top

2018 Oct. 3

新作スニーカー 秋バージョン

1997年にリリースされた「Reebok/リーボック」「DMX RUN 10」に、「ミタスニーカーズ」がアップデートを施した「DMX FUSION」に新作が登場。「DMX RUN 10」そのものへのリスペクトが感じられる仕上がりになっている。

DMX FUSION MS mita sneakers
DMX FUSION MS mita sneakers

「DMX FUSION」をフィーチャーした「DMX FUSION MS mita sneakers」は、カラーリングに「DMX RUN 10」のファーストカラーをベースに採用しながら、ホワイトとブラックを反転させるカラーコントラストでブラッシュアップ。

サイドパネルやミッドソールには「DMX FUSION」の初期企画段階でのスケッチ画やムードボードに描かれていたキーワードをアイコン化してプリントを施している。

DMX FUSION MS mita sneakers
DMX FUSION MS mita sneakers
DMX FUSION MS mita sneakers

また、取り外し可能のホールドバンドを付属させることで、スリッポンとして着用することも可能となっている。価格は、1万5000円(税別)。

DMX FUSION MS mita sneakers
DMX FUSION MS mita sneakers

また、「Reebok」より、環境へ配慮した素材を使用したシューズ「Cotton + Corn(コットン+コーン)」がアメリカで登場。

Cotton + Corn
The NPC UK Cotton + Corn/95$+TAX

環境に配慮し、持続生産が可能な「栽培」で生み出だすことができる素材を用いてシューズを作り出すことをゴールとして、2017年から開始されていたこのシューズの開発プロジェクト。

シューズのアッパーはコットン100%製、ソールはトウモロコシをベースとした自然素材を採用しており、その他に、インソールは唐胡麻の実の油からできており、100%リサイクルのパッケージを使用しているのも特徴。

Cotton + Corn
Cotton + Corn
The NPC UK Cotton + Corn/95$+TAX

このようなシューズを開発した背景については、スニーカーの多くは、フォーム材によるクッショニング性と合成ゴムを作り出すため石油を使用しており、毎年、200億足ものシューズが生産されている。その生産方法は、環境的に持続生産可能なものではない。「Reebok」では、栽培ができる素材を活用することから始め、石油系の素材ではなく植物を使用することにした。サスティナブルな資源を使用し、テストと開発を重ね、履き心地や性能は他のシューズと引けを取らない植物由来のシューズを完成させた。

The NPC UK Cotton + Corn/95$+TAX

今後もさらに開発を進めていくという「Reebok」。100%すべてがリサイクル可能なイノベーティブなスニーカーに仕上がっている。注目度によっては日本での展開も考えられること間違いない。

「NIKE/ナイキ」を代表するスニーカー「AIR MAX/エア マックス」シリーズから、新作「NIKE AIR MAX 720」が発表された。

NIKE AIR MAX 720

「NIKE AIR MAX 720」は、前身となる「NIKE AIR MAX 270」の厚み32mmをさらに超える38mmを採用。 エア史上最も高く、体積を最大にすることにより、まるで揺り籠のように360度の方向から足を包み込みサポートする。

NIKE AIR MAX 720

デザイン面では自然からインスピレーションを得ているのも特徴。溶岩やオーロラ、天の川、朝日や夕日など、様々な自然現象や動きのエネルギーから生まれる有機的な光が「NIKE AIR MAX 720」のカラーに活かされている。

NIKE AIR MAX 720

また、エア ユニットには製造過程で出た廃棄物の75%を再利用。接続可能な未来を実現したいというブランドのモットーを体現。なお、価格やリリース日など、詳細は未定。

先月、「NIKE」と「ACRONYM/アクロニウム」によるコラボスニーカー第2弾「NIKE AIR PRESTO MID X ACRONYM」が登場。

NIKE AIR PRESTO MID X ACRONYM
NIKE AIR PRESTO MID X ACRONYM
NIKE AIR PRESTO MID X ACRONYM

「ACRONYM」とは、「バートン」や「NIKE ACG」など、テクニカルなスポーツブランドの企画に実績があるクリエイティブ・デザイナーのエロルソン・ヒューが手掛けるブランド。

2016年に初めて発売された「NIKE AIR PRESTO MID X ACRONYM」。このシューズは着脱のしやすい履き口のジッパーや、進化したメッシュアッパーなど、アクロニウムのデザイナーであるエロルソン・ヒューの実用主義の精神を色濃く反映させている。新作では、大胆でテックなカラーとグラフィックを採用。「ACRONYM」の「A」をもとにしたカモフラージュパターンを施した一足が完成した。

NIKE AIR PRESTO MID X ACRONYM/2万4000円(税別)
NIKE AIR PRESTO MID X ACRONYM/2万4000円(税別)
NIKE AIR PRESTO MID X ACRONYM/2万4000円(税別)
NIKE AIR PRESTO MID X ACRONYM/2万4000円(税別)
NIKE AIR PRESTO MID X ACRONYM/2万4000円(税別)
NIKE AIR PRESTO MID X ACRONYM/2万4000円(税別)
NIKE AIR PRESTO MID X ACRONYM/2万4000円(税別)

NIKE AIR PRESTO MID X ACRONYM/2万4000円(税別)

一方、「adidas originals/アディダス オリジナルス」が、「エミ」「ユナイテッドアローズ」「トゥモローランド」と共同開発したスニーカー「SAMBA」が登場。それぞれの個性が光る印象的なアイテムに仕上がっている。

SAMBA

「エミ」とコラボしたモデルを9月28日に先行販売したのを皮切りに、「ユナイテッドアローズ」は10月4日、「トゥモローランド」は10月19日より、それぞれのモデルの先行販売を開始する。フットボールのルーツを持つ「SAMBA」のタイムレスなデザイン。そんなアイコニックな一足に各々の洗練されたスタイルを取り入れたスぺシャルなフットウェアに仕上がった。

SAMBAROSE W emmi 1万2000円(税別)
SAMBAROSE W emmi 1万2000円(税別)
「エミ」が別注オーダーーした「SAMBAROSE W」。クリアベージュのガムソールとホワイトレザーーで女性らしい柔らかな印象に仕上がっている。

SAMBA TL 1万8000円(税別)
SAMBA TL 1万8000円(税別)
「ユナイテッドアローズ」との共同開発モデルは、アッパーにホワイトのプレミアムレザーを使用。アウトソールもガムソールのクリアホワイトを使用することで上品さを一層引き立てた。

SAMBA UA 1万5000円(税別)
SAMBA UA 1万5000円(税別)
オールネイビー1色でまとめて、洗練されたオトナなイメージを表現。ネイビーに統一することにより、幅広いコーディネートを楽しめる一足が完成。

最後は「PUMA/プーマ」。10月8日に開催されるスニーカーの祭典「atmos con Vol.5」においてウィメンズスニーカー「CALI/カリ」が先行発売される。

CALI/11,000円+税
CALI/11,000円+税

「CALI」は、1982年に発売されたトレーニングシューズ「California/カリフォルニア」をベースにアップデートした最新モデル。丸みのあるシルエットに加え、高さのあるプラットホームを採用。女性らしいスニーカーに仕上がっている。

さらに、シューズを購入すると、先着でダンス&ボーカルグループ「Flower」のメンバーがデザインしたアンクレットがプレゼントされる。

アンクレットがプレゼント
アンクレットがプレゼント

また、同日には、「atmos con Vol.5」限定モデルのメンズスニーカー「RED HORSE MAN/レッド ホースマン」も発売される。「PUMA」のスニーカー「TSUGI JUN/ツギジュン」をベースに、カラーをオールレッドにアレンジ。

RED HORSE MAN/14,500円+税
RED HORSE MAN/14,500円+税

また、ヒールには、アトモスが位置する緯度経度が施されている。購入者には、先着50名限定で、ヒールに施された緯度経度入りの馬蹄型のチャームをプレゼント。チャームには、好きな名前のイニシャルを刻印してくれる。

RED HORSE MAN/14,500円+税

ちなみに、「atmos con Vol.5」は、「adidas/アディダス」や「NIKE/ナイキ」をはじめとするブランドが、限定アイテムの販売やインスタレーション、展示ブースなどを展開するスニーカーイベント。

 
Touch the heartstrings | Facebookページも宣伝


 
backnumber
 
<< Back Next >>
backnumber
 
pagetop