係者からの情報によると、フレグランス類が近々チョイと値上げするようなので、購入希望者はお早めに!

 
Touch the heartstrings | Facebookページも宣伝


 
backnumber
 
<< Back Next >>
backnumber
 
pagetop