top

2018 Sep. 8

ホテルライフを楽しむ

モルディブにあるコンラッド・モルディブ・ランガリ・アイランドに世界初の海中レジデンス「ザ・ムラカ」が11月に登場する。これまでにない、海の中で目覚めることができるレジデンス。

コンラッド・モルディブ・ランガリ・アイランド
コンラッド・モルディブ・ランガリ・アイランド

1997年に開業したコンラッド・モルディブ ランガリ・アイランド。2005年には世界初の水中レストラン「イター アンダーシー」をオープンするなど、先駆的、革新的な挑戦を続けてきた。

イター アンダーシー

その結晶となるのが、新たにオープンする世界初の海中レジデンス「ザ・ムラカ」。モルディブの言葉ディベヒ語で「珊瑚」を意味しており、海中の鮮やかな色彩と多様な海洋生物に囲まれ、美しい海の中の世界を堪能することができる。

ザ・ムラカ

最大9名までが宿泊できる「ザ・ムラカ」は、海上に位置する上層階と海中に位置する下層階の2階建ての設計。

下層階の室内にはキングサイズのベッドルームやリビングエリア、バスルームに加え、上階のリビングルームとを行き来する螺旋階段が設置されている。

ザ・ムラカ
ザ・ムラカ

海面下5メートルに位置する下層階では、水族館などで使う最先端の技術を駆使。寝室では、弾性アクリル素材でできたドームの中からインド洋の海洋生物、サンゴ礁など海の世界のすべてを180度のパノラマビューで楽しめる。

上層階にはツインサイズのベッドルーム、バスルーム、パウダールームのほか、リビング、キッチン、バー、ダイニングルーム、さらにはフィットネスジム、バトラー用個室、警備室までもが備わる充実ぶり。

ザ・ムラカ

デッキはサンセットを眺められるよう配置、デザインされており、反対側に位置するリラクゼーションデッキやインフィニティプールでは、朝日を浴びることも可能。この他にも、キングサイズのベッドルームや水平線を眺めながらバスタブに浸かれるバスルームも用意されている。

ザ・ムラカ
ザ・ムラカ

インテリアデザインは東京出身で、ニューヨーク在住のユージ・ヤマザキが手掛けているという「ザ・ムラカ」。これまでにない水中という新しい視点からモルディブの美しい景色を堪能できるラグジュアラスなレジデンスだ。

一方、2018年7月に香港の北角(ノースポイント)地区の海岸沿いに新たなランドマーク、「ホテル ヴィック・オン・ザ・ハーバー」が開業。

ホテル ヴィック・オン・ザ・ハーバー

ノースポイントは、いまだ知られていないファッション、美食、カルチャーが集まった、まさに香港らしさを体験できるエリア。地元の人々が暮らすように旅したり、最先端のアイテムに身を包む気分を楽しむことができる。

2つのタワーからなるホテルは、671室の客室とスイートルームを備え、すべての客室からヴィクトリア湾とノースポイントの街の素晴らしパノラマビューを臨むことができる。 また、滞在中は24時間利用可能なスポーツジム、屋上にある屋外スイミングプール、サウナ、スチームルームが楽しめる。

ホテル ヴィック・オン・ザ・ハーバー
ホテル ヴィック・オン・ザ・ハーバー
ホテル ヴィック・オン・ザ・ハーバー
ホテル ヴィック・オン・ザ・ハーバー
ホテル ヴィック・オン・ザ・ハーバー

多様なハイテクサービスも特徴で、ホテルのオリジナルアプリが入ったスマホによって、ルームサービス、チャット、予約機能を操作可能。ホテルの無料高速Wi-Fiとオンラインチェックイン・チェックアウト機能により、昼も夜もスムーズで快適に過ごすことができる。また、このホテルでは香港で初めて「キーカード・キオスク」を提供。ゲストは到着前のオンラインチェックインの後に送られてくるQRコードをかざすだけで、ルームキーに簡単にアクセスすることが可能となった。

ホテルにはスタイリッシュな雰囲気の中で豪華な食事を提供する3つのレストランが用意される。ホテル2階「ザ・ファームハウス」には、ヴィクトリア湾を一望できる屋内席とテラス席があり、ステキなビュッフェと世界各国の料理を提供。そして、レストランに隣接する「ザ・ファームハウス・デリ」では、焼きたてのパンやケーキ、ホテル特製のコーヒーや幅広いセレクションのお茶も楽しむことができる。

ホテル ヴィック・オン・ザ・ハーバー

洗練された食事を楽しみたいなら、ロマンチックなテラス席でヴィクトリア湾のパノラマビューを望むホテル最上階の23階「クルーズ」がおススメ。

ホテル ヴィック・オン・ザ・ハーバー
ホテル ヴィック・オン・ザ・ハーバー

ノースポイント唯一のルーフトップバーでは、煌く街を見ながらリラックスした夜を過ごせること間違いない。

ホテルの開業に際し、「ヴィック・ラブズ・プログラム」を開始。このプログラムでは、活気溢れたノースポイント地区で、一般にはまだあまり知られていないものの、絶対にやっておくべきアクティビティーや訪れるべきスポットを専門家が選定、紹介する。

ホテル ヴィック・オン・ザ・ハーバー

現地の人のように旅したいというニーズに答えるべく、ユニークな食事、ショッピング、エンターテインメント、アートが体験できる場所に「VIC Loves」のマークをいたるところで見つけることができる。「ヴィック・ラブズ・プログラム」のスポットは、卓越した技術が用いられていること、真の香港らしさがあること、そして、ユニークさを持ち合わせていることといった基準で、ライフスタイル、フード、文化を専門とするヴィック内の専門家たちにより選出されている。知る人ぞ知る穴場や地元の人々のお気入りスポットの一例は、以下の通り。

●Mak Kee
毎日手作りされる新鮮で伝統的な点心の店
●Duck Shing Ho
後を引くおいしさの卵巻きの店
●Kings Co Slippers
古典的な中国のモチーフの装飾が美しい刺繍のスリッパを販売している店
●VR Arena CWB
香港のVR体験ができるパーティールーム
●Sam Kee
豊富なジャンルの本を販売する本屋
●2000 Fun Flagship Shop
オンラインゲームを思う存分楽しめるゲームセンター
●Harbour North Shopping Mall
香港の買い物天国
●Tung Po Kitchen
シンプルでおいしい食べ物と、ビールが桶でサーブされる店
●Princess Optical
ユニークなフレームのメガネが見つかるメガネ店
●Midwest Vintage
香港のレトロスタイルが好きな人のためのショップ
●Kiu Kwun Barbershop
香港で最も古くて大きい、ノスタルジックな雰囲気が楽しめる上海スタイルのサロン

チョイと気になるホテルだ。

 
Touch the heartstrings | Facebookページも宣伝


 
backnumber
 
<< Back Next >>
backnumber
 
pagetop